Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

四十日四十夜

こんばんは。


久しぶりの更新。


最近、ようやっと、、

回復してきたかなー・・・?


でも、この間外来の看護師さんには、

「佐々木先生!表情が明らかに元気ないよ!!」

先輩ドクターにも、

「明らか疲れてるねー!」

とストレートに言われたので(笑)、

まだ全回復はしていないですね。



今日は、おやすみで、

朝10時ぐらいまで爆睡。


起きて、お昼をどうしようかな?と思っていたら、

同じMB教団石橋キリスト教会で、

僕の家族より、少し年上のご家族がランチに誘ってくれました。


妻と子供は里帰りで北海道なので、

五人家族のH家と僕の6人。


ふらふらの僕を見つけて、

H家の女の子と男の子が走り寄ってきてくれました。


ふたりとも足にくっつくからなかなか歩けないけど、

なんか癒された。笑


こどもってやっぱり良い。笑





最近はまってるアニメがあるんです。

NHKで23時ごろに放映している、

「三月のライオン」


僕はあまりアニメに詳しくはないんですが、

たまたまテレビを付けた時に見始めて、

今でははまって毎週録画しています。


アニメだけど・・・
(アニメだけどっていう言い方自体がダメなのかも)

とっても奥が深くて、

描写が面白い。



その主人公は、

へなへなの草食系男子のプロ棋士なんですが、

彼もよく休みはふらふらしていて、

近所の家に、ご飯を食べに行って、癒されて。

なんか・・・ちょっと僕と重なります。笑
(ここまで書いて思いましたが、はい、どうでもいいですね。笑)




でも、疲れてるだけじゃないんですよ。


僕、今、

これまでのしんどかった数週間や、

今のこの状況を、

感謝できてるんです。




正直、うすうす気づいていました。

妻が12月に里帰りで帰る日、

教会のちょっと年上の人が、

「いってらっしゃい!みっちは任せて!この間に鍛えるから!」

と言われ、



ギ・・・・ギクッ・・・・・・Σ(゚Д゚;)



ってなりました。


というのも、僕自身も、妻が里帰りしてからの数カ月は、

神様が僕に直接的に介入してくださるためのものんだなって・・・・

うすうす気づいていたもので。。。



そして、実際に、


いや、思ってた以上に、なかなかしんどい日々でした。



身体も。


心も。


霊も。



「イエス様の荒野での四十日四十夜の断食後の悪魔の試み」


「エリヤの荒野での四十日四十夜のテクテクトボトボの旅」



本当にあの二つみたいに、

僕にとって、ここ最近の四十日四十夜はしんどかったー・・・




でも、

この日々を通して、

天のお父さんは、


僕との距離を、ぐうぅっっっと!!!!

縮めてくださった(^^)



僕が今までないがしろにしてたことや、

気付いていなかったこと、


ひとつひとつ、

天のお父さんは丁寧に光を当ててくださり、

僕の全生活の中で、

神様を求め、聖霊と共に生きるように訓練してくださった。



ほんっっっとに、この日々があって、良かった。
(いや、まだ終わってないんだけど・・・笑)



話は大分変りますが、

今日、アカデミー賞で何個も賞を取った、

「ララランド」っていう映画を見てきました。



うーん・・・


めちゃくちゃ前評判良かったので期待度がかなり高かったのと、


ひとつ前に見た、

「沈黙」っていう映画が

あまりに重すぎたのもあって、、


うーん、、、

思った以上に軽い感じがしてしまいました。


イメージでは、「ザ・アメリカンドリーム!これぞハリウッド!!」的な感じで、

夢を追いかけて、チャンスをつかめ!!的な感じ・・・
(「的な感じ」、ばっかり。笑)



でも、クリスチャンとしては、その生き方には同意できないし、

あまり魅力を感じないなー。

その人生を貫いて、、果たして幸せなのかな・・・




ちょうど、今朝読んだデボーションの箇所は、反対のことを言っていた。


「努力して狭い門から入りなさい。

なぜなら、あなたがたに言いますが、

入ろうとしても、

入れなくなる人が多いのですから。」


ルカ13:24





僕も、イエス様を知らなかったときは、

自分の夢を描き、

自分の思いや願いのままに生きていた。



でも、イエス様に出会ってから、

「この人についていこう。」って決めた。



イエス様についてくってことは、

本当にこのみことばの通りで、

狭い門をイエス様と一緒に選び取っていく感じ。



人は弱いから、

気づけば広い門へ、自分の思い描く方へ、楽な方へ、進んでいってしまう。



でも、イエス様のように、

自分がしたいことではなくて、

天のお父さんが、用意しておられる狭い門に向けて、

自分自身を打ち叩き、従わせることが、

クリスチャンには求められている。



もちろん、神様が一緒にいてくださることで、

本物の自由がある。


でも、何もかも楽ってわけじゃないよ。


むしろ、苦しいし、険しい道だよ。

クリスチャンっていう道は。



でも、それでも狭い門を選びとっていきたいと思うのは、

そう思わせるくらい、


イエス様という人の愛が大きいから。



十字架を通して与えられた救いと、

復活を通して与えられた聖霊と歩む人生は、

この世界のどんなものにも代えられないほど、素晴らしいから。



以前、クリスチャンの後輩に、

「満ちるさんを見ていると、クリスチャンの人生ってそんなに厳しいものなのかな・・・って思うんです。」

って言われたことばが心に残ってる。



うん・・・

やっぱり・・・


厳しい道だと思うなー。笑

楽とは言えんぞ。笑


だけど、ここに本物の愛が、本物の自由があるんだもん。

スポンサーサイト

映画「エクソダス 神と王」を観て

こんばんは(^^)

お久しぶりです。

なんとか、生きてます。


今夜は、久しぶりに仕事が早く終わり、当直もなく、ずっと観たかった映画を観に行きました(T_T)

リドリー・スコット監督の、「エクソダス 神と王」

旧約聖書の出エジプトの話です。


最近、「ノアの箱舟」もそうですし聖書の話が映画化されるのが多いですね。


一言感想。

「とっても良かった!」



正直疲れてて、あんまり長く&詳しく書くつもりはないのですが・・・


この映画を見て、改めて神様の「壮大さ」を思い出した。


僕が信じる神は、天地を創られた神です。

そして、天地を自在に操ることができる神です。

出エジプト記においても、海が血の色に変わる奇蹟や、カエルやイナゴが大量に発生する奇蹟など、驚くべき自然現象が記されています。かの有名な、海が分かれて地が現れる奇蹟もその一つです。

本当に驚くべきことですが、僕はそれらの奇蹟を信じています。

「いやいやいや」という方もいるかもしれません。

でも、、、本当に信じています。笑



そんな、大きな大きな神様を信じるときに、僕の目の前のことは小さなことに思えます。

それなのに、この小さなことにも丁寧に、愛をもって介入してくださる神様は本当に素晴らしいお方です。



最近、思うことがあります。


「自分の人生をいかに生きていくか。」

ということは、ある意味でそれほど重要なことではないのかもしれません。



神様は、神様を信じる者たちを通して、その大きな素晴らしい計画を進めてくださっています。

僕も、その一つのパーツです。

その大きな計画の中で、自分はいかにして生きていくかが大切な気がしてなりません。




その計画は、まるで大きな大きな船に乗っているみたいです。

その船の船長は、イエス様。

その船にも大雨や横風は押し寄せます。

それでも、イエス様が船長のこの船は絶対に安心。

絶対におぼれることはなく、いつも心は平和。




その中で、僕は神様に小さなことも、大きなことも忠実でありたいと思う。

自分のすべてを、神様に委ねたい。


これからどんな仕事をしていくか。


どこに住むのか。


誰と生きるのか。


誰に会い、何を聞き、何を伝えるのか。


僕の一歩一歩を、神様に委ねて、信頼して進んでいきたいと心から思う。




うん、明日の一歩もイエス様に従い、大切に生きよう。


おやすみなさい。

HERO

こんばんは。

毎日、悩みながら、もがきながら、何とか生きてます。

俺は、ありのままでこのブログを書き続けたいって思うから、素の感じで書く。

正直、絵文字とか、笑顔とかそんなに使えん。


自分の弱さとなんていうかちっちゃさと、向き合いながら俺は生きてる。



今日は月曜日。

今の月9は、キムタクの「HERO」。

このシリーズも長いよなぁ、、今幼馴染が松たか子(今回は北川景子)の事務官?って仕事をしてるから、何だか親近感がわいて見ちゃう。笑


キムタクは「HERO」の久利生検事をはじめ、「プライド」っていうドラマではアイスホッケーのエース、あとドラマの名前忘れたけど総理大臣の役もやってたなー。

その時代、その時代の、「ヒーロー」の役はキムタクが演じてきてる気がする。

今日見た、HEROの多分第二話でも、キムタクはやっぱりヒーローだった。


なんていうか、型にはまらんで、周りに左右されず、自由な感じ。

そして、何かに一生懸命で、粘り強くって、ついに答えにたどり着く!!的な。



俺も、そんな人間になりたかったなーーーー笑

俺の大好きなワンピースのルフィもそうだ。

ルフィも、ほんとに自由だし、強い。

俺がかっこいいと思うのは、強くて誰にも邪魔されないほど自由!ってことよりも、人の目から自由ってとこかな。

「人は人、俺は俺。」

そんなこと本気で言えるようになりたいな。



っと、ネガティブ発言ばかり。笑


でも、これほんとに思う。


俺は嘘はつきたくないから、正直に言うけど、俺の心を仮にスケルトンにしてみんなに見てもらったら、めっちゃ周りと比較してるんだなーってわかると思う。

ほんっと比較する。

あいつより上とか。

あいつには負けてる・・・はぁ、俺はダメだ、とか。


俺の内側から「ねたみ」っちゅー、かっこの悪くて、臭いもんがあるのが分かる。


それだけじゃない。

今の状況、今ある関係性、今与えられてるもので十分なはずなのに。

「もっと、もっと!!」っていう、、難しいことばで言ったら「貪り(むさぼり)」っちゅー、これまたかっこ悪くて、臭いもんがある。
なぜ、感謝できん。
なぜ、満足できん。

もちろん、前を向いて進むことは大切なこと。


でも、本当の意味で前を向くってことは、今を大事にして、今に満足してる人ができることだと思う。



俺も、ヒーローみたいになりてーーーーーー!!!!!!

誰よりも、自由になりてーーーーーーーーーー!!!!


なんだか子供っぽいけど、ほんとにそう思う。笑



これが俺って人間です。

しょーもない、ちっちゃい人間です。



ここまでは俺の話。


聖書はこんな俺に、ほんとに不思議なことを提案する。笑

きっと、ビジネス本とか、自己啓発本とかなら、
「強くなるために、あなたが今すべきこと!」とか。
「あなたが変えるべき習慣」とか。

そんなことが書かれてあると思う。


だけど、聖書はおもしろいよーーー笑

むしろ、俺が上に書いたようなこと。それが人間だって言ってる。

昨日デボーションにも書いてた。
(気になる人は、マルコの7章21節から読んでみて!)


でももっとすごいのはここから。

心を開け。

心を開き、イエスを招け。

そう書いてある。


この「人間」っちゅーダークネスな問題に関しては、お前の力じゃ、、太刀打ちできん。
ある意味でギブアップして、イエスに助けを求めろって書いてある。



俺は最初この意味が分からんかったし、今もなかなかできんけど、これがほんとのことだってことをある時知った。



俺は、こんな「俺」ってゆー人間に、自分の力じゃ太刀打ちできん。
俺は自分の努力じゃヒーローになれん。

そう思って、今、心を全開にしてみる。

そして、イエスに、入ってもらう。
すみずみまで触れて、全部きれいにしてもらう。


なんていうか、、うまく伝えれんけど、俺にとってこれがいわゆる「救い」なんだよね。。



んーーーーーーまぁ、まとまってるようなまとまってないようなだが、今日はおしまーい。

おやすみなさい。笑

フェアゲーム

こんな夜更けに、こんばんは!

珍しく、今日は夜更かし。
実はこんな平日の夜に、DVDを観ていたんです。

というのも、今週の初めに、父からメールが届きました。


満ちるへ
フェアゲーム
ショー・ペン主演
DVD、借りて見なさい。
アメリカが、ブッシュの時に、何をしたか。
そして、イラクの民の死は、彼の上にやがて刈り取りとして、
報酬が与えられるだろう。
それにしても民主主義とは、なんと脆弱か?
権力の背後にあるもの・・・・・・。
今の日本を救うため、心ある若者達が、
どう生きるか。
正義と公義に、生きることの難しいこの国で、
真実、正義に生きるとは、主を信じ、主を恐れて生きること。
聖霊に満たされ、金や名誉に踊らされることなく(誘惑されることなく)
神の国と神の義を、まず第一にすること。
バルメン宣言も、主を告白するという一点において、同じだろう。
主に期待すること!!!
主を恐れ、主を第一とするものは、
主に、すべてを明け渡し、主の導かれるままに歩みなさい!!!
恐れることはない!!!
父より



このメールを受け取り、父の熱い思いを心に留め、昨夜と今夜の二夜にかけて僕はDVDを観ました。

観終わった今、父が僕に観るようにいった理由が、はっきりと分かります。
この映画の内容については触れませんが、僕が中学生として過ごしていた同じ時に、世界は大きな大きな「偽り」で覆われていました。

そのことを思う時、僕は、この世界でこれからいかに生きていくべきか?を問わずにはいられなくなりました。


一方で、天を見上げ、イエス・キリストを思い巡らす中で、僕の心を覆ったのは言葉に言いつくせないほどの「平安」だったのです。

この混沌とした、暗闇に覆われた世界だからこそ、イエス・キリストの光は驚くほどに輝きを放ちます。
イエス・キリストにある者は真実と正義という光をまとい、一歩、また一歩、歩むことが許されるのです。


僕の生きる力は、イエス・キリストです。
僕の向かうべきところは、イエス・キリストです。

その歩みに合わせ、僕はこの人生を進みます。



だからこそ、僕はこの世界に生きる全ての人に伝えたい。
イエス・キリストこそ、救い主だということを。
僕ら全ての人の帰るべき場所、力の源、向かうべきところ。

口先や言葉ではなく、我が生活、我が人生、そして我がいのちを通して、イエス・キリストを証し続けたいと、心から願っています。


満ちる

Artist

こんばんは♪

四週間の小児科実習も終わり、明日から一週間とちょっとのゴールデンウィーク!!
わくわく。。笑

といっても、用事があるのは来週末で、クリスチャンの男友達5人で旅行に行くんです!
みんなでおいしいもの食べながら、語ったり、祈ったり、今から楽しみ♪

あとのGWは・・・勉強ですね。。笑
国家試験に向けて、そして信頼される医師になるために、勉強もコツコツがんばります!


今日は、実習が早めに終わって、ちょっと家で昼寝して、夕方から図書館へ。
大好きな音楽を聞きながら勉強して、23時頃に帰宅。

GWの初日&花の金曜日!ということで、借りてきたDVDを観ちゃいましたw
たまにはこんな週末もいいですねー(^-^)/


今夜観たのは、「ミッドナイト・イン・パリ」という映画。

もーーーめっちゃ素敵だった!!
ウディ・アレン監督の映画なんだけど、ちょっとコミカルかつ、ちょっとファンタジーなラブストーリー。
すっと見れて、めちゃくちゃ幸せな気持ちになりましたw←はい、単純です。


この映画を見て、ふと思い出したことがありました。

それは、「表現すること」の素晴らしさ。

ネタバレはしたくないので、あまり詳しくは書きませんが、作家の主人公が色んなArtist(なんで英語!笑)に出会うんですよね。
作家、画家、モデル、作曲家、歌手。
そして色んな人に刺激を受けて、彼の作品はどんどん豊かになっていく。


実際、そんなすごい仕事の人に限らず、人ってみんな何かを表現することを生まれながら好きなんだと思います。

たとえば、オシャレだってそう。みんながみんな、モノトーンで飾り気のない服を着てたら、つまらない!
ある人はパーマをかけ、ある人は坊主。
ある人はTシャツ一枚で、ある人は素敵なジャケットを着て。

「服」っていうとっても身近なものを通して、みんな自分自身を表現してる。
僕も服は大好き!雑誌を見たり、色んな人の格好をみて、かっけーーー!って思って、マネしてみたりw


もっともっと身近なことをいったら、僕らの生活全てがそうだってことが分かる。
僕らが話す言葉、動作、つきつめていったら、それも全て「表現する」ってことの一つなんだと思う。


その素晴らしさを感じたのは、実は北海道療育園に行ってから。
重心の子たちは、なかなか動けなくて、話せない子も多い。
だけど、療育園のスタッフさんは、そんな彼らが少しでも表現できるようにきめ細やかなサポートをしてました。

ある人は、たった一つのスイッチだけで、とっても素敵な詩を書いていました。
僕には絶対に書けない、清らかで澄みきった詩。心にじーんと来ました。



なんで、神さまは僕ら人間に「表現する」っていう喜び、思いを与えられたんだろうって思う時、聖書にはっきりと答えが書いてありました。

「神は人をご自身のかたちとして創造された。」
創世記1:27

そう、そもそも神さまご自身が、本当に表現することが大好きなお方だっていうことです。
そうじゃないと、こんなに多様で、面白くて、論理的で、美的な自然は存在しません。

空も、山も、植物も、魚も、動物も、何もかも!!
神さまは、誰にもまして最高のArtistitなんだと気付かされます♪


そんな神さまに似せて造られた僕ら。
もっともっと、自分を表現していくべきなんだって思います!

それぞれにしか表現できない何かが、必ずあるから。
その表現されたものを通して、励まされたり、支えられたりする人が、きっといるから!!


このブログもそう。
始めた時は、何も分からないで好き勝手書いてた。笑
読み返したら恥ずかしくなるくらい、よくわかんないこと書いて、自分で自分を戒めて。笑
でも、僕の表現の一つであるこんなブログも、神さまがこれまで用いて下さり、導いて下さった!

そのことを近頃本当に感じます。


もちろん、何かを表現するときに、それを評価されることはつきもの。
よい方に評価されれば嬉しいけど、実際にはわるく言われることもある。
でも、「表現したい」と思う動機が、本当に人を愛し、人のために!ということならば、きっと伝わる!神さまが用いて下さる!って僕は信じています。


これからも、色んなことを通して、僕人生そのものを通して、表現していきたい。

全てはイエスさまにあって救われたものとして。
神さまの素晴らしさを伝えるために!!


それでは、おやすみなさーい!
Have a god's weekend♪


満ちる

このカテゴリーに該当する記事はありません。