Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛する」ということ。

こんにちは(^^)


今日もこうしてブログを通して皆さんとつながれることを、心から嬉しく思います。


昨日はクリスチャンの親友のKと長電話。
今朝は婚約者のMと長電話。

信頼している二人だし、ありのままで向き合える二人。

だから、本当に幸せな時間でした。

「愛されているんだな」って感じました。



僕は、「愛する」とは何か、イエス様に出会ってから、ずっと考えてきました。

聖書のことばを思いめぐらし、自分の生活の中で探し続けてきました。

シンプルに言えば、「神は愛なり。」ということばの通り、神様ご自身なんですけど、それを言ってしまうと話は進まないので、今の僕が思う「愛する」ということについて、書きたいと思います。


僕は、「愛する」って、「その人に幸せになって欲しいと心から思い、そしてそのように行動すること。」なのかなって思っているんです。


ただ、よくよく考えると、人それぞれ「幸せ」の感じ方って違うんですよね。

僕は、ここがとても大切なポイントだと思っているんです。

「愛する」ということは、「これが幸せなんだぞ!!これを受け取れ!!」ということじゃないってこと。

その人自身を大切にし、その人の「幸せ」を自分も一緒に求めるということ。寄り添うということ。



昨日、淀川キリスト教病院の研修医同期の14人のうち、二人とお別れだったんです。

その二人に、手紙を書きながらまさに思ったのはこのことでした。

「二人が遠くに行ってしまって、離れ離れになったとしても、本当に幸せになって欲しい。笑顔になって欲しい。」と心から思いました。


もちろん、クリスチャンの僕にとって、何にも代えられない「幸せ」はイエス様に出会い、信じて救われることです。
そして、同じようにこの「幸せ」を受け取って欲しいと、いつも心から思っています。


でも、だからといって、相手のことを全く考えずに、

「イエス様のことを信じて!!イエス様が救い主で、イエス様を信じることが『幸せ』なんだから!!」

と力づくで押さえつけようとするなら、僕はそこには「愛」がないと思うんです。

僕の口から出る言葉が、いくら「正しい」ものだとしても、その人自身の個性や考え方、感情を無視して、無理やりに「幸せ」を押し付けるところに、「愛」はないのではないでしょうか。


「愛がなければ、全てはむなしい。」

聖書のこのことばが、僕の心にいつもあります。



最初の話に戻りますが、昨日と今日と電話した二人は、僕の心を決して力づくで押さえつけようとしません。

ただ、僕の幸せを願い、寄り添ってくれる。

その中で、僕は自然と自由になって、心がイエス様に向かっていきます。そして、本当にこの世界にはない穏やかな心が与えられるんです。救いがある。



今日はあまり長く書くつもりはありませんが、イエス様の十字架も、やはり「愛」なんですよね。

人によっては、あの十字架がなぜ「愛」なのか、さっぱり分からない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、もし仮にあなたが、

「あなたが自分のいのちを犠牲するなら、あなたを通してたくさんの人たちが救われて、心が清められ、天国に行くことができる。永遠のいのちという、最高の幸せを受け取ることができる。」

と伝えられたとしたら、あなたはどうしますか。



イエス様という人は、私たちを愛するがゆえに。

この世界では絶対に手に入れることができない、「永遠のいのち」という真実の幸せを与えるために、ご自身のいのちを犠牲にされました。


それは、愛です。



僕も、周りの人たち、病院のスタッフの方々、患者さん、おひとりおひとりを愛したいと心から願っています。

今読んで下さっているあなたも、そのお一人です。あなたに、本当に幸せになって欲しいと心から願っています。

スポンサーサイト

イエス様のこと。

こんばんは(^^)


また、少し時間が空いてしまいました。


今日は、New Wingsというゴスペルクワイアのライブに行ってきました。

本当に素晴らしかった。心が幸せでいっぱいになりました(^^)


New Wingsは、福岡を中心に活動しています。

中山栄嗣さんというリーダーをはじめとして、本当にイエス・キリストを知り、ともに歩んでいる人たちが奏でる賛美です。

だから、心にストレートに響きます。

そして、今日のライブでもはっきりと言っていましたが、

「別に私たちのゴスペルを忘れてもらってかまわないんです。ただ、皆さんの心にイエスの愛が残ってくれれば、それでいいんです。」

うんうん、その心を本当に尊敬しますし、私もそのように生きていきたいです。

このブログも、私の人生も。

「私」のことは、正直どうだっていいんですが、このいのちを通してイエス・キリストの愛がどれほど素晴らしいかを知ってほしいと心から願います。



New Wingsのライブは、YouTubeでも「あなたの瞳」「新しい命」という有名な曲は視聴できます。

なので、ぜひとも一度見てみてください♪

New Wingsを通して奏でられるイエス様の愛が皆さんの心に届きますように。




今日は、あまり長く書かないつもりです。

最近、なんだか「良いこと書かなきゃ」って力んで、なかなか書けなくなっていたし。笑

正直、それもどうでもいいことです。



私は私以上でも、私以下でもなく。

そして、私はこのブログにおいては重要ではなく。

このLifeを通して、神様は生きておられること、イエス・キリストは愛の救い主であることを一人でも多くの人に知っていただくことが一番の使命です。


生きることは、キリストです。



最近改めて思い出すみことばがあります。

「見よ。私は、確かにきょう、あなたの前にいのちと幸い、死とわざわいを置く。」
申命記 30章15節


本当に生きていて、このみことばの通りだと感じます。


私たちの前には、いつも「いのちと幸い」の道と「死とわざわい」の道の二つが置かれてある。

すべての選択は、このどちらかで。

私たちがその一瞬一瞬、何を選択するかで、私たちの人生は決まっていきます。



ある人は、


「それなら迷うことないでしょ!!『いのちと幸い』の道を選べばいいじゃん!」

と思うかもしれません。


でも、自分の心の声に静かに向き合ってみてください。

私たちは、それが「死とわざわい」の道であると知っていながら、そちらを選ぼうとしてしまう弱い愚かな存在です。


それは、私たちが罪びとだから。

私たちの内側に罪があるから。



「罪」を定義するなんて難しいことは、私にはできませんが。


こんな風に、本当に素晴らしいものを心のどこかで知っていながら。

わざわいの道を正当化したり、考えないようにしたりして、盲目に進んでしまうときに、人の内側に「罪」があるんだな・・・とつくづく感じます。




そんなことを積み重ねていくと。

いつしか、心は麻痺していきます。


気づけば、「いのちと幸い」の道、「わざわいと死」の道を区別する良心さえ濁ってきてしまう。

本当に、罪は恐ろしいものです。




しかし、希望はあります。


イエス・キリストの十字架です。


イエス・キリストの十字架でなされた死と、三日後に復活した揺るがない事実が、この「罪の呪い」を完全に打ち破りました。

唯一、イエス・キリストを信じる信仰によってのみ、私たちは罪の呪いから完全に開放され、父なる神様と完全に正しい関係に招かれる。

そして、イエス・キリストの愛の中でのみ、私たちは喜びながら、「いのちと幸い」の道を選び取り続けることができる。


神様が本来人間に与えようとしておられる祝福を、感謝してそのままに受け取り、その人生の本来の目的を果たして天国に行くことができる。




そして忘れてはならないのは、この奇跡を成し遂げるために、イエスという一人の人はすべての痛み・悲しみを引き受けたということ。

人間を愛するがゆえに、その引き受けて下さったのだということ。

絶対に忘れてはいけません。




「私が、きょう、あなたに、あなたの神、主を愛し、主の道に歩み、主の命令とおきてと定めを守るように命じるからである。確かに、あなたは生きて、その数はふえる。あなたの神、主は、あなたが、入って行って、所有しようとしている地で、あなたを祝福される。」申命記30章16節

恵みってなに・・・?

おはようございます。

循環器内科、前半戦1か月が終わりました。

後半戦は、2年目です。

あっという間でしたが、やっぱり辛かったー。

でも、回って良かった。

循環器内科の扱う疾患は、とりわけ命に直結します。

心臓が止まってしまえば、すべての臓器が働けなくなるからです。

だからこそ、スピードが要求されますし、ほかの臓器も含めた複合的な知識が求められました。

うん、回って良かった。

神様、感謝します。




今日は、2015年度のテーマ聖句であり、自分が今直面してる信仰の課題について短く書かせていただきます。


テーマ聖句はこの箇所。

神は言われます。
「わたしは、恵みの時にあなたに答え、
救いの日にあなたを助けた。」
確かに、今は恵みの時、救いの日です。
Ⅱコリント6章2節


今回のテーマはすごいシンプル。笑

恵みってなんだろう・・・ってこと。


イエス様に本当に出会って、救われて、歩み始めてもう少しで5年が経つ。

これまで、聖書や祈り、そして生活を通して、神様はたくさんのことを教えてくださった。与えてくださった。

そして、この「恵み」もずっと与えてくださっていた。

それなのに、はっきり言って、恵みとは何かをわかっていなかった。



恵みとは、無条件与えられるものと言われる。

人間は、その人がした行いではなく、ただ恵みによって、神様から一方的に愛され救われる。


そう教会では聞いてきたし、ある程度はわかっていたつもり。



でも、自分の生活・いのちを見つめるときに、本当の意味では恵みを受け取っていなかったのだと気づかされている。



その証拠として、僕はすぐに人を裁いてしまう。

ある時、クリスチャンの先輩がこんなことを言っていた。

「本当の意味で恵みを知り、受け取っている人は、人を裁くことはありません。

人を裁くということは、その人が自分の行いで救われていると思っているということです。」


うん、その通りだと思う。

無条件に愛され、無条件に救われたということを受け取る人が、どうして人にあーだこーだ言えるのか。



自分でもわかっている。

こんな風にぶつぶつ言っている僕は、すでに恵みの中に置かれていることを。

恵みの中に置かれていながら、「恵みとは何か!!」と叫んでいる僕を、父なる神様は笑顔で見守ってくれている気もする。笑

でも、しっかりと、恵みを知り、恵みを受け取りたい。

そして、それを人に伝えることができるようになりたい。

そう思う。

キャパ

今夜は初めてスマホからの投稿。


今日は北海道から妹が来て、一緒に心斎橋や通天閣、流行りのあべのハルカスに行った。いや、今あべのハルカスなう。


ふと考えたこと。


人の心は、それぞれの人で容量がある。


そして、その心に何をどれくらい埋めるかでその人の思いができあがり。その思いが考え方になり、生き方になると思う。


きっと無邪気な子供の心は、その時その時してることでいっぱいになる。
買ってもらったおもちゃのこと。
ケンカしてパンチされたこと。


年を重ねるに連れて、それぞれの個性や歩き方によって速さは異なるけれど、少しずつその容量は増える。


これをキャパって俺たちは言ってる。



俺はすぐにそのキャパ限界ぎりぎりにしたがる。
すぐに予定を埋めたり、仕事を詰め込んだり。

そして、いっぱいになったキャパで自分の首が絞まってしまう。



俺は思った。


そんなにいつも頑張ってキャパいっぱいにする必要はないんじゃないかって。


むしろ、いっぱいにしようとすればするほど、本当に大切なものがないがしろになってしまったり、やるべきことに力が入らなかったりする気がする。


聖書は寛容を身につけなさいって教えてくれている。

それはもしかしたら、どんどん心を容量を広げていきなさい。

ということだけじゃなく、いやむしろ、自分の心の容量を正しく知った上で、いつでも人の痛みや悩みや傷を受け入れることができるスペースを用意しておきなさいってことなのかもしれない。

そう思った。


小さな小さな俺の心。


その心に小さなスペースを用意したいな。

家族のために。

あーーー、もう寝なきゃいけない時間なのに。笑

賛美を聞いてたら、みことばがどんどん心に迫ってくる。

最近よく聞くのが、福岡のゴスペルグループ「New wings gospel」の賛美。

もーーーーめっちゃいい!!!

一つひとつの賛美を歌っている人たちの、熱い思い、イエス様を愛する思いがぎっしりつまっているから。

何度聞いても、心が温まる。癒される。

これこそ、ゴスペルの本当の力だって思う♪


今日は、その中でふと語られたみことばをシェアして、おやすみなさい。


聖書には、こんなみことばがある。

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも、あなたの家族も救われます。」

有名な個所で、クリスチャンホームの人は何度か聞いたことがあると思う。

実際のところ、俺の場合は父さん母さんがクリスチャンで、姉ちゃんも妹も弟も。

今、イエス様に出会い、それぞれの人生を歩んでいる。

だけど、俺の大事なばあちゃんはまだイエス様に出会っていない。

ばあちゃんは、もう80後半で、俺は後何回会えるんだろうか・・・って思ってしまう。

そんなばあちゃんは、俺の幸せをいつも願ってくれてる。電話すると、めっちゃ喜んでくれる。俺が生きてることを、心から喜んでくれる。



そんなばあちゃんに、俺はイエス様に出会ってほしいって本気で思う。




だけど。

正直、情けない本音を言うと、

「ばあちゃんがイエス様を信じるっていうのはなかなか難しいのかなぁ。」

なんて弱気に思っていた俺がいた。

なかなか祈れていない自分がいた。



俺はあのみことばを、本気で信じていなかったのかもしれん。



きっと、このブログを読んでくれてるクリスチャンの中には、お父さんや、お母さん、兄弟、じーちゃんばーちゃん、ご主人や奥さん、もしくは子供。

家族がイエス様を知らず、本当に悩んでいる人がいると思う。

俺とは違く、めっちゃ祈って、祈って、信じてるかもしれん。



そんな人とも一緒に考えたい一つのことがある。


実は、イエス様にも兄弟がいたってこと。

聖書の終わりには、「ヤコブの手紙」っていうものがある。

このヤコブは、イエス様の弟と言われてる。

ヤコブの手紙で、ヤコブは本当にイエス様を信じる喜びを熱く語ってるんだけど。

ヤコブも昔は、イエスという兄ちゃんを救い主と信じることができなかった箇所がある。

イエス様は思う。

「自分の故郷ほど、神様のことを伝えることが難しい場所はない。」って。

まぁ、そりゃそうだろう。

弟からしたら、転んで泣いた兄ちゃんを見たことだってあっただろうし。

近所のおばさんからしたら、マリヤっていうお母さんにべったりくっついて離れなかった(かもしれん)少年を知ってるわけだ。

そんなイエス様が突然、「救い主」として、福音を伝えにきたわけだから。

みんな、「???」ってなったと思う。



でも、さっき書いた通り、そののちヤコブという弟やほかの兄弟たちもイエスを救い主と信じたことが聖書に書かれてある。


何が、弟たちの心を変えたんだろう。

イエス様の家族の心を動かしたんだろう。



俺は、そのことを思いめぐらすとき、十字架なんだと感じた。



一緒に飯を食い、一緒に育った兄ちゃんが。

一緒に泣いて、一緒に笑った兄ちゃんが。

慰め、励まし、模範となってくれたあの兄ちゃんが。


今、悪者たちと一緒に、十字架に張り付けられ、腹に槍を刺され、多くの人たちにあざけられ。つばをかけられている。



「兄ちゃん・・・なんでだよ。なんでそこまでするんだよ。」



きっと思ったと思う。


でも、命をかけてでも、イエス様という兄が伝えようとした「愛」ってゆーやつが、きっと兄弟たちの心に届いたんだと思う。




イエスのみことばはやっぱり真実。

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたのあなたの家族も、救われます。」



救われるためには、イエスの十字架の愛が絶対に必要だ。


主イエスは、あなたのために、あなたの家族のために死なれた。


その愛を、本当に自分のものとして受け止めることができなければ、俺たちは救われない。


でも、難しく考える必要はない。

目を閉じ、イエス様があなたのために死なれ、よみがえっていまも一緒に居てくださることを信じるだけ。

それだけで、あなたも、あなたの家族の人生も本当に変わる。




あきらめん。


ばあちゃんの救いのために祈ろう。


おやすみなさい( ̄ー ̄)ノ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。