Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャパ

今夜は初めてスマホからの投稿。


今日は北海道から妹が来て、一緒に心斎橋や通天閣、流行りのあべのハルカスに行った。いや、今あべのハルカスなう。


ふと考えたこと。


人の心は、それぞれの人で容量がある。


そして、その心に何をどれくらい埋めるかでその人の思いができあがり。その思いが考え方になり、生き方になると思う。


きっと無邪気な子供の心は、その時その時してることでいっぱいになる。
買ってもらったおもちゃのこと。
ケンカしてパンチされたこと。


年を重ねるに連れて、それぞれの個性や歩き方によって速さは異なるけれど、少しずつその容量は増える。


これをキャパって俺たちは言ってる。



俺はすぐにそのキャパ限界ぎりぎりにしたがる。
すぐに予定を埋めたり、仕事を詰め込んだり。

そして、いっぱいになったキャパで自分の首が絞まってしまう。



俺は思った。


そんなにいつも頑張ってキャパいっぱいにする必要はないんじゃないかって。


むしろ、いっぱいにしようとすればするほど、本当に大切なものがないがしろになってしまったり、やるべきことに力が入らなかったりする気がする。


聖書は寛容を身につけなさいって教えてくれている。

それはもしかしたら、どんどん心を容量を広げていきなさい。

ということだけじゃなく、いやむしろ、自分の心の容量を正しく知った上で、いつでも人の痛みや悩みや傷を受け入れることができるスペースを用意しておきなさいってことなのかもしれない。

そう思った。


小さな小さな俺の心。


その心に小さなスペースを用意したいな。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。