Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

人とひとの関係

こんばんは(^^)


またもや・・・更新が滞ってしまいました。


と言ってみましたが、別に滞ってないのかもしれないですね(°_°)


医師として働き始めて2年目、正直これぐらいの更新ペースが今の僕のベストかもしれません。

当直業務や発表の準備などでバタバタしていると、なかなかこんな風に言葉にまとめる時間を取れず・・・


それでもこのブログは僕にとって大切なものであることには、これまでと全く変わりありません。

これまでもこれからも、大阪に住んでるほんとにちっぽけな一人の男でしかありませんが、そんな僕に働いて下さる神様の大きさや素晴らしさをこれからもお伝えしていくことができたらと思います。



どうか、今日のこの記事を書く僕の心と手が神様にきよめられて、この拙い言葉を通して神様のご計画が進められますように。



さてさて、今日のタイトルは、「人とひとの関係」です。


本当に思うのは、「人間関係」が僕らが生きる上でのストレスや悩みの大部分なのでは?ということ。


人は一人で生きていけません。

もし、自分の心を誰一人にも開かず生きていこうとするなら・・・

それは本当に苦しいことだと思う。

誰か自分以外の人に、この心に触れて欲しいと思ってる。

少なくとも僕は、そう思ってる。



かと思えば・・・


当然、自分以外の人は自分とは全く違う人格を持っている。

自分の思う通りに動くロボットではないわけで。

必ずしも、自分が触れて欲しいと思う方法でこの心に触れてくるわけではない。

時に、開けた心にズカズカ入ってきて、傷ついたり、イライラしたりすることもあれば。

逆に、全然入ってこなくて、歯がゆい気持ちになったり。



そんな、難しさが人間関係にはあると思う。


だから、自分と自分以外との絶妙なバランス感覚があればいいんだけど。

自分に対して、自分以外に対して、きちんとアイデンティティがあればいいんだけど。



ここで、また問題があって。

人間関係は頭だけでは学べないってこと。

理論や人から聞いたアドバイスは、人間関係について客観的に理解するにはとても有用。

だけど、それを知っていることと、実際に自分を取り巻く人間関係で行えているかはまた別の話だと思う。


人間関係は「現場」で学んでいかなければならない。


実際に、隣にいる大切な人に自分の心を開き。


その開かれた心にその人が一歩踏み込み。


時に傷つき。

時に悩み。

そして、時に励まされ。


そんな繰り返しの中で、自分を知り、自分以外を知っていかなければいけない。

バランス感覚を養っていかなければならない。


そう思います。



本当のところ、これは全部体験談。

僕は人間関係に苦手意識を持っていて、本を読んだり、アドバイスをもらったりして、人間関係をうまくやっていくためにどうしたらいいんだろうって、頭で考えてた。

でも、それだけでは不十分だった。


実際に、自分自身が勇気を出して心を開かなければ。

みんなの輪に入っていかなければ、分からなかった。

いっぱい傷ついたし、いっぱい悩んだ。

でも、それ以上にいっぱい大切なことを心で感じた。



もし、同じように悩んでいる人がいたら、イエス様にあって勇気を出してほしいと思う。

僕もまだまだ人間関係見習い中だから、一緒に勇気を出して、学んでいこう!


それでは、また次回に♪

(今回の記事は、当初「優しさと厳しさ」というタイトルでしたが、クリアにするために改訂させていただきました。)

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。