Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊と羊飼い

こんばんは!


今回は、本当に久しぶりの更新になってしまいました。

書きたいこと、伝えたいことは、日々いくつも思い浮かぶのですが、なかなか言葉にできずにいました。

でも、たくさん書くことを大切にするのではなく、神様に聞きながら言葉そのものを大切にすることを選んでいきたいと思っています。



気付けば、2015年も残すところ後5日ですね。

年の暮れに、皆さんは今、どこでどんなことをしているのでしょうか。


家でゆっくり過ごしている方もいれば。

人に会ったり、買い物をしたりと慌ただしく過ごしている方も。

でもここは、皆さん一度立ち止まって、この一年間を振り返ってみるのはいかがでしょうか。



振り返ることは、簡単なように思えて、実は難しいことのように思います。

「立ち止まって、振り返ろう」

そう意識しなければ、なかなかできないものです。

僕も、きちんと振り返るべきだと分かっていながら、それができずに。

いつもテレビのリモコンやiPhoneを手に取ってしまいます。



それぞれの2015年を見つめ直し、落ち着いて、そして希望を持って2016年に進みましょう!

だって、2016年は誰にとってもまだ白紙ですから。

そこで何を考え、何をするのかはまだ何も決まっていないこと。



2015年を振り返り、皆さんの新しい2016年が祝福されますように!



とんだ長い前置きになってしまいましたが、今日は最近しみじみと納得したことをシェアしたいと思います。


それは、自分は本当に「羊」のような存在だということ。

そして、イエス様は本当に「羊飼い」のような存在だということです。



これは、聖書にもよく書いてあるたとえ話で、僕も頭では知っていたことです。

でも、今年のクリスマス、このことが僕の心の奥底の深くにまで落ちてきたんです。


羊は、本当に弱い存在です。

草食動物の中でも、キリンは首をブンブン振って戦いますし、馬も牛も危険を察知したら逃げたり戦ったりするでしょう。

でも、不思議と羊が勇猛果敢に戦っている姿を想像できません。

羊が全速力で命を襲う狼に突進して追い払うなど、全く想像できません。


もう一つ、羊でイメージするのは目先のことで頭がいっぱいになることです。

おいしそうな草を見つけると、そこにトコトコ向かって行ってムシャムシャ。

しばらく休憩して、また近くにおいしそうな草を見つけると、またそこにトコトコ向かってムシャムシャ。


羊はヌーの群れのように団体で規律正しく目的地に向かっていく姿は想像できません。

鮭や渡り鳥のように自分たちが行くべきところを知っている様子も伺えません。


僕らも、この羊と同じで。
本当に弱い存在で、敵に対しては完全に無力で。
自分たちが本来進んで行くべき道へは、自分だけでは向かっていくことができない存在なのだということに、深く納得できたのです。


そして同時に、イエス様が最高の羊飼いであるということも深く納得しました。

いつも羊1匹1匹に目を配り、敵が来たら全力で戦い追い払ってくださり、進むべき道へ歩めるように促してくださり、必要な時においしい草の場所へも導いてくださる。
道を外れて、崖から落ちそうな羊がいれば行って手を差し伸べて助けてくださり、戻ってきた時には心から喜んでくださる。

イエス様という方を、また少し知ることができ、また少し心近くなることができて、嬉しくなりました。



それからというもの、日々の日常生活の中で、この羊と羊飼いのたとえが思い出されること、思い出されること。

自分勝手に物を考えたり、自分の思うまま神様の喜ばれない道に進もうとしている時に、羊飼いに背を向けて本来いるべきところでないところでムシャムシャしてる羊が頭に浮かんでくるのです。


そして、「イエス様、ごめんなさい。」という言葉と同時に、テケテケと羊飼いイエス様の導かれる道に戻っていく羊をイメージしつつ、僕自身の心もイエス様のもとに帰っていきます。

しみじみ、「羊と羊飼い」というたとえは、僕らとイエス様の関係を的確に表現されたものなのだと感じます。



これからも、幾度となくテケテケ道を外れてしまうと思いますが、羊飼いイエス様が「そっちじゃないよ、こっちだよ。」と優しく語ってくださる言葉を受け取って、イエス様が導かれる光の道に戻っていきたいです。


今日はここまで。


実は、今夜は当直です!
残すところ今年は後2回の当直。

病を抱え、困っておられる方々に、イエス様の愛を持って手を差し伸べることができたらと願っています。


良いお年を!
そして、また来年お会いしましょう。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。