Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔い改め

こんばんは。


大阪は雨です。


僕が大阪に来て最初の2年間は、病院のすぐ近くにマンションがあって、あまり「梅雨」という季節を感じませんでした。

でも、教会の近くに引っ越してからは、病院まで距離がある分外の天気や季節をより肌で感じるようになりました。



僕は、雨はそんなに嫌いではありません。
なんとなく、雨の音を聞いていると安心します。



さて、今日の記事は、前回の記事と関連しています。


もう…一言で言うと、「悔い改め」の記事です。


前回の記事で偉そうに、「僕は神様を主語にして選択してきたし、今も選択しています!」と豪語したわけですが、あの後神様はいろんな方法で、


「満ちる、本当にそうか?」


と問うてくださいました。



本当にこのみことばの通りです。

「立っていると思う者は、倒れないように気を付けなさい。」
Ⅰコリント10章12節


正直、僕は、「自分は立っている」と思っていました。

イエス・キリストを心から信じ、その計画の内を歩んでいると思っていました。



そして、このブログにも大胆に書き。

大切な妹の進路の相談の時も、
「神様が計画しておられるものをもっと真剣に求めないと!!自分がしたいことじゃないよ!」
と強く言っていました。



でも、このブログでのことばも、妹に対して言ったことばも、跳ね返って自分に返ってきました。
自分こそ受け取らなければいけないメッセージだったんです。



そのことに気付かされたのには、いくつかのエピソードがありますが、その一つは一番上の姉の存在でした。



先日、大阪の家に泊まりに来てくれて、食後にゆっくり話す時間がありました。

「俺は、こうこうこういう現状で、こうこうこうで、こうこうこうしていきたいと思ってるんだ!」


内心、姉ちゃんには、「へーーー!すごいね!!さすがだねー!」なんて言われると思っていました。



しかし、姉ちゃんの応答は違いました。


顔を曇らせ、一言。

「それって、本当に神様がみっちに持っておられる計画なの?」

「なんか、ひっかかる・・・・・・。」




「え・・・・・・。」


予想外のリアクションに困惑する僕。


でも、じわじわと姉ちゃんが僕に伝えたかったことの真意が分かってきました。



僕が「これが神様の計画だ!」と思っていたものを一つひとつ分解してくとき、それはすべて僕自身の思いでした。


今目の前にある状況。

迫っている時間。

自分の体力や気力。


それらを自分の頭で組み合わせ、自分で導き出した答えでした。



もちろん、考えること、計画することは大切なことです。


でも、僕が自分で願い、立て、実行していく計画は、神様が望んでおられるものではありません。



ハッとしました。



そして、途端にとっても恥ずかしく、情けない気持ちになりました。


こんな自分の現状も気付かずに、偉そうにブログに「自分はできている!」と伝え、妹にも説教をしていたなんて。

つくづく、未熟な自分だと感じました。



姉ちゃんは最後に言いました。

「ただただ、神様の前に静まって祈り求めな。神様がみっちに持っておられる計画が成されることだけを願ってる。」


本当に感謝、感謝のことばでした。


みことばの通りです。


「信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。」
ローマ10章17節


神様のことばを聞きたい。

父なる神様が、僕と僕の家族に、どんな計画を持っておられるのかを求めていきたいと強く思いました。




今も、その祈りの途中ですが、教えられていることがひとつあります。


それは、最近僕が立てていた計画、願っていた計画には、欠けていたものがあったということ。

それは、世界で最も大切なもの。

永遠に続くもの。



「愛」です。


「愛がないなら、何の値うちもありません。」
「愛がなければ、何の役にも立ちません。」
 Ⅰコリント13章2-3節


たとえ、僕がこの小さな頭で壮大な計画を立てて、たとえ、それを完璧に成し遂げたとしても。

愛がなければ、神の愛がなければ、完全に無意味。


僕の立てた計画には、最も大切な「愛」が抜けていたように思います。



悔い改め、神様の声を慕い求め、神様の愛を受け取り、また新しく一歩を踏み出していきたいです。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。