Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

水の上を歩くようなもの。

こんにちは!


ご無沙汰しております。


2016年もあと少しですね。


皆様にとって、2016年はどんな1年だったでしょうか?



この年の最後に、神様に助け守られた1年を振り返り、ブログを書きたいと思います。



少し話は前後しますが、最近少しずつ、このブログに対する思いが変わってきました。


以前は、「書かなければ!」という義務感みたいな思いがあって、更新していないと何となく後ろめたさを感じることもありました。

でも、そういった思いで書き始めても、書き終えることができないことがしばしばありました。


そういうことを繰り返しているうちに、


このブログは、神様のものであって、

自分という一人の人間に、

神様が働いてくださる中で、

思いや言葉が湧き上がってくることを待ち詫び、


湧き上がってくるその時に喜びをもって、

祈りつつ、

丁寧に綴っていけばいいのだと思うようになりました。



これは、自分にとって大きな変化でした。



自分のいのち、

自分の生活、

自分の人生の主導権が、


神様に渡されれば、渡されるほど、僕は本当に自由になっています。



2016年、今も生きて働いておられる神様のすばらしさを、

全身全霊で感じた一年でした。




今日は、その一つのお話を書かせていただきたいと思います。


このブログを通して、

神様のすばらしさが、その大きな力とご計画の中で届くべき人に届きますように。




僕は、お世辞でもメンタルが強い方ではありません。


不安な気持ちに陥りやすいですし、心配性なところもあります。


そんな僕が、医師として働いて3年間。

正直荷が重いと感じたことは何度もありました。


それだけでなく、

淀川キリスト教病院でのクリスチャンスタッフとしての集まりのリードや、

石橋キリスト教会での賛美リードなど。


「自分にはできない」と逃げだしたくなったこともありました。



でも、2016年の秋ごろ、聖書の次のことばが、僕の心に留まりました。



イエスがカペナウムに入られると、ひとりの百人隊長がみもとに来て、懇願して、言った。

「主よ。私のしもべが中風で、家に寝ていて、ひどく苦しんでいます。」

イエスは彼に言われた。

「行って、直してあげよう。」

しかし、百人隊長は答えて言った。

「主よ。あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません。

ただ、おことばを下さい。そうすれば、私のしもべは治ります。・・・」 ・・・

それから、イエスは百人隊長に言われた。

「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」

すると、ちょうどその時、そのしもべは癒された。


マタイの福音書8章5-8、13節



クリスチャンの方であれば、一度は聞いたことがある話だと思います。



僕も、何度も読んだことがある箇所でした。


だけど、あの時、百人隊長のこのことばが僕の心に響きました。


「ただ、おことばを下さい。そうすれば、私のしもべは治ります。」



あのとき、

「このことばこそ、『信仰』なんだ!!!」

と強く感じ、感動したことを覚えています。



とてもシンプルだけど、信仰とはこういうこと。

まず、僕に必要なのは、ただ天の父なる神様の、イエス様の、「ことば」、「約束」、「ご命令」。



それが僕に与えられたのなら、与えられているのなら、その時点ですべての問題は解決しているのです。



神様のことばは、約束は、ご命令は絶対で、神様に不可能なことはないからです。



このシンプルな関係こそ、神様と僕との正しい関係なのだと感じたのです。



逆に言うと、僕らは神様のことばを待たずに、自分勝手に行動してしまうことがあります。

「これは、世間一般に良いと思われることだから。」

「だって、聖書に書いてあることだから。」


でも、本当に大事なことは、それが神様が、僕に、与えてくださっていることなのかということ。


これがすべて。



僕自身、「これは良いことだから!正しいことだから!」という動機の中で、

自分の情熱と体力と能力とで、挑戦したことがいくつもありました。

でも、そのたびに挫折したり、失敗したり、長続きしなかったり。

だって、僕自身にはそれらを成し遂げる力がないから。


そんなことを繰り返すうちに、百人隊長のことばの意味が、僕自身に強く迫ってきたのです。


僕に本当に必要なのは、

イエス様の十字架における死と復活によって、

父なる神様との関係を回復した中で、

聖霊を通して神様の御思いを知るために祈り、

そして、与えられた神様のことばを、約束を、ご命令を、


ただただ信じること。


それが一度与えられたのなら、決して疑わず、


信じて前を向いて歩き続けること。


目の前のことに誠実に、忠実に向き合うこと。



でも、僕らは弱いもので、一度与えられた神様からのことばを、疑ったり、つぶやいたりして、失敗してしまうこともあります。


同じマタイの福音書に次のような話があります。

舟は、陸からもう何キロメートルも離れていたが、風が向かい風なので、波に悩まされていた。

すると、夜中の三時ごろ、イエスは湖の上を歩いて、彼らのところに行かれた。

弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるのを見て、

「あれは幽霊だ」と言って、おびえてしまい、恐ろしさのあまり、叫び声をあげた。

しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、

「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われた。

すると、ペテロが答えて言った。

「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください。」

イエスは「来なさい」と言われた。

そこで、ペテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行った。

ところが、風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、

「主よ。助けてください」と言った。

そこで、イエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。

「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」


マタイの福音書14章24~31節




ペテロは、百人隊長と同じように、イエス様にことばを求めました。

そして、イエス様はペテロの思いを受け取り、「来なさい。」と一言お伝えになりました。


この時点で、全ての問題は解決していたはずでした。

ペテロは、そのことばを信じるとき、水の上を歩いてイエスさまのもとにたどり着けるはずでした。


「水の上を歩くこと」。

それは、人間的に考えれば不可能なこと。

でも、イエス様には、神様にはできるのです。


実際に、ペテロは最初の数歩は水の上を歩くことができました。

しかし、ペテロは、周りの風を見て、こわくなり、沈みかけたのです。


「周りの風」は、僕らで言えば、周りの状況や、周りの人たちの言葉かもしれません。

「そんなの無理だよ。」

「これから先の将来、不安じゃないの??」

僕らにかけられるいろんな言葉が、僕らを取り巻くいろんな状況が、僕らを不安にさせ、恐れさせます。

そして、気付かぬうちに、神様のことばという最も信頼できるものを、忘れてしまいます。

そして、僕らは沈み「かける」のです。


でも、イエス様は愛に満ちたお方で、神様を信じる人たちを完全に沈ませることはなさいません。

このペテロの話の通り、イエス様はどんな時も必ず一緒にいてくださり、沈みそうな僕らの手をしっかりと握り、また水の上に引き上げてくださるお方。


聖書のこの二つの話は、2016年の僕にとって、本当に大切なものでした。


小児科医として。

淀川キリスト教病院のクリスチャンスタッフとして。

石橋キリスト教会の一員として。

夫として。

任されているひとつひとつのことは、僕にとって、ペテロが水の上を歩くようなものでした。

「僕にできるのだろうか。」

そんな思いが湧き上がり、時に不安になったり、落ち込んだりすることもありました。


しかし、そのたびに、僕はこの2つの箇所を思い出しました。

そして、僕が今与えられている神様からのことばを思い出しました。


神様のことばは、約束は、ご命令は、絶対に揺るぐことがありません。

この地上にあるどんなものよりも、確かなものです。


僕はただ、神様からのことばを。

信じて、握って、今日も生きます。


どうか、神様が神様を信じるひとりひとりを通して、2017年もそのすばらしいご計画を成し遂げてくださいますように。


神様を信じるひとりひとりが、まず神様のことばを待ち望み、受け取り、疑わず、信じて一歩ずつ進んでいくことができますように。


2017年も、心から神様に期待!!

来年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。