Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師という仕事

私には、ある疑問がありました。
「病気とは何だろう。
 そして、その病気を治す医者とは何だろう。」


医学を一日中学んだり、
解剖を行ったり、
実験したり。


そんな日々の中で、
医者という職業の意味。意義。
人を診察したり、手術したりする仕事の特別さ。
このようなものを考えないでここまで来てしまいました。
恥ずかしいものです。


果たして、神さまの目から見て、
医者とはいかなる仕事なのでしょうか。


そんな中で、現在通読しているヨハネの福音書から
教えられたことがありました。


またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれがその罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」イエスは答えられた。この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現われるためです。」ヨハネ9:1-3


イエスさまは語られました。
「その病は、神のわざがこの人に現われるためです。」


同じようなことを、パウロにも言われました。
しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。」Ⅱコリント12:9a


神さまは、私たち人間に対して、
病気、弱さをお与えになりました。
それは、その人が落ち込むためでもなく、あきらめるためでもなく、
創り主であり救い主でおられるイエス・キリストを覚えるためなのです。
主のみわざが現われるためなのです。

みわざを起こすのはあくまで主お一人。
人を本当の意味で救うことができるのも主お一人。



医師は主のみわざが起こるのをサポートする仕事です。

サポートすると一言で言ってもさまざまなことができます。
心から寄り添い、医師として働く中で主の証人として立つ。
主にすべてをささげた生き方を通して、主の証人として立つ。
そして何より、その人が救い主として受け入れられるための、
土壌作りとしてすべての仕事を行う。

最後の「土壌作りを行う」というのは、
以前クリスチャンの臨床心理士の方のブログに書かれていたのを拝見し、
感銘を受けた言葉です!


テストも残すところあと1教科。
主に信頼され、用いられるサポーターとなれるよう、
勉強も頑張ります!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。