Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神は生きておられる!!!

神は生きておられる!!!!


今、心から喜びに満ち溢れてこう叫びます。


昨晩から今日にかけて、私の大学では年に一度の聖書研究合宿がありました。
テーマは「人間関係」。
聖書箇所はエペソ5:1~20でした。


聖研合宿はいつもの聖研とは異なり、
1日目は、いつもと同じように聖書を読んでディスカッションし、
2日目に、1日目を踏まえながら「人間関係」に関する悩みや思いを互いに分かち合います。
泊まりがけで普段会えない仲間と、ゆっくり語り合うことができます。


最高学年となっては初めての聖研合宿、
この日のために本当に、本当に祈ってきました。
主がこの時にふさわしい人を遣わしてくださるように。
一人ひとりに主の御手が触れられますように。
クリスチャンが通り良き管として、聖霊に満たされてサポートできるように。



神は生きておられ、いつも私の想像をはるかに超えて素晴らしいみわざをなされます!!


聖研に来られるように4月から祈り求めていた人が2人も参加できました。
それぞれに適切な状況を備えてくださいました。

私自身たくさんの学びがありました。
私がまだまだたりないところ、これからのビジョン。
主の証人として生きる知恵。
主の素晴らしい真理。

互いに励まし合い強めあう、交わり。


どれをとっても、
「素晴らしい!」
「神さまはすごい!!」
「神さまは生きている!!」
とほめたたえたくなりました!!


ハレルヤ!!!


大いなる主をほめたたえます!



*************************************************************



ここからは、私自身の個人的な学びを証したいと思います。



・評価を求める私の弱さ

今まで何度も主に教えられてきましたが、再確認させられたことがありました。
それは、私がやはり、常に人からの評価気にし、賞賛を求めていることでした。
信仰、学業、生活、どれをとっても、すぐに心の中で、
「ほめられたいなー。」
「俺、○○やってるのに・・・。認めてほしいな。」
と思っていたことでした。
そう思っていることに気付くごとに、この弱さが自分に染み付いていることを覚えます。

私を見て、「満ちるくんすごいね!!」ではなく、
「満ちるくんが信じる神さまってすごいね!!」
そう思っていただけるように、自分を十字架につけ、
キリストの香りを放つ者となりたいと思います。



・「人間関係」において

私は正直、人間関係が苦手です。
人に気を使ったり、状況に応じて対応するのが疲れてしまいます。
一方で、上のと関係しますが、
本当に信頼している人には「自分こーなんだ!!」とひたすらしゃべり続けてしまいます。
そして、「満ちる頑張ってるね!」そういってほしくなってしまいます。

しかし、信頼する兄弟が言っていました。
「僕は人間関係では、自分が一番にならないように気をつけている。」
他の姉妹は、
「私は人の話を聞くことをすごい意識している。」

すごい耳が痛いことでした。
私は思ってること、感じてることをす伝えたくなり、伝える一心になってしまい、
人の話を聞く事に重きを置いていませんでした。
自分をむしろ一番低くして、イエス・キリストのようにへりくだって、
周囲の人に愛をふりまき、従っていきたいとおもいます。



・神の愛、アガペーの愛

聖書が語る、人間関係とは非常にシンプル。
「やってはいけないこと(主に喜ばれないこと)をしてしまったら、罰を受ける。
 ただし、そのとき心から悔い、改めるならイエスさまは赦してくださる。」

そして神の愛とは、親が子を無条件に愛するように、
「そのままでいいよ。」と、存在そのものを受け止め、喜ぶことである。

親は子が、「生きていたら」嬉しい。「活き活き生きていたらもっと嬉しい!」
それは神さまが私たちに対する思いも同じ。
私たちに、それぞれの目的に従って活き活き生きてほしいと思っておられる。





今回の聖研合宿の恵み、証はもっとたくさんあります。
ただ、どれにも共通して言えることはただ一つ。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。」伝道者の書3:11

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。