Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のテーマ聖句

私の教会ではその年の始まりに、
自分自身の年間テーマ聖句を決めます。

私が今年のテーマ聖句に決めたのは、箴言でした。

わが子よ。私のおしえを忘れるな。
 私の命令を心に留めよ。
 そうすれば、あなたに長い日と、
 いのちの年と平安が増し加えられる。
 恵みとまことを捨ててはならない。
 それをあなたの首に結び、
 あなたの心の板にしるせ。
 神と人との前に
 好意と聡明を得よ。
 
 心を尽くして主に拠り頼め。
 自分の悟りにたよるな。
 あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
 そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
 自分を知恵のある者と思うな。
 主を恐れて、悪から離れよ。

           箴言3:1-7


正直、つい先日まで、
このテーマ聖句は間違いだったかな。
と思っていました。

どうしても、今の私に語られているように思えませんでした。
それならなぜ選んだんだ!って感じなのですが・・・
実はこの聖句を選らんだときはまだまだ主を恐れる生活ができておらず、
「なんとなく」選んでしまっていました。



そんな箇所だったのですが、
今、このみことばが間違いなく私のテーマ聖句だということに気付かされています。


何度も何度も書いていますが、
私は本当に「高慢」です。

私にはできる。
私の能力を多くの人に見せたい。ひけらかしたい。
私をもっともっと評価してほしい。


そんな思いが、どんなときも沸々と沸きあがってしまいます。

そのたびに、
「主よ、この高慢な心を抑えてください。
 私が誇れるのはキリストの十字架だけです。」


こう祈ります。



今、主は私にへりくだること、謙遜であることを教えると同時に、
忍耐することも教えてくださっています。
なかなか思うようにことが進まない中で、
本当に主だけを誇り、忠実なしもべとなるように導かれているのだと思います。


いつも、どんなときも心を尽くして主に拠り頼み、
いっさい自分の意思や悟りに頼らず、
どんな場所においても主に信頼する。


自分自身には、知恵も能力もなく、
誇れるものなど一切なく、
ただ主が私に与えてくださったものがあるだけ。
私が誇れるのは、この素晴らしいプレゼントをくださった主であり、
私のために十字架にかかってくださったイエス・キリストなのです。



今日はこれから、大学の聖研です。
参加する一人ひとりの道が守られ、
聖霊さまに守られ、導かれた、
素晴らしい交わりをもてますように。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。