Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主語

私は、とんだ誤解をしていました。
私は、とんだ間違いを犯していました。


これまでの私は、本当の意味で主を第一にしていませんでした。
どこかで、自己中心的に主を「利用」しようとしていました。



今日の一日を通して、この事実に示されました。




実は、金曜日の夜に、
「主が、私に今何かを語っておられる!」
そう思って、一人夜中に散歩に出ました。

そのとき、ふっと心に浮かんだのか、

あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、
 わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。

               エレミヤ29:12


このみことばをひたすら口ずさんでいました。
「主は、私に何か示したいことがあるはずだ!」
「主は、私が求めるならば必ず明確な示しを与えてくださるはずだ♪」


そう心に抱き、口にしながら、
ただひたすら歩き続けました。
1時間半近くは歩きました。
しかし、主から、何も示しがなかった・・・ように思われました。


そして、土曜が過ぎ、日曜が過ぎ、学校が始まり、
私の心の中で、
「神さま、みことばで約束してるのに、答えてくれなかった・・・。」
そんなあきらめの気持ちさえ出てきました。


しかし、主は私に確かに示して「くださって」いました。
確かに、私に「働かれて」いました。
そう。主は、最初の最初に私に聖書を通して御思いを教えてくださっていたのです。


主が、私に教えてくださっていたのは、
エレミヤ29章12節のみことば以前のことばでした。


わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。
 -主の御告げ-
 それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、
 あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

                 エレミヤ29:11


主は、私に確かにこのみことばを語ってくださっていました。


主は、私に語られました。
「あなた」の計画ではない。
「あなた」の人生ではない。
「私」の計画だ。
「私」の人生だ。

あなたは今、私を差し置いて、
あなた自身の目標や夢を追い求めて、私にすがっている。
そうではない。
私の、この世をすべ治める、神である私の計画、私があなたに与える目的を、
ただ忠実に果たすのだ。


そう語られました。


実は、これに気づかず、
自分の思いや願いを1時間半も口にし続けた私に、
主は別のみことばを通しても働きかけてくださっていたのでした。

といのも、散歩の最中に、どこで見たのかは覚えていませんが、
「756」という数字が目に入りました。
家に帰っても、時間が経っても頭から離れないこの数字を不思議に思い、
聖書で75章6節か7章56節のある箇所を調べてみました。

すると詩篇75篇6節に行き当たりました。

高く上げることは、東からでもなく、
 西からでもなく、荒野からでもない。
 それは、神が、さばく方であり、
 これを低くし、かれを高く上げられるからだ。

                詩篇75:6,7



金曜日にこの箇所を読んだときは、
正直な話何も思いませんでした。
んー・・・勘違いだな。
そう思ってやり過ごしていました。


しかし、今はこの箇所が私に語られていることが本当にわかります。
主は、どうしても私に気づかせようとしてくださいました。

あなたが中心なのではない。
私が中心なのだと。


この詩篇の箇所を開き読むと、
同時に現在通読しているヨブ記のあるみことばが思い出されました。


私は裸で母の胎から出て来た。
 また、裸で私はかしこに帰ろう。
 主は与え、主は取られる。
 主の御名はほむべきかな。

           ヨブ1:21


ヨブのこの言葉が今、身にしみてわかります。


主が今日も生かしてくださいました。
主が今日も必要なものを与えてくださいました。


そういえば、
「主語」
って面白いですね。
「主が語られる」
って書くんですね。


主が語られたことばに耳を傾け、
主を中心にして生きること。


私は、また新しく生まれ変わらせていただきました。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。