Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙 ~ヨブ記からの学び~


今日も、主は私に命を与えてくださいました。
そして、無事に家に帰って来ることができました。
それだけで、感謝です。


実は今日、約1年振りに泣きました。しかも号泣です。


21にもなって、涙を流すなんてお恥ずかしい話ですが、
こらえても、こらえても、涙が止まりませんでした。


主に心から変えていただいてから7ヶ月、
失敗もありましたが、主を見上げて私なりに全力で走ってきたつもりです。
聖書を読み、祈り、主の御心を求めてやってきたつもりです。


しかし、ここ最近、
辛いことや、うまくいかないことが連続していました。
走れば走るほど、
「私が進んでいる道は、もしかしたら間違いなのかも」
と自信を失ってきていました。


そしてとうとう、
大学で先生にガツンと怒られて、一気に涙があふれてきました。
そして、涙と同時に、
「どうして・・・。どうして神さま・・・。
 私なりに、あなたに従っています。なぜこうなるのですか。
 なぜ、こんなにもうまくいかないのですか。」
そんな嘆きがこぼれてしまいました。



しかし、神は嘆く私を見捨てませんでした。
私に、助け舟を出してくださいました。


一通り泣き終えると、私は現在通読しているヨブ記を思い出しました。
実は1週間ほど前から、示されてヨブ記を読み始めていました。
しかし最初は、読んでも、読んでも、分かりませんでした。
私はヨブのように潔白ではないし、
ヨブほどの苦しみにもあっていないからです。


ただ、
「ヨブ、かわいそうだな。潔白なのに全てを奪われ、親友に責められて・・・。俺は耐えられないな。」

そう思う程度でした。


しかし、涙を流し終えたとき、このヨブが示されました。
そして、

「私なりに、あなたに従っています。なぜこうなるのですか。」

そうつぶやいた自分とヨブが重なりました。


先ほども言いましたが、私はヨブのように潔白な人ではありません。
多くの罪を犯し、主を悲しませてきました。
しかし、ここ数日を振り返る中で、確かに主が私に働かれたことを覚えました。

私は、家に帰ると、
ヨブ記を一気に読みました。
今までと違い、ヨブの言葉一つ一つが、
先ほどの自分の嘆きと重なり、
主のお言葉一つ一つが私の心に届きました。


そして、示されたことがありました。

その一つは、
主がこの宇宙も、地球も、海も、森も、人間も、全てを創られたお方であること。
主は、真の神であり、全知全能であり、全ては主の御手にあるということ。
そして、そのようなお方のなされることを、私のような小さな者が知るよしもないこと。
私は主の一方的な恵みによって生かされているということ。


そしてもう一つは、
主は、必ず私に最善の道を用意してくださるということ。
目の前を見れば、苦しいこと、悲しいことがたくさんあります。
現実問題、まだまだ解決しなければならないことは山積みです。
しかし、主に従い続ければ、主を仰ぎ見て恐れ続けるならば、
真の神であられる主は、私に最善を用意してくださるということ。

最高の幸せが保証されているということ。

それを再度、私は覚えました。

ハレルヤ!

ヨブは主に答えて言った。
 あなたには、すべてができること。
 あなたは、どんな計画も成し遂げられることを、
 私は知りました。
 知識もなくて、摂理をおおい隠す者は、だれか。
 まことに、私は、
 自分で悟りえないことを告げました。
 自分でも知りえない不思議を。
 さあ聞け。わたしが語る。
 わたしがあなたに尋ねる。わたしに示せ。
 私はあなたのうわさを耳で聞いていました。
 しかし、今、この目であなたを見ました。

                ヨブ42:1-5

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。