Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神に喜ばれる生き方って・・・?

おはようございます。
今日は、午前中の授業を休むことにしました。
どうも、体調が優れないのです。
重度の肩こり、悪寒、鼻炎。
大分弱まっていると感じます。

その中で、考えていることがあります。
それは、私の今の生き方は神の前に正しいのか否かということです。

今、それが分からないのです。


自分で言うのもなんですが、私は日々あらゆる努力をしています。

心に浮かぶもの、目に入るもの、耳に入るもの。
一瞬一瞬神経を集中させて、選択しています。

一日の全ての場における自分の行動、言動。
神経を集中させて、慎重に吟味してから行うようにしています。

もちろん、気が抜けて誘惑の対象に目や体が動くことだってありますし、
失敗や、失言をしてしまうことだってあります。

しかし、どんなときも、どんな場においても、
「神経を集中させようとしている」ことは胸を張って言えます。


でも、ちょっと疲れてしまいました。
いつもいつも、背筋を伸ばしていることに疲れてしまいました。

同時に、分からなくなってしまいました。
今の自分の生き方が正しいのか、主に喜ばれる生き方なのか。
確信がないのです。
もし、神に喜ばれる生き方なら、こんなに心身共に疲れることはないだろう。
と思ってしまうのです。


神に喜ばれる生き方とは何なのでしょう。

仮に、私が日々何も意識せずに、欲・感情のままに生活するならば、
「古い自分」の性質がとめどなく流れゆき、
失敗や失言はもちろん、大きな罪を犯してしまうことは目に見えて分かります。
そんな生き方を神は臨んでおられないことは分かります。

しかし、今の私のように、心身を疲れ果てながら、
地雷を踏まないよう、いつも目をギラギラさせて生きるのも、
なんか違う気がするのです。


神に喜ばれる生き方とは何なのでしょう。


こんな思いの内を母に相談しました。
すると、母は言いました。
「お母さんは、いつも肩に力はいってないよ。
 ありのままで生き生きと過ごしているよ。」

私は言いました。
「それは、お母さんが何十年も生きてきた中で、
 ありのままの状態で、神さまに喜ばれる者へと
作り変えられてきたからできるのであって、
それは、今の自分には適応されないんじゃないかな・・・。」


「そんなことないと思うな・・・。
 みっちは、何もかもを「自分の力」でねじ伏せようとしている気がする。
 でも、クリスチャンって人格を持つ聖霊さまが共にいてくださるわけで、
 聖霊さまの声を聞き、導かれることが必要なんだよ?」


「聖霊さまの声を聞く・・・か・・・。」


今朝のデボーションでも、全く同じことが書かれてありました。
さて、聖霊に満ちたイエスは、ヨルダンから帰られた。
 そしえ御霊に導かれて荒野におり、

                ルカ4:1

イエスさまも、ご自分の意志で「荒野へ行こう!」
と決められたのではなく、御霊に導かれて荒野へ行かれました。

私は、何もかも「自分がやらねば!!」
と思っていたのかもしれません。
自分が選ばなきゃ!
自分が気をつけなきゃ!
自分が行動しなきゃ!!

でも、それは違うのかもしれませんね。
正直なところ、今私はどのように生きることが
神さまに一番喜ばれることかが分かりません。確信がありません。

でも、今は分からなくても求めようと思います。
神さまに教えていただこうと思います。
私にとって一番ふさわしい生き方を。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。