Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十字架を負う者に!

こんばんは!
アドベント(待降節)第三週ですね。
旭川はいよいよ、冬が本格化してきました。

IMG_0976_convert_20101212180808.jpg


冬になると、なんか気分が上がらないですね(^^;

靴の中に雪が入ってくるし。
雪かきしなきゃいけなくなるし。
朝起きたらすごい寒いし。

でも、冬があるから春を楽しみに待てます。
辛く厳しい訓練の時期を乗り越えてこそ、
本当に充実した信仰生活を送れるのと同じですね♪


実は、ここ最近よく心留められる箇所がありました。
ルカの福音書に出てくるたとえ話です。


わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、そのうえ自分のいのちまでも憎まない者は、わたしの弟子になることができません。
自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることはできません。
塔を築こうとするとき、まずすわって、完成に十分な金があるかどうか、その費用を計算しない者が、あなたがたのうちにひとりでもあるでしょうか。
基礎を築いただけで完成できなかったら、見ていた人はみな彼をあざ笑って、
『この人は、建て始めはしたものの、完成できなかった』と言うでしょう。
また、どんな王でも、ほかの王と戦いを交えようとするときは、二万人を引き連れて向かって来る敵を、一万人で迎え撃つことができるかどうかを、まずすわって、考えずにいられましょうか。
もし見込みがなければ、敵がまだ遠くに離れている間に、使者を送って講和を求めるでしょう。
そういうわけで、あなたがたはだれでも、自分の財産全部を捨てないでは、わたしの弟子になることはできません。
ですから、塩は良いものですが、もしその塩が塩けをなくしたら何によって味をつけるのでしょうか。
土地にも肥やしにも役立たず、外に投げ捨てられてしまいます。聞く耳のある人は聞きなさい。

                        ルカ14:26-35



この箇所が心に留まったのは、単純な理由です。
この例えの意味がわからなかったからです!笑

①「十字架を負うこと」
②「塔の建設のために計画を立てること」
③「自分より強い敵に向かっていくこと」
④「自分の財産全部を捨てること」

この4つの話がどうつながっているのか。
イエスさまは、このたとえ話を通して、
何を伝えておられるのかが分かりませんでした。



必死に祈り求めました。
主は、求めるものに必ず答えてくださるからです。


そして、今日のデボーションmanaはちょうどこの箇所でした。
素晴らしいメッセージの中で、神さまが私に伝えようとしてくださることが分かりきました。


それは、「全てを主にゆだねること」です。


十字架を負うとは、自分の死刑台へと十字架を背負っていくことであり、
すなわち、「死ぬ」ということを意味するそうです。
クリスチャンは、肉の自分、古い自分に終止符を打たなければなりません。
殺さなければなりません。

しかし、それがなかなかできません。
事実私がそれでした。


この神さまについていくことが「きっと」正しいと分かってはいても、
なかなか全てをゆだねることができないのです。
古い自分、肉の自分が行ってきた習慣や考え方を一切捨て去って、
神さまについていくことに未練があるのです。


でも、少しでも古い自分を握っていたら、
神さまの祝福はありません。
全てを、肉の全てを捨て去る覚悟がクリスチャンには必要です。



塔の建設のたとえも、戦のたとえも同じです。
「中途半端」では、神のみわざは働らかないのだと思います。
全てを、全てを主にゆだねること。
財産も、名誉も、地位も、何もかも。

この地で尊ばれることや、自慢できるものは天では無意味です。
ただ、主のために生きること。
自分の十字架を背負うことがクリスチャンには必要だと思います!!



今日のメッセージで牧師が語られました。

「今の日本で、全てをゆだねることがどれだけ困難か。
 なぜなら、全てをゆだねなくたって生きていけますから。
 ごはんだって、服だって、悩みだって、なんだって。
 主に全てをゆだねて信頼すれば本当に素晴らしい人生が待っているのに、
 「なんとかなってしまうから」、すべてをゆだねていないクリスチャンが多い。」


本当にそうだと思います。
物質的には日本は本当に恵まれています。
ものがいっぱいありふれています。

それは、クリスチャンにとっても同じ。
神さまに目を向けなくても、必死になってすがらなくても、実際生きていけちゃうんです。
でも、それじゃ神のみわざは働きません!!



私はめちゃくちゃしょっぱいクリスチャンになりたい!!


私はもっともっと古い自分に死にたい。肉の自分を十字架にはりつけたい!
そして、
全てを主にゆだね御霊による新しい自分の中で、
一身に主のみわざを感じたい!!



強くそう思います!!

ハレルヤ

スポンサーサイト

-2 Comments

yu says..."ハレルヤ!"
Amen!
本当に、アーメンです!
祈ります!正に、私が今、その渦の中に居ます…。だからこそ、主に祈ります。イエス様の似姿へとどんどん聖化されて行ける様、共に祈りましょう。聖霊様がいつも共にいて下さいます!余談ですが、私も「clay」のデボーションを毎日やっているのですよ^^素晴らしいですよね☆今週も主にあって勝利!
2010.12.13 02:11 | URL | #- [edit]
みち says..."No title"
>yuさん
ハレルヤ!主の御名を賛美します。
分かち合えて、本当に感謝です。互いに、創造主であり、全知全能であられる神を一心に見つめて走り続けましょう。
yuさんのためにもお祈りしています。(^^
私もclayを使ってましたよ!週に1度の「聖書研究コーナー」が好きでしたw
今週も御霊に満たされて、キリストの証人となっていきましょうね♪
2010.12.13 10:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/191-c942688f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。