Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログの目的

コンコルダンスで、「良心」ということばを調べていると、
思いがけず、神さまから戒めを受けました。

それは、Ⅱサムエル記。ダビデのことば。

「ダビデは、民を数えて後、良心のとがめを感じた。
 そこで、ダビデは主に言った。
 「私は、このようなことをして、大きな罪を犯しました。
  主よ。今、あなたのしもべの咎を見のがしてください。
  私はほんとうに愚かなことをしました。」」
                  Ⅱサムエル24:10


ドキッとしました。

なぜなら、このみことばを読む直前まで、
ブログのアクセス数や順位を何度も見ていた自分がいたからです。
お恥ずかしい限りです・・・。



なぜ、ダビデは民の数を数えたのでしょうか。
そこには二つの罪があったのだと思います。

一つは、「不信仰」という罪です。
ダビデは度重なる戦の中で不安になっていたのだと思います。
それまで幾度となく絶望的な状況から神に助けていただいたにも関わらず、
目に見える「民の数」という精神的支えを求めてしまったのだと思います。

二つ目は、「高慢」という罪です。
ダビデが王に君臨してかなりの年月が経っていました。
おそらく彼は、あまたの戦の勝利や富、名声、
そして目に見えるように増えていく民を前にして、
高慢になっていたのだと思います。
「ここらで私の王国のすごさをあらわにしようではないか!」
そんな誘惑に負けてしまったのだと思います。


私もダビデと同じ、二つの罪を犯していました。
「不信仰」「高慢」という肉の思いに負けていました。



私はここらで、このブログの目的を再度確認し、
思いを新たにしなければならないと思います。


私がブログをやっている目的はただ一つ。
タイトル(✝o GLORY)の通り、
「主の栄光がほめたたえられるため」です。

だから、私の日々の歩みの証の中で、
少しでも皆様に主のご臨在と栄光を感じていけだけたのなら、
その時点で私のブログは目的を達成しているのです。

読んでくださっている方の数やブログの順位は、
その中での、ある一部分の結果に過ぎません。


それなのに、私は目的を忘れて、
すぐ目に見える結果を求めてしまいます。頼ってしまいます。
そこで、一喜一憂してしまいます。

それは一重に、
私が今までずっと「結果主義」、「評価主義」の中で生きてきたからだと思います。
目に見える結果の中で、くだらないプライドをつくり、自分を保ってきたからだと思います。

その習慣が、その性質が、肉の私にしつこくこびりついています。


しかし、クリスチャンの生き方って違うんですよね。
イエスさまに自分の心の真ん中に座っていただき、
神さまに自分の思いとか夢とか、全てをゆだねる生き方。
目に見える結果にではなくて、ただ神さまにより頼む生き方。
それがクリスチャンの生き方です。

「私たちは、見えるものにではなく、
 見えないものにこそ目を留めます。
 見えるものは一時的であり、
 見えないものはいつまでも続くからです。」
              Ⅱコリント4:18

目に見えないものに目を留める心。
私には、それが必要です。


こんな未熟で、弱さだらけの佐々木満ちるですが、
今後とも応援してくださると感謝です。


おやすみなさい。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/199-73275b6f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。