Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーマルクリスチャン

こんばんは。只今、朝3時46分。

早く起きてしまったわけではありません。ただ、眠れないだけです。ついさきほどまで、父と母と2時間近く話しました。たわいもない思い出話から、クリスチャンのあり方、父と母が与えられているミッション、そしてこれからの日本について。本当に素晴らしい交わりの時間でした。その中で学んだこと、感じたことを熱が冷めぬうちにシェアしたいと思います。


私は、つい最近まで父と母の日々の歩みが、生き方が全く理解できませんでした。父と母の生き方は、決して生産的なものではないのです。あえて人間的な言い方をすれば、「行き当たりばったり」であり、「費用対効果を全く考えない生き方」なのです。そして、何より「傷ついて、傷ついて、傷つく生き方」なのです。しかもそれが教会生活のみならず、日常生活もなのです。


私はそんな2人をずっと見てきて、いつも心のどこかで馬鹿にしていました。

「この2人は、何をやってるんだろう?こんなに頑張ってるのに、全然結果として出ていない。形として現れていない。むしろ苦しいことや傷つくことだらけ。なんでこんなに辛い目にあって、それでも走り続けるんだよ。」


時には、直接2人に言ったこともありました。

「2人の生き方のここは間違ってる。だから結果がでないんだ。もっと○○すべきなんだよ。そんなんじゃいくら頑張ったって何もつかめやしない。何も生み出せやしないんだ。」
父と母が悲しそうな顔をしながらも、私の言葉に耳を傾けていたことを今でも覚えています。



しかし、私自身聖書を読み、祈り、主のご臨在を感じさせていただいた中で、私は自分がどれだけ愚かだったか悟っています。同時に、両親に対して抱いた身勝手な思い、責めた発言を悔い改めています。
まさに私は、「目の鱗がはがれおちた」かのように、父と母の生き方を知ったのです。


そう、父と母の生き方、それこそ「イエス・キリストの生き方」だったのです。


イエス・キリストの生き方。それは、目に見えるこの世の結果ではなく、父なる神の御心が実現することのみを求める生き方です。それは、誰にでも愛されて人気者になる生き方ではなく、傷ついて、苦しんで、それでも愛し続ける生き方なのです。父と母は、聖書を読み祈りながら、北見という小さな町で、誰にも評価されずとも神の御心が実現するために、人を愛し、愛しぬいていたのです。


今回のことを通して私は、改めて大切な真理に気付かされています。それは、私たちクリスチャンのゴール、目標は「イエス・キリスト」お一人だということです。


A子さんはまじめで人見知りだから○○タイプのクリスチャン!B男さんは明るいし、人気者だから△△タイプのクリスチャン!僕は特別とりえもないし、□□タイプかな?

そうではないのです!私たちのゴールはイエスさまお一人。言い換えれば、クリスチャンは本当に聖書を読み祈り、忠実に従っていけば皆が似たものになっていくはずなのです。もちろん、一人ひとり与えられている賜物、能力は違います。しかし、生き方として、考え方として、皆がイエス・キリストへと近づき、一致していくはずなのです。


去年のKGK夏期学校キャンプにおいて、タイの小さな民族に宣教されている先生がおっしゃいました。
「皆さん。自分の十字架を背負ってください!十字架に死んでください!
 これは、何も熱いクリスチャンだけがすべきことではなく、
 皆がそうすべき、いやそうしなければならないことなのです。
 これが、ノーマルクリスチャンです。」



私は確信しています。日本のリバイバルは、どこかで革命的なイベントが開かれ、そこで起こる!そういうものではないということを。リバイバルは、どこにでも起こりうると思うのです。私も含め、日本のクリスチャン一人ひとりが、聖書を読み、祈り、自分の十字架を背負い、そして一心にイエス・キリストの似姿へと変えられていこうとするなら、その人の周りは一人またひとり、必ず変えられていくはずです。なぜなら、創造主なる神の真理は、みことばは、必ず人間の心に届くからです。一人でも多くのクリスチャンが「ノーマルクリスチャン」として歩み始めたとき、日本にはリバイバルが「起こっている」のだと思います。


こんな大口をたたく私は、まだまだ未熟なクリスチャンです。弱く、脆く、罪深い者です。しかし、私は求めます。ノーマルクリスチャンになることを。イエス・キリストの似姿へと変えられていくことを。


「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」Ⅱコリント3:18

スポンサーサイト

-6 Comments

someone says..."No title"
これからも、神様とともに新しい目でいろんなことを見つめてくださいv-16
2011.01.08 13:48 | URL | #- [edit]
みち says..."No title"
>Nさん
コメントありがとうございます!
主にあって、日々新しくされていきたいと思います♪
2011.01.09 21:46 | URL | #- [edit]
おほほ弟子 says..."わたしも混ぜてね!!"
ノーマルクリスチャン!!!(まだまだですが・・・・・・)
そして・・・・・素敵なご両親ですね。

2011.01.11 20:50 | URL | #- [edit]
みち says..."No title"
>おほほ弟子さん
こんばんは、ご訪問&コメントありがとうございます♪
私自身・・・。ノーマルクリスチャンにはほど遠いものです。
このような土の器の私を用いてくださっていることに、ただただ感謝です。

今日も、おほほ弟子さんが、主にあって歩まれるようお祈りしています(^^
2011.01.12 00:24 | URL | #- [edit]
dai531 says..."No title"
アーメン。
2011.02.10 08:15 | URL | #- [edit]
みち says..."Re: No title"
daiさん、いつもブログを見てくださって感謝します。
主の前にへりくだり、主に喜ばれるクリスチャンとして歩んでいきましょうね♪
2011.02.11 10:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/212-6bd3754b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。