Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、時は流れる

こんばんは!主の御名を賛美します。


学校がすでに始まっていますが、現在は「講座配属」といって特定の科に所属して勉強しています。私が選んだのは、寄生虫学講座。チベットの人から検出されたサナダムシという寄生虫の遺伝解析をしています!(分かってます。かなり、マニアックです!笑)1ヶ月弱の短い時間ですが、寄生虫学の先生方の元でいろいろ学ばさせていただこうと思います!


今日は、授業の後、同じ大学のクリスチャンの友だちS君と一緒にご飯を食べながら交わりのときを持ちました。これからの旭川医大の聖書研究会について、KGK(キリスト者学生会)の働きについて、それぞれの信仰生活の歩みについて。互いに腹を割って話し合い、励ましあうことができました。感謝です。


その帰り道、しみじみと考えさせられたことがありました。
それは、「時は常に流れている」ということです。

当たり前ですよね。当たり前なんですが、それでも大事なことだと思います。


以前どこかで下のような言葉を耳にしました。

「生まれた環境によって与えられるお金や教育、
 そして各々が先天的にもつ能力などは不平等である。
 私たちはそれらを自で選び取ることができないからである。
 しかし、平等なものがある。
 それは時間である。
 裕福な人も、貧乏な人も、賢い人も、そうでない人も、
 皆が平等に与えられているもの、それが時間である。」




本当にこの言葉の通りですね。その人が今どんな感情で、どんな環境にいて、どんな能力であろうと、今刻一刻と過ぎている、1秒、1分、1時間、そして1日は平等に与えられています。


それでは、私たち人間にとってその平等に与えられている時間を、いかに使うことが最も有効であり、価値あることなのでしょうか。


クリスチャンである私は、確信しています。時間を最も有効に使うということは、その一瞬一瞬を主にあって勝利することだということを。毎日の些細な出来事の中での小さな勝利を積み重ねる中で、少しずつ、でも確実に成長していくのだと思います。


私がこの文章を打っている今も、1秒1秒、絶え間なく時は流れています。この時間を主にあって用いるか用いないか、勝利するかしないかは、その人次第です。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/215-cefe7f9e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。