Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「励ます」ということ

こんばんは。主の御名を賛美します。

今日の旭川は寒いです。窓越しに伝わる外の寒さ。気づけば体が、ストーブの近くによっていきます。北海道の寒い冬はこれからが本番です。実は、1月下旬から2月にかけてどんどん気温が下がっていくんです。皆さんも、風邪を引かないようにお気をつけください。


今日のmanaの中で、ある箇所が心に留まりました。

「「きょう」と言われている間に、日々互いに励まし合って、
 だれも罪に惑わされてかたくなにならないようにしなさい。
 もし最初の確信を終わりまでしっかり保ちさえすれば、
 私たちは、キリストにあずかる者となるのです。」
                   ヘブル3:13,14



果たして、「励ます」とはどういうことなのでしょうか?

祈ることでしょうか?
みことばを送ることでしょうか?
適切なアドバイスをすることでしょうか?
話を聞くことでしょうか?


私は思うんです。
「励ます」ということは、「愛する」ことだって。

行いとして、相手を元気付けるためにどんなことをしようとも、
そこに愛がなければ空しいのだと思います。


イエスさまが私たちに示してくださった愛。
私もその愛をもって、友を、兄弟姉妹を愛したい。励ましたい。
今、心からそう思います。


主は、私の神ではありません。
主は、私たちの神です。


皆さん、心から互いに愛し合いませんか?
心から互いに励まし合いませんか?
私たちが「きょう」と言える間に。

スポンサーサイト

-3 Comments

makoto says..."No title"
リンクさせていただきました。

イエスは言いましたね。

あなた方の間に愛があれば、それによってすべての人は
あなた方がわたしの弟子であることを知るのです。と

神の属性でる愛・知恵・公正・力をイエスは表しました。

イエスの手本に見倣い、神の示される道を歩んでゆきたいですね。


2011.01.20 12:19 | URL | #- [edit]
忍 says...""
僕は以前まで自分は難病の身体だから、健康な人のように、行いとしての愛の実践ができないと悩んでいました。
でもそうではない。

たとえ僕のような難病の人であっても、祈りの賜物は誰にでも与えられていますよね。
人のために愛を込めて祈ることが、隣人愛の真髄なのだと思うようになりました。
もちろんその後の実践も大事だけど。。

まずは祈ることから始めていきたいです☆
2011.01.20 20:40 | URL | #- [edit]
みち says..."No title"
>makotoさん

初めまして!そして、ご訪問&コメントありがとうございます!

そして、リンクもしていただき、ありがとうございます(^^
今までリンクの仕方などやってみたことがなかったので、
これを期に私もリンクのプラグインを設置して見ます。

もちろん、makotoさんのブログをリンクさせていただきます♪

>あなた方の間に愛があれば、それによってすべての人は
あなた方がわたしの弟子であることを知るのです。

本当にその通りです。
人間はみんな一人ひとり異なる人格、異なる個性、異なる能力を持っており、そのままで「一致」を目指してもいつか限界がくると思います。

でも、救い主であり、神の御子である主イエス・キリストを介したとき、
人はみんな心から分かり合い、愛し合い、励まし合うことができると思います。


これからも、よろしくお願いします♪


>忍さん

こんばんは!風邪の具合はいかがですか?早く治るようお祈りしました。

「祈りの賜物はみなに与えられている」
本当にその通りですね。
近くにいなくても、その人と会った事がなくても、私たちは祈ることができる。それって、本当に感謝なことですよね♪

愛をもって、一日一日生きていきましょうね!
祈りを通して、
2011.01.20 21:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/222-c2576ee5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。