Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.1.23 礼拝メッセージ

こんばんは。主の御名を賛美します。

今日は主日礼拝。今日のblogでは、久しぶりに礼拝メッセージから教えられたことについて分かち合わせていただこうと思います。


今日のメッセージのタイトルは「前進をはばむ、大きな城壁」
聖書箇所はヨシュア記5:13-6:3でした。

************************************************
(以後メッセージの要約)

ヨシュアはモーセの意思を引き継ぎ、
いよいよ約束の地カナンまでたどりつきました。
しかし、いざカナンの地を目にしたとき、
そこに住む人たちの城壁の強大さに驚きました。

ヨシュアにとって、この地を手にするということは不可能に思えました。


しかし、聖書をよく読むとき、
確かに城壁の強大さ、強国さという現実に直面していましたが、
一番の問題はヨシュア自身の内側にあったことが分かります。

そして、その問題はヨシュアが語った次の言葉に隠されているのです。

「あなたは、私たちの味方ですか。
 それとも私たちの敵なのですか。」ヨシュア5:13


この言葉の何が問題なのでしょうか?
ヨシュアの内側にどのような問題があるのでしょうか?


それは、「敵意」です。

ヨシュアは乗り越えられないような現実、逆風の中で、
神の力により頼むことを忘れて、
肉の力である「敵意」という動機に重きをおいていたのです。

神はいつも、うわべではなく心を見るお方です。
その人の、動機、モチベーションをご覧になるのです。
このときのヨシュアの動機は、主に喜ばれる者ではありませんでした。


皆さん、戦争がなぜ起こるのだと思いますか。
なぜ、絶え間なく人殺しが続くのだと思いますか。

それこそ、この「敵意」です。
人間の肉からでる「敵意」こそが、
相手をののしり、退けようとする思いなのです。


この過ちはヨシュアだけのものではありません。
私たちも、肉から「敵意」という思いが湧き上がって来るのです。
周りを苦しめ、ぶつかろうとする思いがあるのです。
それを人間的に、理性的に取り除こうとしても困難です。

しかし、私たちはこの「敵意」を退けることがおできになる方を知っています。
そのお方こそ、主イエス・キリストです。
主イエス・キリストの愛によって、敵意は愛に変えられていくのです。


「キリストこそ私たちの平和であり、
 二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、
 ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。」
                エペソ2:14,15



ヨシュア記へと戻りましょう。
「あなたは味方か、敵か?」
そう言ったヨシュアに対し、主は言われました。

「いや、わたしは主の軍の将として、今来たのだ。」ヨシュア5:14

そうです。私たちクリスチャンの将軍は、主お一人です。
確かに、ヨシュアはエジプトからカナンまでイスラエルの民を導きましたが、
そのミッションは主が与えたものであり、ヨシュアは主のしもべなのです。

私たちも、自分を将にしてはいけません。王様にしてはいけません。
主が私たちの将なのですから。


このあと、ヨシュアは悔い改めて、主の前にへりくだります。
自らが主の「しもべ」であることを再認識するのです。

そしてついに、ヨシュアは約束の地カナンを手にするのです。

私たちも、主の前に敵意を捨て去り、へりくだり、
主を私たちの将として歩んでいきましょう。
そのとき、主のみわざが働かれることに気付くでしょう。


************************************************


私は今日のメッセージを通して、
改めて自分の信仰状態を再点検することができました。

クリスチャン生活は、「再点検、再出発」の繰り返しだと思います。

聖書、祈り、礼拝を通して自分の霊的状態を再点検する。
過ちを犯しても、失敗しても、主に立ち返る。

それを日々、誠実に忠実に繰り返すことが、
クリスチャン生活の基本であり、必要不可欠なことだと思います。


今日からまた新しい一週間が始まりました。
口だけではなく、行いとして表わす者として、
主の前にへりくだる忠実なしもべとして、
今週一週間も送りたいと思います!


皆さんの一週間が、主に喜ばれるものであり、
日本全国で主の栄光が現れますように!

スポンサーサイト

-2 Comments

dai531 says..."分かち合い感謝です。"
1人1人、主を主と崇め・・・聖霊様によってへりくだり・・・愛し合う・・・ああ~なんて素晴らしいんだろう。

頭の中と主に愛されている実感から神の国の素晴らしさを覚えます。

しかし・・・現実の自分は、どうであろう。

クリスチャン同士でも赦せない事もあったり・・・
神様を信頼し・・・日々、御言葉に自我を砕かれて・・・歩める様に・・・

お祈りお願い致します。

僕も祈ります。。。
2011.01.26 01:22 | URL | #- [edit]
みち says..."No title"
>dai531さん
おはようございます♪
ご訪問&コメント、ありがとうございます(^^

私たちクリスチャンが、人間的に周囲のクリスチャンや周りの人たちを愛そうとしても限界がありますよね・・・。
でも、愛の源がイエスさまならば、このエネルギーは果てしなく続くんですよね!

dai531さんが、主に信頼し、みことばにあって歩めるようにお祈りしています!
2011.01.27 11:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/225-81b83989
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。