Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心は脳にある?

こんばんは。主をほめたたえます。


今日は、精神科医の先生とのご飯会があり、
ついさきほど帰宅しました。


以前から何度か書いてきましたが、
私は精神医学に非常に興味があります。


精神医学って・・・面白いんです。
他の医学分野、例えば循環器や消化器、整形外科などは、
「身体医学」とも言い換えることができ、

どこが悪いのか?

どのように悪いのか?

そういったことが、生物学的に、
言い方を変えれば客観的に分かりやすい分野です。


そりゃそうですよね。
心臓が大きくなっていたらレントゲンで分かるし、
胃に穴が開いていたら内視鏡で分かります。
骨が折れたときには、肉眼的にも分かります。


でも、精神医学は違う。
確かに「器質的精神病」といわれる、
アルツハイマー病やてんかんなどのように、
実際に目で見て異常が分かるものもありますが、

うつ病などの感情障害、統合失調症などは、
客観的に、定量的に判断することは困難です。


すなわち、精神医学というのは、
①自然科学的、生物学的方法
②心理学的方法、その他文化科学的方法

この両者の中間?のような医学なんです。


もっと砕けて言うならば、
「目に見えるもの」と「目に見えないもの」の
両方を扱う医学とも言えるでしょうか?



そして、クリスチャンの私が何より気になるのは、
「心」と「体(脳)」について。
私は聖書を一字一句信じています。
ゆえに、体(脳)で心の全てを説明できないと確信しています。


一方で、精神科医の先生方は、どのように思っておられるのだろうか?

そう思って、今日尋ねてみました。



「先生方は、心は脳にあるとお考えですか・・・?」




すると先生方は皆、だんまり。


やっぱり、この問題については、
先生方も明確な答えを持っておられないようです。


しかし、ある先生がおっしゃいました。

「僕自身、心の全てが脳にあるかは分からない。
 でも、精神医学という観点では、心は脳にあると考えて、
 判断することが基本かな・・・。」


なるほど・・・と思いました。



そして、いろんな先生方に聞いてみると、
「心」と「脳」に関する多くの本が出ているみたいで、
紹介してくださいました。

これは大きな収穫です。



繰り返しになりますが、
私はクリスチャンです。
ゆえに、聖書に書かれてあることを一字一句信じています。
一方で、神さまが私たち人間に与えてくださったもう一つのバイブル、自然。
もちろん、私たちの体も神が与えてくださったメッセージの一つ。

もっともっと勉強して、
「心」と「脳」について理解を深めていきたいなって思います。

スポンサーサイト

-6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.02.02 18:56 | | # [edit]
佐々木満ちる says..."名無しさんへ"
名無しさんへ
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
そうなのかもしれませんね。
「こころ」を意識するというのは、クリスチャンだからというのもあるのかもしれません。
そのテレビ番組は見ていませんが、興味深いですね・・・。
全然勉強不足で、わからないことだらけですが、こうやって聖書と自然という二つの啓示を通して、神様の偉大さを知ることができる私たちは、本当に祝福されていますね♪
2011.02.02 21:05 | URL | #- [edit]
tinnen says..."No title"
今日の授業
「ぉ、超タイムリー!」
とか思ってたら、結局、「脳」にあるという話で進めます。
という感じになっちゃったよね。
養老孟司の「唯脳論」とか、俺には高校の時センセーショナルだったんだけど、それに対する批判とかもネット上だと面白いよ。

クリスチャン的には脳って心を生み出すものとは考えられないの?
物心二元論ってデカルト(物体と精神=延長と思惟)だっけ。なんか満ちるの書いてることってそれに似てるよね。
2011.02.02 23:26 | URL | #- [edit]
みち says..."Re: No title"
>tinnenさん
ご訪問&コメントありがとう♪

そうそう!俺も授業に「心とは何か?」ってスライド出てきたとき目輝かせてたんだけどねw
やっぱり精神医学という観点からすれば、「心は脳にある」って立ち位置が基本みたいだね?

養老さんは、「唯脳論」についての本も書いてるんだ!面白そう・・・読んでみたいなw

> クリスチャン的には脳って心を生み出すものとは考えられないの?
> 物心二元論ってデカルト(物体と精神=延長と思惟)だっけ。なんか満ちるの書いてることってそれに似てるよね。

んー。この点については、俺もまだまだ聖書の勉強不足で、安易に断言できないから、現段階の、俺の個人的な見解になってしまうんだけど。

俺はもちろん、脳の機能が心に関係しているとは思う。言い方を変えれば、脳が心を形成する上での一側面を担っていると思う。例えば、視床下部の欲望とか、前頭葉の理性とか、いろいろ授業でやったよねw

でも、一方で、脳という「肉体」だけで、心の全てを理解することはできないとも思う。

だから少なくとも、「体(脳)」と「心」を別個に考える二元論ではないような・・・気もする。


曖昧な答えでごめんねw
2011.02.03 09:10 | URL | #- [edit]
あだち says...""
  失礼します。     

  「アル中を癒され」「脳梗塞より生還」「倒産によるサラ金地獄」
より、御言葉によって「癒され・救われた者」の「証」です。  
     
 「心のマーケティング」のご案内
      http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/
     
        ご笑覧ください。     安達三郎  
2011.10.29 21:28 | URL | #yjwl.vYI [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
あだちさん

ご訪問くださり、ありがとうございます。
こうして、あだちさんと出会わせてくださった神さまに、ただただ感謝します。
2011.11.03 23:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/236-a7ec2e2a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。