Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション

こんばんは!主のみなをほめたたえます(^^

今日は、学校祭のための執行部のミーティングがありました!
朝11時半から昼3時まで。

途中休憩もありましたが、結構な時間ですよね!


でも、実際に顔を合わせて話をできたので、
話がスムーズに、とんとん進みました。

やっぱり、何かについて話し合ったり、
何かを決定するときは直接会うのは大事だなって思います♪


そんなこともあって今日は、
「コミュニケーション」について思うことを書きたいと思います。


実際、今の時代ってコミュニケーションツールの発展が目覚しいと思うんです!


facebook
mixi

そして、

twitter


インターネットという新しいメディアの登場によって、
私たちのコミュニケーションは大きく変わりました。

これは「革命」といえるほどに大きな出来事だと思うんです。


インターネットが無かった時代、
「あの人どうしてるかな?」

って思ったそのとき、その人の近況を知るには、
電話しかありませんでした。


でも、電話ってなんかかしこまっちゃうんですよね。

「プルルルル・・・・ポチっ」


「もしもしなしたー?」


「いや、特に何も・・・。元気かなーと思って。」


そんな会話は、家族とか親友とか、
本当に親しい人じゃないとできないですもんね。



でも、インターネットの登場によって
家族、親友、友だちや知り合いはもちろん、
一度コンタクトを取っただけの人たちのことを、
手軽に気軽に知ることができるんです(^^


それが、同じ市内でも、地球の裏側でも!


特に、twitterなんて、
一度もお会いしたことがない方の近況を知ることだってできるんです!



本当にすごい時代になったなぁ・・・って思います。


世界がどんどん小さくなっていっているように思います。



でも、そんな今だからこを、
「コミュニケーション」について考えるべきだと思うんです。
「コミュニケーション」の原点を忘れてはならないと思うんです。





去年3月に神さまに出会ってから1ヶ月くらい、
私は燃えに燃えてました。笑

イエスさまのこと伝えたい!
イエスさまのこと知って欲しい!!


そう思って、近くにいた人たちに片っ端から福音を語っていました。


それが一概に悪かったとは言えません。
でも、そのときの私の伝道は私からの一方通行でした。


それに気付かされたのは、昨年のKGK夏季学校。
フィリピン人の宣教師の先生がコミュニケーションについて語られました。


「皆さん、注意しなければならないことがあります。
 コミュニケーションとは双方向のものなのです。
 あなたから一方的に発信するのではなく、
 相手の人の感情や状況を配慮しながら、
 互いにつくりあげていくものなのです。」



その言葉を聞いて私はハッとしたんです。
自分の伝道は一方通行だったことを。



これは伝道だけじゃありません。

人と人とのかかわりは、「双方向のコミュニケーション」なんです。

一方的に自分の思ってることをしゃべり続ける人。
その一方で、人の意見は受け入れようとしない人。

そんな人からはみんな離れていってしまいますよね?



イエスさまの生き方を見ても、それは分かります!
弟子たちにメッセージを語られる一方で、
弟子たち一人ひとりの状況を察して話しかけられました。
弟子たちからの質問や意見に、丁寧に応えられました。


私も、自分自分!とならず、
双方向のコミュニケーションを意識していきたいと思います!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/239-fb110273
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。