Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語

こんばんは(^^♪

皆さんは、週末をいかがお過ごしですか?ゆっくり休んでくださいね!私はというと、ここ数日はバタバタしていました。同時に、体調管理もちゃんとしていないせいか、どうも本調子に戻りません。明日は礼拝なので、今日は早めに寝て備えたいと思います!


実は今日、映画「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」を観に行ってきました!これまでの2作とも見てきましたが、3Dで観るのは今回が初めて。迫力がありました!

ご存知の方も多いと思いますが、ナルニア国物語の原作者、C.S.ルイス氏は熱心なクリスチャンであることが有名です。それゆえに、ナルニア国物語の中にはところどころ、聖書の世界観が広がっているんです!

例えば今回の第3章では、イエス・キリストの誕生に観られたダビデの星や、モーセを通して起こった海を分かつという奇跡などがストーリーの中で描写されていました。これから見に行かれる方は、是非是非捜して見てくださいね(^^♪


中でも私の心に止まったのは、ストーリーの中に出てきた「欲望との戦い」でした。悪の巣窟に向かう途中、敵は皆を邪悪な道へと引きずり込もうとします。彼らは巧妙で、一人ひとりの心の奥底に持つ「欲」に働きかけるのです。

皆さんは、「欲」について考えたことがありますか?当たり前ですが、私たちは皆、顔や背丈、性格や能力が異なるように、「欲」も異なります。聖書にこのような言葉があります。


「人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて誘惑されるのです。」ヤコブ1:14


人それぞれ持つ欲は異なり、その欲に引かれていくのです。例えば、今回の物語のルーシーという女の子は、お姉さんのスーザンの美貌を羨み、自分もその美を手にしようと躍起になってしまいます。また、ユースチスという少年は、金品という富に目がくらみます。そしてついには、その富のためにドラゴンへと姿を変えられてしまいます・・・。(これ以上書くと営業妨害ですねw)


人それぞれ持つ欲、強い欲は異なりますが、それらに身を任せてしまったその先には悲しい現実しか待っていません。欲は身を任せるものではなくて、自制し、コントロールするものだからです。

最近は、少しでも油断をすると、すぐに自分の欲にリードされてしまう時代にあると思います。テレビでも、コンビにでも、自分の目と耳と心を制御しなければ、あらゆるものが欲を引き出してくるのです。


人生は、ナルニアの冒険と同じく、日々この欲との戦いです。ただし、その欲に、試練に打ち勝つとき、その先には素晴らしい祝福が待っています。


「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです。」ヤコブ1:12

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/256-2bd52450
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。