Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐れと愛

こんばんは。

生ける主をほめたたえます。


旭川医大震災復興支援プロジェクトは、順調に進んでいます。週明けには学校及び学長からの承認を受けて、本格的に始動することができそうです。主に感謝します。




実は昨夜、私は悪夢を見ました。

その内容を書いても仕方ないので書きませんが、あまりの恐怖で夜中の3時に目覚めました。そして聖書を読み祈って、再度寝床に就きました。するとどうでしょう。またしても悪夢なのです。しかも今度は2つ続けてです。

7時半に起きた私は、まだ朝なのに疲れきっていました。


朝ごはんを食べながら、これまでの21年間に見た悪夢を思い出していました。すると、小学校2年生、また小学校5年生のときに見た悪夢を鮮明に思い出しました。

もちろんそのほかにも見ているのでしょうが、私の記憶に残り続けるような悪夢としては、これで3度目だったのです。


小学校2年生、5年生のとき、悪夢を見てから1週間近く夜が恐くなりました。今はどうでしょう。実は21になった今も、同じように夜が恐くなっている自分がいます。笑


大の大人が夜が恐いなんて、恥ずかしいですね。

でも、こんなに未熟で幼稚で恥ずかしくても、これが今の私です。



しかし、主は人知をはるかに超えた不思議な方で、私に助け舟を与えてくださいました。主の、聖く尊いみことばです。

「愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。」
                   Ⅰヨハネ4:18



朝のデボーションでこのみことばに出会いました。救われた思いでした。心から主に感謝しました。




愛は恐れを締め出します。その愛の源はどこでしょうか?イエス・キリストです。しかも、この愛は尽きることがなく溢れ続けているのです。これほどの恵みはありません。


これから生きていく中で、今では考えもつかないような恐怖に出会う日が来ることでしょう。なんてったって私は「夜」をも恐がっているのですから。


しかし、今もそしてこれからも、満ち溢れるイエスさまの愛によって、この恐れを締め出していただこうと思います。


「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」Ⅰヨハネ4:10

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/268-62c97fc0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。