Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスさま

こんばんは。主の御名を賛美します。


今、風邪を引いています。今は大分落ち着いて37度台の微熱ですが、まだ頭痛と寒気が続いています。

実は、土曜日から2泊3日で合宿に行っていたんです。1日目から嫌な予感はしていたんですが、2日目には案の定熱が上がりユースホステルで寝込んでいました。そして昨日帰ってからも同じ感じです。


正直、辛いですね。小さい頃から体の弱い子だったんですが、同時に気持ちも弱い子でした(^^;

風邪を引くと弱気になるんですよね(笑)ネガティブになってみたり、元気無くしてみたり、だからブログのカテゴリにも敢えて「病のとき」っていうのを作っておきました(^ー^)


風邪引いて、一人で家に居て、ゆっくりと春休みを振り返ってみました。このブログには書ききれていませんが、実はいろんなことがあった春休みでした。

思えば、私の人生が180度変わったのも、春休みでした。あのときのことは、一生忘れません。

つくづく、この1ヶ月ちょっと春休みが私にとって大事な時間なんだと示されています。


そしてここらでこの1ヶ月を振り返ってみて、まとめようかな!なんて思ったんですが、まとまらないんです。敢えて一言にするならば、

「どうすればいいかわかんなくなった」

って感じです。


私が今まで頭の中でつくってきた、「土台」がだるま落としみたいにどんどん崩されていったんです。理詰めで組み立ててきた積み木がガラガラ崩れていったというか・・・。なんか上手く伝えることができなくて歯がゆいです。


こうして崩れ去ったものを前にして、何が残ったか?何を思ったか?というと。

「希望」

なんです。いや、こんなに格好言葉でおさめることができないかもしれません。でも、ただなんとなく前のほうにある光のような望みのようなものが残りました。

それこそがイエスさまでした。


積み木がガラガラ崩れる一方で、自分の未熟さや弱さや罪深さが見えていくという窮地の中、

「イエスさまのもとに帰りたい。イエスさまならなんとかしてくださる。イエスさまに頼りたい。」

って飾り気なく思えました。自分でも不思議でした。

私はまだまだ未熟です、いや「熟す」なんて言葉が当てはまりません。何しろ形にもなっていないですから。

でも、私はイエスさまという光から目を離しません。


イエスさまは必ず守ってくださる。必ず助けてくださるお方です。

「わたしは、あなたがたに平安を残します。
 わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。
 わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。」
                      ヨハネ14:27

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/272-c3fe1f38
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。