Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことば

こんばんは♪本日、2回目の更新です。

旭川も大分暖かくなってきました。

まだ沿道に雪が残っていますが、日の暖かさが春の訪れを予感させます。


このblogのタイトルは「ことば」と付けました。

皆さんは、「ことば」と聞いて何を思い浮かべますか?

私は最初、何も思い浮かびませんでした。

ただ、ことばって面白いなって思いました。


文字として、紙に形を残すことができます。

波長として、録音機に形を残すことができます。

思いとして、心に形を残すことができます。

ことばって本当に不思議です。


聖書にこんなみことばがあるんです。

「初めに、ことばがあった。

 ことばは神とともにあった。

 ことばは神であった。」ヨハネ1:1



私は初めてこのみことばに出会ったとき、とても不思議な感覚に包まれたことを覚えています。

正直、そのときはこのみことばの意味もわかりませんでした。

ただなんとなく暖かくて幸せな感覚に包まれました。


今になって考えてみれば、その感覚がすでに、

「ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」

というみことばを証していたのかもしれません。


私は今まで、ことばは単なるツールの1つだと思っていました。

自分の思いや考えを伝える、コミュニケーションツールの1つだと。

でも、違いました。


人から発されたことば、人が書き残したことば、人が思ったことばは、

それを聞き取った人、読み取った人、感じ取った人の心に生き生きと伝えられます。

もちろん、「うん。」とか「そうだね。」とか無機質なことばはあります。

でも、励まされたことばや、しかられたことばなど有機質なことばがあるんです。

ことばは人を支え、人をつまずかせることのできる生き物みたいなものだと思うんです。


そのことに気付かされたとき初めて、

「ことばは神であった。」

の意味が少しだけ分かったように思います。


このことばにも、イエスさまが共にいてくださると信じつつ...


to be continued...

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/274-67658c36
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。