Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰によって、救われた。

聖書に、こんなお話があります。



イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを出られると、テマイの子バルテマイという盲人の物ごいが、道ばたに座っていた。
ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と叫び始めた。
そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、「ダビデの子よ。私をあわれんでください」と叫び立てた。

すると、イエスは立ち止まって、「あの人を呼んで来なさい」と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになている」と言った。
すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。
そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」

するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。(マルコ10:46-52)






私は牧師の息子です。だから、このお話も何度か父から聞いてきたものでした。

でも最近になって、改めてこの箇所から、イエスさまの素晴らしさを教えられています。



私の心が揺さぶられたのは、イエスさまの最後のおことばです。
「あなたの信仰があなたを救ったのです。」






私たち人間は色んな定規を持っています。
そして、その定規で自分や周りの人たちを測ります。


まずは、「富」という定規。
これはシンプル。みんな共通のかつ分かりやすい定規です。
この定規で、その人の価値の大きさを測ってしまうことがあります。


次は、地位という定規。
これは厄介です。名前を変えますが、あらゆるところにこの定規は存在します。
これは役職かもしれませんし、職種かもしれません。
気付かぬ内にこれらに縛られ、これらが人生の目的となってしまったら落とし穴です。


そして、能力という定規。
学力、運動神経、音楽的才能、話術etc...
人目についたり、人を楽しませたり驚かせたりできる能力は、特に「大きい」ものとして測られます。


まだまだ色んな定規が存在します。
気付かぬ内に、あらゆる定規で自分をはかり、周りのひとをはかります。
そして自分の位置を確かめては安心したり、落胆したりします。



人っていつもこうやって「比較」しながら生きているんだって思います。
そうやって自分の価値を保ち、自分の存在を確かにしようとするんだと思います。



事実、私はずっとそうしてきました。
人の粗探しをしては、優劣感を味わい、喜び、自分自身に「価値あるもの」という烙印を押してきました。

でも、そうじゃないときは落ち込みました。
特に「自分は価値がないもの。必要ないもの。」そう認めざるを得ないときや、気持ちがふさいでそう思ってしまっていたときは辛かった。

自分はいなくてもいいんじゃないか?って思ってしまうんですから・・・。




ここで聖書に戻ります。

イエスさまが助けた人を見てみると、彼は決してお金も地位も持っている人ではありませんでした。何せ物ごいでした。

また、彼は能力があるわけでもありませんでした。いや持っていたかもしれませんが、盲目なためにそれを発揮することはできませんでした。


私は彼ではないので、彼が自分自身をどう思っていたかは分かりません。ただ、本当に辛く苦しかったと思います。自由が利かず、自分自身の価値を認めてくれる人もいなかったからです。


でも、イエスさまはそんな彼を見捨てなかった。
彼の声を聞かれた。


それは、イエスさまが富とか地位とか能力とかそんな定規で人をはかるお方じゃないからです。イエスさまが大事にされたのは、一つだけ。

その物ごいが持った、「イエスさまは助け主である!」という信仰でした。
イエスさまは、その信仰を見て、彼をあわれみ、助けました。



私たち人間は、互いに定規を押し当て、測り、それで人の価値を見ます。
でもイエスさまは違います。そんな陳腐なのので、あなたを測ったりしません。
あなたが生きている、それだけでイエスさまは喜ばれるくらいです!
私たちに必要なのは、富を持つことでも、めちゃくちゃ有名になることでも、めちゃくちゃ色んなことができるようになることでもありません。

ただ「信じる」ことです。
それだけで、あなたの人生は180度変わります。

今までの苦しかった、辛かった人生が嘘だったみたいに、全てが希望のもとへとつながる道だと分かるんです!!

私はそれを21年間で学びました。


「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたし(イエス・キリスト)を信じなさい。」ヨハネ14:1
スポンサーサイト

-2 Comments

忍 says..."信仰"
僕は難病だから身体的・社会的にとても弱い人間なんだけど、こんな人間でもイエス様は尊くてかけがえのない息子だと言ってくださるんだよね。

僕はいじめや差別を受けたりして価値のない人間と言われたこともあった。でも神様が愛してくださるから、これまで生きることができたのだと強く思う。

一番大事なことは、幼子のように神様の御言葉を疑いを持たずに信じることだよね。人間には信じ貫くことは難しいけど、神様が導いてくださると信じている☆

でも僕らが信仰を持ったということは、人間の力ではなく、全て神様の恵みだよね。だから天国まで神様が必ず導いてくださると思うことができるんだろうなぁ。♪( ´▽`)

ところで今日から僕は聖書通読のブログを始めてみたんだよね。

http://nozomu12bible.blog90.fc2.com/

ちなみにみちさんのこのブログをリンクさせてもらったのだけど、迷惑だったらすぐ消すからね。(>_<)
2011.04.17 21:56 | URL | #- [edit]
みち says..."Re: 信仰"
忍くん、こんばんは!コメントありがとう(^^♪

> 僕は難病だから身体的・社会的にとても弱い人間なんだけど、こんな人間でもイエス様は尊くてかけがえのない息子だと言ってくださるんだよね。

うん。その通りだね。僕らは、見かけや目に見えるもので判断してしまう弱いものだけれど、神さまはちがう。誰でも、溢れるばかりの愛で愛してくださっているんだよね★
こんな素晴らしい神さまを知っている僕らは、どれほど幸せなんだろうって考えてしまうよ。


> 一番大事なことは、幼子のように神様の御言葉を疑いを持たずに信じることだよね。人間には信じ貫くことは難しいけど、神様が導いてくださると信じている☆

これも全く同感。最近、「幼子のように居続ける」ということがどういうことか、考えているんだ!いつまで、神さまの愛に素直に感謝し、純粋な心で主を見上げ続けて生きたいって思うんだよ。


P.S.北海道に来てるみたいだね!忍くんの全ての歩みが主に守られますように。ブログの件、OKだよ♪僕も早速、忍くんの新blogをリンクさせてもらった(^^
2011.04.17 23:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/283-f9bca60e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。