Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影響力

こんばんは!


旭川にもやっと桜咲きましたよー(ノ´▽`)ノ

でも、最近天気が悪くて、特に週末はここぞとばかりに雨続き。
暖房もつけたくなるほどです。


さてさて今日は、おとといに行われた旭医聖研②の報告です。

なんと、今回の聖研には初めての参加者が2人も来てくれました♪
そのうちの1人は部活の後輩だったんですが、
なんでもこの聖研に来て、人生で初めて聖書を開いたんだとか!


今回の聖研は、詩篇の139篇。
「聖書に出てくる神はどんなお方か?」

そんなテーマで2時間ディスカッションしました!!

それはもう、有意義な2時間でしたw

初めて来た2人の質問の鋭いこと。
古株たちはみんな、その鋭さに圧倒されていました(^^;



そんな鋭い質問の中でも、私の心に響いたものがありました。
それは、あるクリスチャンのメンバーがノンクリスチャンの人にした質問でした。

「クリスチャンって、ぶっちゃけ日本ではマイナーじゃん。
 みんなは、クリスチャンの人を見てどう思うの?あるいはどう思った?」




僕は勝手に質問の答えを想像しました。

「おそらく・・・恐いっていうイメージだろうなぁ。
 ニュースで取り上げられる宗教って、
 テロとか、洗脳とか、そんな危険なイメージのものばかりだもんな。。」




でも、メンバーの答えは僕の予想とは全く違うものだったんです。

「特に・・・何も思わないよ??
 別にその人がクリスチャンであろうとなかろうと、
 心の中で考えてることとかって見えないし、気にならない。
 それが自分に直接影響するわけではないからね。」




最初は、
「そうなんだ~!危険なイメージじゃないんだ、良かった!」


と安堵してる自分がいましたが、家に帰ってよくよく考えてみると、
これでいいのかな・・・と思ったんです。




裏を返せば、それは、
「クリスチャンが自己満足してるだけ」
って捉えることもできると思うんです。


神さまって本当に素晴らしいお方で、
神さまと生きる毎日って本当に素晴らしいのに、
それが伝わっていないということは、

祝福(神さまからのプレゼント)を自分の内側に留めてるってことなんだって。



思えば、牧師先生がよく言うフレーズがあるんです。

「クリスチャンとしてイエスさまによって変えられていくとき、
 今までは周りに振り回され、影響を受けていた人が、
 逆に周りの人たちに影響を与える人になっていくんです。」




本当のクリスチャンっていうのは、
本当に自分の十字架背負って、自分に死んでるクリスチャンっていうのは、
気付かぬうちに人に影響を与えるんだと思うんです。


その影響っていうのは、
「俺クリスチャン!俺クリスチャン!」
っていいまくれってことではないし、

「俺の信じる神さますげーんだぞ!
 だから、俺の生き方まねしてみろよ!!」
って自慢したり、高ぶることではありません。



聖書のことばを借りていうなら、
「キリストの香り」を放つこと。

イエスさまの優しさだったり、愛だったり、知恵だったり、
そんなものが気付かぬ内に回りの人たちに伝わるはずなんです。



正直、僕はまだまだ全然香ってません。笑
すぐ自分の弱さゆえにつまずいちゃうし、
それこそ「自己満足」で終わってしまうときもあります。


でも、僕はクリスチャンという生き方を「自己満足」で終わらせたくはありません。

たとえ煙たがられても、鼻をつままれたとしても、
キリストの香りをガンガン放つクリスチャンになりたいです!



そう思いました(^^*




さてさて、皆さん今週1週間お疲れ様でした!
明日からまた新しい1週間♪

皆さんの毎日が、喜びに満ち満ちたものでありますように!

スポンサーサイト

-2 Comments

さうす says..."たしかに!"
クリスチャンということを過剰にアピールされたわけでもないのに、その人自身から知らないうちに影響を受けて、イエス様を信じるようになった。

まさに私がそうですが、私も自分ではそうできてないかな…
日頃の態度とか行いから、神様を伝えられるようになっていけたらいいと思います。

みっちさんは、いい証し人だと思いますよ?
神様にたくさん用いられるといいですね★
2011.05.15 00:18 | URL | #- [edit]
みち says..."Re: たしかに!"
こんばんは♪
二度目のコメント返しです(笑
さうすさんがそうだったんですね!!それは初めて知りました♪
私はとっても弱く脆い者ですが、こんな私を通して神さまの栄光があらわれたら、それほど嬉しいことはありません。
お互い神さまに忠実に生き、証していきましょうね。
2011.05.16 21:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/303-dfe860ed
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。