Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私が」から「神が」へ

こんにちは(^^!

午前中、礼拝に出席して、大学に戻ってきました。
今日の礼拝も、本当に感謝なときでした。

特に、聖餐式の中で、牧師先生が語ってくださった言葉が、私の心に響きました。



「私が」から「神が」へ

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。
-ガラテヤ2:20-

「私が」神と共にいなければならないと考えることは信仰ではありません。それは大変なストレスとなります。
「神が」私と共にいてくださるという全き信頼こそ信仰です。

「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私と共におられるからです。」(詩篇23:8)

このような信仰を持つためには何が必要でしょうか。

それは「わたしは・・・心砕かれて、へりくだった人と共に歩む。」(イザヤ57:10)とあるように、心砕かれて、へりくだることです。

それはあなたの心の中心にある「私が」という自我が、「神が」に置き換えられることです。あらゆることにおいて「神が」あなたの意識の中心を占めるようになることです。

イエス・キリストが十字架に死なれたのは、私たちの自我を十字架において砕き、自我の束縛から解放するためであったことを体験しましょう。




心から、アーメンという言葉がこぼれました。

今まで、幾度となく聞いてきた、読んできたガラテヤ2:20

やっと、このみことばを通して主が語っておられることに、心の底からアーメンと言うことができました。
やっと、ここまで成長できました。

その成長をも、主が与えてくださったプレゼントです。



今日は遅くまで残って大学で勉強!

これから集中して頑張ります★
スポンサーサイト

-4 Comments

さうす says...""
まさに私こそ「私が神様に近づかなくちゃ!」と思ってた人だよなーと思いました。
特に今日は家族の反対や周りとの比較の気持ちが強く出てしまい、そんな「自我」と格闘しながら礼拝に来ていました。
だからこのメッセージを聞いた時、自分に与えられたメッセージだ!とすぐ思いました。

「自分が」の「が」を、「神様が」の「が」に。
そう私も成長したいです。
2011.08.28 15:20 | URL | #- [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
うすさん、こんばんは(^^!
コメントありがとうござます★

今日の礼拝も感謝でしたね♪
気付かぬうちに、「私が」「私が」と気負う僕らですが、神さまに心の王座を明け渡し、勝利ある毎日を送りましょう!
2011.08.28 18:49 | URL | #- [edit]
柏陽町の人 says..."No title"
やほー
みっちのブログ見つけたからコメントしときますw
twitterもフォローしとくからよろしく!

これからもちょいちょいコメントするかも

ブログの内容に関係ないことコメントしてごめんよw
2011.08.28 21:58 | URL | #- [edit]
みち says..."Re: No title"
柏陽町の親友さんw

おひさーwコメントありがとう♪
まだ北見にいるのかな??
twitter、俺もフォローするね(^^!
これからも遊びにきてちょ★
2011.08.28 23:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/366-f8225783
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。