Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師になる目的

こんばんは★


前期試験期間も終わり、しばらく勉強からは解放!!
と思いきや・・・、1月にあるCBTという統一試験に向けて、周りがチラホラ勉強開始。。

僕も、CBTに向けて勉強をしなきゃ。

来年の2月には実習も始まるし、いよいよって感じです。


一方で、ときどき医師になるのが恐くなります。
命を扱う職種になる恐れもありますが、同時に大きいのは「自分が変わってしまわないか」っていう恐れ。


もう、「お医者様」って時代は終わったけれど、それでも未だに医師の身分・地位は高いです。。

「どこの大学に行ってるの?」と聞かれて、「旭川医科大学です。」と言った瞬間に、目の色や態度が変わる方が多い中で、そんなことを日々感じてます。

同時に、医師になった途端、給料がドカンと入ってきます。

僕は以前、時給800円のバイトをしてました。一生懸命汗水たらして働いた1時間、これで800円か!?そう嘆いたことを覚えてます。
でも、医師になったら・・・もちろん仕事も大変だし責任は大きいけれど、今まで手にしたことないような大金が口座に振り込まれることになります。


そうやって、身分・地位・富を一気に手にするその時、僕は今と変わらずにいられるのか、不安になります。「高慢」という弱さにがんじがらめにされるのではないかと、恐れを覚えます。



日本には多くの医師がいます。
そしてそれぞれの人たちが、目的を持って医師という仕事と向き合っています。

ある人は、たくさん給料を稼ぎ、そのお金で派手に遊ぶことを目的として、頑張ります。
またある人は、講師⇒助教授⇒教授と、キャリアアップすることを第一の目的とするかもしれません。

他にも、何不自由なく生活する、という安定を目的も有り得ます。


それじゃあ、僕が医師になったときには、何を目的にして頑張ればいいんだろう?って考えたんです。
そして、気付かされました。いや、思い出されました。

「僕が医師になる、医師である目的は、人を愛すること。」

思えば、僕が高校生のときに医師になろうと決めたとき、いつも握っていたみことばこそが、前回のblogに書いた「黄金律」でした。

Whatever you want men to do to you, do also to them.
「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。」


旭川医科大学を受けたときも、入学する前も、ずっとこのみことばを胸の奥で繰り返していました。
「僕は、自分のために医師になるんじゃない!人のためになるんだ。。」って言い聞かせてました。


でも、大学に入って、いっぱい楽しいこと経験して、医師の世界を垣間見て、気付けば大事な目的を忘れていたように思います。


たとえどんなに富を蓄えても、蓄えなくても、たとえどんなに高い地位を得ても、得なくても、僕が医師である目的は「人を愛すること」だけなんだって、改めて気付かされました。


神さま、ありがとうございます★



P.S.後期は、もっともっと医学の勉強に時間を割きたいと思います。
神さまに喜ばれる医師に、そして人の命を扱う者として責任ある医師になるために、僕は毎日を誠実に歩みます。

スポンサーサイト

-2 Comments

says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.10.04 16:47 | | # [edit]
みち says..."Re: 大切ですね!"
さうすさん、コメントありがとうございます♪
誘惑は尽きないですよね(>_<)
しっかりと前だけを見て、歩んでいきたいです★
2011.10.04 22:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/379-4b6b29d5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。