Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恵み」に生きる

こんばんは!

本日も、to GLORYにお越しくださり、感謝します。

今日は日曜日。主日礼拝でした。
気付けば、旭川神愛キリスト教会は、毎週のように新しい来会者が与えられています。
本当に感謝なことです。
そんな今だからこそ、教会員一人ひとりが、知恵と御霊に満ちた者に、神に喜ばれる者にならなければならないと、牧師は語っておられました。

アーメンです。

神さまは、その人の肩書きや行動を見るのではなく、心を見るお方です。

僕の心は、本当に未熟で、高慢です。

無意識のうちに芽生えるほとんどが、高慢な、そして自己中心な思い。
そんな自分の愚かさ、弱さに、日々愕然としています。
だからこそ、イエス・キリストの救い、贖いの素晴らしさを覚えます。


クリスチャンはよく、「恵み」という言葉を使います。
「恵み」とは、「無条件に、一方的に与えられる喜び、幸せ、贈り物」です。

例えば、買い物をするとき、お金を払わなければ、商品はもらえませんよね?
お金という、引き換えるものがあって初めて、その商品が自分のものとなります。

でも、神から与えられる「恵み」は違う。
僕らに、何か引き換えるものは必要ありません。
地位や富や名声はもちろん、努力をも必要ありません。

神さまは、無条件に、イエス・キリストの救い、贖い、赦し、そして日々の生きる希望、力、平安、数え切れない「恵み」を与えてくださるのです。


その「恵み」に生きることができたら、どれほど幸いでしょうか。
その「恵み」に生きるとき、人生はどのように変わるのでしょうか。


「恵み」に生きるその人は、自分中心に生きることはないでしょう。
なぜなら、自分が持っているものは何一つ、全ては神から与えられていると知っているからです。

「恵み」に生きるその人は、高慢に生きることはないでしょう。
なぜなら、その人のうちには、誇るものが何一つないことを知っているからです。

「恵み」に生きるその人は、いつも平安に満ちるでしょう。
なぜなら、神から与えられる恵みは私たちの想像をはるかに超えて、豊かで、幸せで、喜びに満ちたものであるからです。

「恵み」に生きるその人は、人に愛を示すでしょう。
なぜなら、神から与えられた「恵み」こそ、愛の本質だからです。自分が神から与えられたように、人を愛し、人に無条件に与えることができるものへと変えられるからです。


僕も、己の儚き知恵や力に頼るのでなく、大きな大きな神の「恵み」に生きる人になりたいです。


Have a God's week♪


佐々木満ちる

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/383-fa17a273
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。