Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱心さ、努力ではなく・・・

おはようございます!
今日も、to GLORYにおこしくださり、感謝します。
以下は、今朝北海道KGKの仲間たちに送った証です。
是非とも、皆様にもシェアさせていただきたいと思い、以下に貼らせていただきました。


おはようございます。
旭医4年、佐々木満ちるです。

この場を借りて、証させていただきたいと思います。
どうか、この証の最初から最後まで、書くべきことだけを書くことができますように。
主の御心だけがなりますように。


正直なところ、ここ最近の私の信仰は落ち込んでいました。
気付いた時には、キリストにあって赦されている、救われているという「感覚」が分からなくなりました。
それだけではありませんでした。
神が私に何を願っておられるのか、何を示しておられるのかも、分からなくなりました。

そんな状況が嫌で、モヤモヤして、聖書を開いてみるのですが・・・祈ってみるのですが・・・分からないのです。
そして、ただただフラストレーションが溜まっていくのです。

「救い」を考えてもみました。思い出してもみました。

人として生まれた御子イエス・キリストが、その人生を完全にきよい人間として全うされたということ。
そのイエス・キリストが、父なる神と私たちとの和解のために、十字架にかかられたということ。
そして、三日目に死を打ち破り、よみがえられたということ。

それでも、私の心のモヤモヤは消えることがありませんでした。


そんな中、今朝のデボーションで、あるみことばが心に留まりました。

「聞き続けよ。だが悟るな。
 見続けよ。だが知るな。」

イザヤ5:9

矛盾しているようにも思いました。
悟ることがないのに、聞き続けること。
知ることがないのに、見続けること。
そんなことをしても意味があるのだろうか・・・
私は最初、このみことばの意味が分かりませんでした。

そんな中、私の使っているテキストの最後が、下の祈りで締めくくられていました。

「主よ。私たちには、自分の熱心さで人(自分)を変えたいという思いがあります。
どうかあなたのご計画の中で、みことばを分かち合うことができますように。」

そっか・・・そうだったんだ・・・
なんとなく、本当になんとなくですが、心にすっと落ちました。

私はこれまで、自分の熱心さ、自分の努力で、神の恵みを受け取ろうとしていました。
救い、神の御思い、示し。
自分の力で気付こうと、悟ろうと、必死になって励んでいました。

でも、神はそれは望まれておられませんでした。
神が私に望んでおられたのは、自分の力で悟ることではなく、ただ主の前にひざまずき、みことばの前に静まるということでした。
そこに、救いの「感覚」があろうとなかろうと、神の御思いや示しを覚えようと覚えなかろうと、それは問題ではないのです。

ただ、全知全能なる神の前に進み出ることができるということだけで・・・言葉に言い表せないほどの感謝なのだと気付かされました。


正直なところ、今でもモヤモヤしているところがあるのは、事実です。
でも、ちょっとだけ、私の心に光が差し込んだように思います。

自分の力ではなく、ただ神の恵みのゆえに、私は生きています。


皆さんの今週1週間が、主にあって、感謝と喜びに満ちたものでありますように。


佐々木満ちる
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/393-6566120d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。