Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵みによって生きる。

こんばんは!
そして、お久しぶりです♪

いかがお過ごしですか(^^?

こんなに長らく更新しなかったのに、また遊びに来てくださって、ありがとうございます★

そして、初めての方、ようこそいらっしゃいました(^^!
拙い文章ですが、このblogによって、皆さんの中でちょっとでも考えるきっかけになったり、ちょっとでも気持ちが元気になれたなら、僕は本当に嬉しいです。

ただ、神さまの栄光がほめたたえられますように。




blogを更新していなかった10日間、僕は苦悶の中にいました。
もっと平たく言うなら、「モヤモヤ」の中にいました。

なぜって、自分が何に悩んでいるかが、分からなかったからです。
悩んでいる内容が分からないのに、悩みが止まらなかったからです。



でも・・・実は…



「悩んでいる内容が分からなかった」のではありませんでした。

僕は、「悩んでいる内容を認めたくなかった」んです。


心の僕は、どこかで悩んでいることに気付いていたのだと思います。
でも、頭の僕はそれを払い払いのけようとしました。
なぜなら、それは僕の人生の土台の根幹を揺るがすほどのことだったからです。

そうやって、心の僕と、頭の僕とがせめぎ合い、問題を複雑にしていました。




心の僕が気付いたこと。
頭の僕が認めたくなかったこと。


それは、クリスチャンとして歩むときに、最も大事なこと。




「恵みによって生きる」




ぱっと聞いたら、「めっちゃ幸せそうじゃん!」って思うと思います。
実際、本当に、本当に幸せなことです。

※恵みって、神さまから一方的に与えられるものです。
人生頑張ろう!って思える力だとか、真っ黒な心が白くなることだとか、穏やかな気持ちでいれることだとか、生まれながらに与えられた能力だとか。



それじゃ、なんで頭の僕は、そんな幸せな「恵みによって生きる」人生を嫌がったのか。認めたくなかったのか。


それは、「恵みによって生きる」ということは、完全に神さまに服従するということだからです。
「恵みによって生きる」そのとき、僕は「自分は何も持って無い。自分は何もできないんだ。」って、自分の無力さを完全に認める必要があったからです。



ここまで言うと、気付かれた方もいらっしゃると思います。

そう、僕は・・・本当に、本当に、自分でも憎たらしいほど、自分に自信がある人間です。


俺は特別だ。

他の人とは違う。

俺には、力がある。知恵もある。

だから、頑張れば、努力すれば、どんどん上へ上っていける。

名声を手に出来る。



物心ついた時から、僕の心はそんな妄想にとらわれていました。
そして自分の名声を手にするために、その夢を叶えるために、僕はあらゆる努力をしました。
そして、その多くを思いのままに手にすることができました。

そんな20数年間の中で、僕の心は自分でも恐ろしいほどに「うぬぼれ」、「高慢」になっていきました。


それは、20歳の時に僕がクリスチャンとして改心してからも、ずっとずっと心の奥底に染み込み、抜けませんでした。

つまり今日の今日まで、僕の心の土台、僕の人生の成功法則は己の力で切り開く」ことでした。


思えば、神さまは幾度と無く、「あなたの生き方、あなたの心の中心は、私(神さま)ではなく自分自身ではないか?」と問いかけてくださっていました。

僕はそのたびに、「神さま中心に生きたいです!」と宣言していましたし、そう祈っていました。

それでも・・・結局は、僕はこの土台、成功法則は崩せませんでした。


その一番の理由は、この生き方を捨て去るということは、僕の幼いころからの、かねてからの夢。
名声を手にし、表舞台に立ち続けるという夢を、捨て去るということだったからだと思います。



・・・言葉では、「俺はイエス・キリストに救われた!!俺の夢も、俺の能力も、俺の持ってる何もかも、神さまに全部明け渡します!!」って宣言していたけど、実際のところ、がっちり握って・・・手を放そうとしていなかったんだってことです。








でも、そのことに気付かされた今、「頭の僕」がごまかして隠し続けてた「真実」を知った今、僕はもう今までの生き方を続けるわけには行きません。
「己の力で切り開く」生き方を握り続けるわけには行きません。



なぜって・・・イエスさまが僕にしてくださったことを思い出したら、僕には選択の余地がないからです。

神さまの子どもとして生まれたイエスさまが、誰よりもへりくだっておられました。
誰よりも力と知恵を持っていたイエスさまが、ご自分の力に頼ることをしませんでした。

偉大な、偉大な神さまの前にひざまずき、十字架にかかるその日まで、神さまの恵みのゆえに生きられました。


正直、めちゃくちゃ辛いことだと思います、これからもふとしたときに、「俺は小さい頃からの夢だった名声や表舞台に立つこと・・・捨てたんだ。」って思い出しては、心がきゅーってなると思います。

でも、僕はその度に思い出します。
イエスさまがこの地上で歩まれた道を。
神さまが僕にしてくださったたくさんの素晴らしいことを。



僕は今、ここに宣言します。

「恵みによって生きる」と。

スポンサーサイト

-6 Comments

says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.11.20 22:37 | | # [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
nさんへ
コメントありがとうございます(^^!
自分の夢、思いを神さまに全てをゆだねるってとっても難しいことだよね。。
その夢、思いが強ければ、強いほど。。
でも、イエスさまの歩まれた道を覚えて、その足跡にならいましょう。
何度でも。
2011.11.21 06:36 | URL | #- [edit]
とも says...""
満ちるくん、ともブロのともです。
久しぶり。定期的に読んでます。
今日は読んでて聞きたいことがあったから質問してもいい?
必ず名声を手に出来るという自信は、どうして持っていたの?誰かと比較して感じていたの?それとも、誰かが満ちるくんは何でも出来るよって育ててくれたの?もしよかったら教えて。

2011.11.22 01:02 | URL | #- [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
ともくん、久しぶり(^^!
遊びに来てくれて、ありがとう★

質問もありがとう!
なんでなんだろう・・・改めて考えてみると、家族や近い人に「お前はなんでもできるな!」って褒めてもらってたわけではなかったんだよね。

きっと、①計画して(理想描いて)、②そのために努力して、③あらゆるテクニックを駆使して、④手にするっていうプロセスがある程度成功し、そしてそれを自分自身の力でやっていると、「勘違い」し続けていたからだと思う。

今思えば、自分一人で成し遂げたこと、手にしたものなんて何一つなかったんだけどね?笑

今は・・・そんな自分が湧き上がるたびに、恥ずかしいとさえ思えるよ。
2011.11.22 17:58 | URL | #- [edit]
とも says...""
満ちるくんへ

質問答えてくれてありがとう。これは読んでて思った俺の考えたことだから、読み流してね。

計画することや、努力すること、テクニックを駆使すること、どれもすばらしいと俺は思うよ。俺はそれらが上手く出来ないから、出来る満ちるくんを尊敬する。そして、結果的に成功したっていう経験も、今後何か大きなことへ向かう第一歩目を踏み出す時に、勇気をくれる要因になるとも思う。

きっと、満ちるくんがこの記事で書いていることは「俺は素晴らしい」って思いが出ちゃうってことだね。あなたは素晴らしいと人から言われるのと、自分で言ってしまうのは少し意味が違うと思うんだけど、俺は素晴らしいって高ぶるのは、聖書が大切にしている謙遜な感じではないね。努力することとか、それ自体は本当にいいことだから、それは全然悪くないけど、根っこが大事だね。どんな目的に向かって努力するかで、努力の善し悪しが決まる気がする。

そして、人は誰も偉くないけど、イエスさまだけが素晴らしいと俺も思う。

ただ、これが一番書きたいことだけど、俺は満ちるくんが願う、「自分は素晴らしくなくて、イエスさまだけが素晴らしい」って生き方が出来るように、応援するよ。そして、満ちるくんならきっと出来ると思う。そして、俺もそう生きたい。


2011.11.22 23:13 | URL | #- [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
ともくんへ

コメントありがとう(^^!
そして、お返しが遅くなってごめんね?

>努力することとか、それ自体は本当にいいことだから、それは全然悪くないけど、根っこが大事だね。どんな目的に向かって努力するかで、努力の善し悪しが決まる気がする。

本当にその通りだよね。
神さまは、僕らが何をするにしても、心・動機を見ておられる。
神さまに喜ばれる、動機の中で、日々の歩みをしていきたいと思ってるよ★

>ただ、これが一番書きたいことだけど、俺は満ちるくんが願う、「自分は素晴らしくなくて、イエスさまだけが素晴らしい」って生き方が出来るように、応援するよ。そして、満ちるくんならきっと出来ると思う。そして、俺もそう生きたい。

ありがとう。
ともくんの言葉が心に響いたよ。うれしかった。
僕らはまだ若くて、弱いところ、できないところがいっぱいあるけれど、だからこそイエスさまだけを見上げて、イエスさまの御力に頼っていこうね♪
僕も、ともくんのこと、応援してる。
2011.11.26 13:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/395-e2ba1bb3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。