Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱い。

こんばんは!

今日は、大学を挙げての新入生歓迎会。
といいつつ、基本的にはサークル勧誘パーティーみたいな感じ。。笑

僕は、陸上部と聖書研究会という二つのサークルに所属しているんですが、陸上部の方は50人を越すマンモスサークルなので、大体は聖研のブースにいました。

けれども、待てども待てども、なかなか新入生は訪れず。。
今年は厳しいのかなってちょっと諦めモード。。

そんなとき、手伝いに来てくれてた、妹ともう一人の別の学校の子が、自ら新入生に声掛けをしてくれました。
おかげで、4,5人の新入生がブースにやってきてくれました。

本当は、僕も自分から声掛けできたらよかったのに、「いや、興味ないです。」とか言われたり、心のどっかで「聖書研究とかなんか気持ち悪いなー。怪しいなー。」って思われてるんじゃないかって思ったら、怖気づいて何もできませんでした。

そして、頑張ってくれた二人に心からの感謝と共に、自分の信じていることを恥ずかしいって思ったり、人にどう思われてるかってことを気にする自分の弱さをひしひしと感じました。

僕は、この「ブログ」だからこそ、「神さまはすごいんですよ!」なんて大声?で言ってるけど、同じことを大学の、友達に言えるか?って言われたらそうじゃないんです。

いつも、友達にどう思われるか?周りの人たちにどう反応されるかが恐いんです。
そのくせ、「そんな直接的な言葉なんかで伝えなくても、俺の生活の中で証していけばいいんだ。『時』が来たら、そのときに伝道すればいいんだよ。」なんて正当化しちゃって。

本当に僕は弱い。
本当に僕は弱いんです。


きっと、このブログを読んでくださっている方の中には、クリスチャンではない方もいらっしゃると思います。
きっと、クリスチャンに対して、色んな「イメージ」を持っておられることと思います。

ただ、少なくとも一人の「クリスチャン」の僕はこんな感じです。
自信にみなぎっていることはなく、周りの友達に伝道できているわけでもなく。

でも、だからこそ、僕は、イエスさまから目を離せません。
なぜって、目を離したら、僕は生きていけないから。
見えなければ、僕はすぐに力を失い、不安に打ちひしがれ、倒れます。
事実、これまで幾度となく、倒れ、その度にイエスさまは手を差し伸べてくださいました。


僕が、クリスチャンの大先輩として尊敬しているパウロさんという人が言っています。

主(神さま)は、「わたしの恵み(愛、幸せなど、神さまから与えられる贈り物)は、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現されるからである」と言われたのです。
ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
・・・私が弱いときにこそ、私は強いからです。

Ⅱコリント12:9-10


本当に僕は弱いです。
でも、神さまは強いです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/419-fb4ad87c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。