Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くびき

こんばんは♪

今日も、こうやってブログを書けること、心から神さまに感謝します。
このブログを通して、ただ神さまの栄光があらわされますように。

僕が今通っている教会、旭川神愛キリスト教会には、心から尊敬しているクリスチャンの先輩がたくさんいる。
それって、本当に本当に感謝なことなんだって思う。

こんな男性になりたい!
こんな大人になりたい!
こんな夫婦になりたい!
こんなクリスチャンになりたい!

そうやって思う人が、たくさん近くにいらっしゃることほど励まされることってない!
こんな素晴らしい環境においてくださっている神さまに、ただただ感謝します。


前の礼拝の証の時、その一人のM兄が証してくれた。
M兄は、東京から奥さんと、三人の子供を連れて旭川に来た。
(実は、旭川にきてもう一人の命が与えられ、今は6人家族♪)


その証は、詩篇の127篇から始まった。

「主が家を建てるのでなければ、
 建てる者の働きはむなしい。
 主が町を守るのでなければ、
 守る者の見張りはむなしい。」

         詩篇127:1


M家族が旭川に来て、もうしばらく経つんだけど、その歩みは決して平坦と言えるようなものじゃなかった。
それは、傍から見てる僕にも分かるくらいで、時に疲れ、辛そうな表情をされてるときもあった。

だけど、M家族はこれまでの数年間、ただイエスさまだけを見つめて、聖霊の助けを一心に受けながら、逃げずに立ち向かってきていた。


そんなM兄が言っていた。

「時。神さまの時を待っていたい。
 神さまなしで苦労しても、それは空しいです。
 人間、信頼して待ち続けることは本当に難しい。
 それでも、神さまの時を待ち望みたい。
 神さまがその時を与えてくださってから、進みたい。
 自分の思いで動くなら、嵐が来た時揺れ動いてしまう。
 神さまが開いてくださった道、与えてくださった時だという確信。
 その確信が来るまで、待って、待って、待ち続けたい。」



待って、待って、待ち続ける・・・

その言葉が、ここ最近、ふいに思い出されてはずしんと心に響いてる。
正直今まで、待つこと、がまんすることからずっと逃げてた気がする。


マックでも、丸亀製麺でも、頼めばすぐに出てくる。
LINEでも、自分が送った言葉にすぐ「既読」が付き、コメントが帰ってくる。
facebookでも、気付けば誰かが「いいね」を押してくれる。

そんな時代だけど、いやそんな時代だからこそ、「神さまの時を待つ」って本当に大切だと思わされる。


神さまの時、それは僕が想像してるのとは全然違うかもしれない。
僕が思ってるよりずっと長いかもしれないし、ずっと早いかもしれない。

どっちにしようと、ただ信じて、期待して、待って、待って、待ち続ける。
そんな信仰を持っていきたいと心から思う。


M兄は、証の最後に、次のみことばと共にこう言ってた。

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。
 わたしがあなたがたを休ませてあげます。
 わたしは心優しく、へりくだっているから、
 あなたがたのくびきを負って、わたしから学びなさい。
 そうすれば、たましいの安らぎが来ます。
 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

                 マタイ11:28-30

「くびきっていうのは、牛二頭が首を通すもので、二頭の力で畑仕事などをするためのものです。
イエスさまは、
『わたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽い。』
って言ってくださってる。
本当に、本当にその通りだと思う。
だけど、私たちがイエスさまの歩調に合わせず、自分勝手に急いでしまったりしたら、そのくびきは自分の首を絞めてしまう。
だから、私はイエスさまと同じ速さで歩きたいんです。
イエスさまが歩けば、僕も歩く。
イエスさまが止まれば、僕も止まる。
そうやって、生きていきたいんです。」



アーメン!!
僕も、そうやって生きたい。
イエスさまが止まられるなら、僕も、待って、待って、待ち続けたい。
イエスさまが歩み出されたなら、僕も一歩一歩、イエスさまと共に歩みたい。

どんなに困難な状況でも、イエスさまはいつも一緒にいて、その軽いくびきを負わせてくださる。
たとえ道が見えなくても、イエスさまは道なきところに道をつくることができるお方と信じてる!



今日も、ブログを更新できて本当に感謝です(^_^)/
神さま、ありがとうございます。

皆さんのこの夜も、そして明日の一日も、神さまの恵みとあわれみの中で、平安に満ち満ちたものでありますように。


満ちる

スポンサーサイト

-2 Comments

さうす says...""
M兄のこの証、私も聞いていましたが、とてもよくわかりました。

私も結果が早く欲しい人なので、神様の時を待たずに自分の思いだけで動いてしまってうまくいかないこと、たくさんあった気がします。
そこで、私も「時がある」っていうことを最近よく自分に言い聞かせています。
何をするにもまず、神様の時を求めていくことができますように。
2012.11.14 22:43 | URL | #- [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
みなみさん
こんばんは(^^!
いつも、読んでくださって感謝します。
コメントで、いつも励まされています!
神さまの時、本当に信じて待ちましょうね♪
神さまは必ず、僕らにとって最善な道を用意してくださっています。
2012.11.19 22:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/448-f81a36f6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。