Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後輩

こんばんは!

最近はこうやっていっぱいブログ更新出来て、本当に感謝(^_^)/
ちょっとだけ時間があるってのもあるけど(ならもっと勉強せんと…(T-T))
それより大きいのは、自分の心のコップから神さまの恵みがこぼれまくっとるって感じですね。笑

というのも、昨日までの三日間は旭医聖研のみんなといっぱい過ごせて、神さまの祝福をみんなでいっぱいいただいたから。
最初の二日間の北見訪問は、前の記事でちょっと書きました!
そして、昨日の名寄訪問については、下の「旭医聖研のなんでもブログ」に書きましたー
写真盛りだくさんだから楽しさも伝わる…はずw

http://kyokuiseiken.blog.fc2.com/

ぜひぜひ遊びに来てくださいね♪
ちなみに、↑のブログは、僕だけじゃなくて旭医聖研の色んなメンバーが色んな視点で書いてるから、とーっても面白いですよ!


この三日間を通して、信友で同期のSとも久しぶりにゆっくり話す時間持てて感謝でした。

そんな中で二人で言ってたのは、
「俺たち五年になったんだね…」ってことでした。

ワイワイ楽しそうにしてる後輩たちを見て、ほほえましく思うと同時に、もう自分の上に先輩はいなくて(旭医聖研では!)、僕らがこの子たちにとっての先輩なんだって思うと、なんだか心もとないような、それでいてちょっと嬉しいような変な感じがしました。


名寄からの帰り道、車の中で同乗していた後輩といっぱい語りました。
後輩のまっすぐさに襟元がただされたり。
後輩の葛藤に共感したり。

なんだか先輩の自分の方が励まされました。


よく分からないんですけど、僕は「後輩」って存在がとっても大切なんです。
中学校のサッカー部の後輩も。
高校の生徒会の後輩も。
大学の陸上部の後輩も。
そしてもちろん、教会、聖研、KGKなどのクリスチャンの後輩も。

しばらく会えてないやつもいるけど、みんなとっても大切なやつらです。
弟とか、妹とか、それとはちょっと違うんだけど、なんかまぁ、大切なんですよ(なんじゃそりゃ笑)


だからこそ、余計なおせっかいしちゃったこともあるし、変にしゃべりすぎちゃったこともあります。
それは本当に反省m(._.)m


一方で、それほど大切な後輩だからこそ、裏切りたくないって思います。
「満ちるさん、言ってたことと違うっしょ。」
「満ちるさんもやっぱりそうなんだ…。」
とか、先輩に裏切られることほど、ショックなことってないと思います。
実際、言った通り生きる力なんて僕にはひとかけらもないけど、その力があるイエスさまにより頼んで、一日一日大切に生きたいって思います。


だけどもだけど、格好つけたくないとも思います。
変に格好つけないで、ちゃんと等身大の自分でありたいって思います。
できないことは、ちゃんとできないって認めたいし、自分自身も限界があるってこと、ちゃんと伝えなきゃって思います。
そうやって、自分の弱さを正直に認めることは、大切な人達に対してこそすべきだと思うんです。


昨日の名寄聖研で読んだⅠテモテ1章でも、パウロが心から信頼してたテモテに対して、こう言ってるんです。


私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。
それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。
私たちの主の、この恵みは、キリスト・イエスにある信仰と愛とともに、ますます満ちあふれるようになりました。
「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。
私はその罪人のかしらです。
Ⅰテモテ1:13-15



僕も、本当にパウロと同じ気持ちです。
本当のとこ、僕は後輩に何一つとして「こーした方がいいよ」って言える資格なんてない者です。
実際自分がしてきたことは、本当に神さまを悲しませること、人を悲しませることだったから。
僕は本当に罪人です。


でも、パウロはその告白の後、こう続けます。

しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしよと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったのです。
Ⅰテモテ1:16



本当にそう思ういます
「こんな俺が、こんな罪だらけな俺が救われたんだから、君も絶対救われる!」って心から思うんです。
後輩のみんなに、本当に、イエスさまの素晴らしさに触れてほしいって思うんです。
イエスさまの愛がどれほど大きくて、深くて、優しくて、強いかを、心から知ってほしい!体験してほしい!って思うんですよね。
この思いが、後輩たちとの関わりの原点だと思います。



ふぅ・・・・・・・



また明日からまた、イエスさまにあって頑張りまーす♪
皆さんの新しい一週間も、イエスさまにあって注がれる愛と喜びにあって、素晴らしいものとなりますように。


満ちる

スポンサーサイト

-2 Comments

ssg says...""
本当の「先輩」という存在は、きっと生涯現役の人を指すんだと思います。
そういう意味では、満ちるは本当の意味で「先輩」だと思うよ。
2012.11.26 14:05 | URL | #RrIHAyqc [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
ささぐ、コメントありがと♪励まされるよ!
そだねー。学生は終わっても、生涯現役で走り続けたいね♪
俺一人じゃ無理だけど、ささぐも一緒に走ってくれるなら頑張れそうだよー。笑
2012.11.26 20:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/453-956d4929
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。