Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't waste your LIFE

こんばんは♪

今日も、このようにしてブログを更新できること、神さまに感謝します。
このブログを通して、ただただ神さまの栄光が表わされますように。

今日から、大学がスタート。今週は皮膚科!
先生方皆さんがとっても優しく教えてくれて、勉強の意欲も湧いてきました♪感謝!

昨夜の話ですが、実習のスタートを前に、冬休み最後の映画を観ました。
ずっと母さんが薦めてくれてた映画で、「グレート・ディベーター」というものです。

なんでも、デンゼル・ワシントン本人が監督兼主演もしてしまうほどに、その脚本に惚れ込だとか。


いやぁー。。
母さんが何度も観なさいっていった理由が分かりました。


この映画の舞台は、1930年代のアメリカ・テキサス州。
当時は、黒人差別の風潮が、まだまだ色濃くありました。
そんな中で、デンゼル・ワシントン演じる黒人大学の教師が、ディベートチームを作ります。
チームに選ばれた四人は、それぞれ生まれた背景も、性格も全く違った人達。
だけど、先生に導かれつつ、また色んな経験を通して、徐々に力をつけていきます。

そんな最中、あまりにショッキングな事件に彼らは巻き込まれていまいます。
ある者は泣き崩れ、ある者は現実を逃避し、まとまりかけていたチームはまたもバラバラになってしまうのです。

しかし、彼らは再度立ち上がります。
諦めず、自分たちが持っている「言葉」という力、武器、そして鏡を通して、自由と尊厳を求めて語るのです。
特に、最後の、ハーバード大学との対決のシーンは圧巻でした。


この映画を見終えたその時、僕の心にふつふつと湧き上がったもの。
それは、「神さまは、俺にどんな計画をもっておられるのだろう…」という思いでした。

戦争もなく、差別もなく、自由な国、日本に育った中で、今まで当たり前だと思っていたものが、実は当たり前ではないのだと日々知らされています。
そしてその事実を知るほどに、だからこそ、神さまが僕にすべきこと、語るべき言葉を与えてくださっているはずだと確信しているのです。

あるとき、KGKの大嶋主事にこう言われました。
"Don't waste your life"
「あなたの命、人生、生活を無駄にしてはいけない」

ずーんと心に響きました。


「神さまが僕に与えてくださった計画は何だろう?」
そのことについて思い巡らす時、僕は決まってあるみことばを思い出します。

「神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前から彼(イエス・キリスト)にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。神は、みむねとみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられました。」
エペソ1章3-5節

このみことばを読む度に、励まされ、そしてワクワクするんです。
だって、すごくないですか?
この世界ができる前から、神さまはイエスさまにあって僕を、あなたを選んでくださっていたんです。
そして、この時代、この場所に使わしてくださったんです。

神さまは、全ての人に、素晴らしい計画を持っておられます。
それは、他の人にはできなくて、あなたにしかできないことです。
その計画を知っているのは、神さまだけ。
そして、その計画を僕らが知るには、イエスさまにあってだけ。
尊い十字架によってなされた、イエスさまの救い。その救いによって与えられた、神さまへの一本道。その道を通してでしか、僕らは僕らがなすべきことは分かりません。

あなたにも、そして僕にも、その命で、その人生の中で、その生活の中で、やるべきことがあり、語るべき言葉があり、そして出会うべき人がいるのです。


ふぅーーー・・・


神さま、ここまで書かせてくださって感謝します。
一人でも多くの人が、イエスさまという素晴らしいお方と出会うことができますように。
イエスさまにある、本当に本当に幸せと自由で満たされた人生を歩むことができますように。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/474-4d370a5d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。