Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つみ

イエスはオリーブ山に行かれた。
そして、朝早く、イエスはもう一度宮に入られた。
民衆はみな、みもとに寄って来た。
イエスはすわって、彼らに教え始められた。

すると、律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕えられたひとりの女を連れて来て、真ん中に置いてから、イエスに言った。
「先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、あなたは何と言われますか。」

彼らはイエスをためしてこう言ったのである。
それは、イエスを告発する理由を得るためであった。

しかし、イエスは身をかがめて、指で地面に書いておられた。

けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、イエスは身を起して言われた。
「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」

そしてイエスは、もう一度身をかがめて、地面に書かれた。

彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、イエスがひとり残された。
女はそのままそこにいた。

ヨハネの福音書8章1~10節




こんばんは、今日もブログを更新できること、神さまに感謝します。

上の箇所は、聖書に出てくるワンシーンです。

僕は、今日ある映画を観ました。
あまりにセンセーショナルで、すさまじくて、一生脳裏にやきつくような映画でした。

その映画を観て、「罪」というものについて考えさせられました。

正直、「罪」っていうと、良いイメージはありませんよね。
なんだか、重く、暗いような感じ。

だけど、僕ら一人ひとりが真剣に向き合わなければならないことだと思います。


「罪」と聞くと、やっぱり最初は「犯罪」の「罪」。
盗みとか、殺人とか。
法律で裁かれ、処罰される。
そのような、行動として表に出てくる罪です。

一方で、聖書では、もう一つの「罪」が語られています。
それは、「原罪」というものです。
僕は、神学を学んだわけでもないし、難しいことは分かりません。
だけど、自分の体験として、自分の心を思う時に、確かに「原罪」というものは存在してるのだと分かります。

無意識のうちに、僕の心から湧き上がる暗くて、悪い思い。
人をねたむ気持ち。
人と争う気持ち。
人をいやしめようとする気持ち。

そんな悪い思いが、僕の心の奥底にあって、ふとしたときに湧き上がってくるんです。
悲しいけど、それが僕の心です。


最初に書いた、聖書の箇所に戻ります。
律法学者という、聖書の教えを忠実に守っていた人達は、イエスさまの粗をなんとか捜そうと、やっきになって一人の女性を連れてきました。

その女性は、「姦淫」という当時のユダヤ社会では、即刻死刑に値する罪を犯していました。

彼女をイエスさまの前に突き出し、彼らは口をそろえて言いました。
「あなたは、この人をどうしますか?」

確かに、彼女は犯してはいけない罪を犯しました。
しかし、彼らの行動もまた、ねたみ、卑しさという、心の奥底にある「原罪」によるものでした。

でも、彼らはそのことに一切気付いていませんでした。
そして、イエスさまのもとに詰め寄るのです。


それは他人ごとではなくて、僕自身ついても言えることです。

先日、クリスチャンの友達にこう言われました。
「満ちるは、●●っていうプライドあって、それが全面に出てたよな。あれは、他の人達にとってつまづきになってたと思うよ。」

正直、グサッときました。
無意識のうちにある、僕の心の罪から、悪い言葉、悪い行いが出ていたんだって気付かされました。



自分の心の中にある罪に気付いていなかった、律法学者たち。
そんな彼らに対して、イエスさまは言われました。
「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」

そのたった一言が、律法学者一人ひとりの心に、静かに、そして確かに響きました。

そして、聖書にはこう書いてあります。
「年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き・・・」

年を重ねた人から、一人、またひとり、イエスさまの言われたことの真意が心に響きました。
そして、自分自身の心の奥底にも、彼女をさばく事などできないほどの深い罪があることに気付かされました。



僕自身、毎日、本当に毎日、時を経るごとに、自分の心の汚さ、罪の根深さを感じています。
どうして、どうしてこんなにも僕の心は汚いんだろう…心からそう思います。


だけど、その汚れ、根深い罪を、完全に洗い清めてくださるお方を、僕は知っています。

イエス・キリストです。

イエス・キリストは、ただお一人、この地上で一つの罪も犯されませんでした。
ここでいう罪は、「犯罪」の罪に留まらず、「原罪」にも及ぶものです。
イエスさまがこの地上で抱かれた思い、言葉、行動全てが、父なる神さまの御心にかなう、きよく、美しいものでした。

そのイエスさまが、十字架にかかられました。
一切の罪を犯されなかったイエスさまが、この地上で最も苦しいと言われている「十字架刑」に処されたのです。
イエスさまを十字架にかけたのも、やはり人々の罪でした。

しかし、イエスさまは彼らに抵抗せず、十字架に自ら架かられたのです。

なぜか。
それは、罪も汚れもないイエスさまが、十字架にかかり、死ぬことが、僕ら全ての人達の罪をゆるすための唯一の道だったからです。

イエスさまは、ご自分が流された血潮だけが、僕らの「原罪」を完全に洗い清めることができることを、知っておられたのです。
だからこそ、イエスさまはご自分の使命を最後まで全うされ、3日の後によみがえられました。

ここに、イエスさまの大きな愛があります。


僕自身、イエスさまの流された血潮による、罪のゆるしを受け取ったものですが、だからといって今の僕はイエスさまのように完全にきよい人として全ての時間を生きているか言われると、そうではありません。
この地上にいる限り、僕は「原罪」という鎖につながれ続けたものなのです。

しかし、僕が何度失敗しても、罪を犯しても、イエスさまは僕をあきらめず、何度でも洗い清めてくださいます。

イエスさまの愛は、本当に大きくて、素晴らしいです。。


その愛が、今、あなたにも注がれています。
イエスさまは、あなたが、その心の奥底にある罪から解放され、全く新しい、自由と喜びに満ち溢れた人生を歩むことを、願っておられます。
そして、僕も、あなたが救われることを、心から願っています。


今日のブログは、最初に書いた聖書のワンシーンの続きを書いて、終わりにします。


イエスは身を起こして、その女に言われた。
「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」

彼女は言った。
「だれもいません。」

そこで、イエスは言われた。
「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません」
ヨハネの福音書8章10~11節
スポンサーサイト

-2 Comments

ぴーちゃん says...""
イエス様の十字架の恵み、神の愛は深く、大きいものですよね。

この素晴らしい恵みを多くの方々が受け入れられると良いですね。

医大生として大いに用いられますように!!
2013.01.14 07:31 | URL | #PTRa1D3I [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
ぴーちゃんさん

こんばんは、あけましておめでとうございます!
今年も、よろしくお願いします♪
本当ですね。一人でも多くの人が、イエスさまに出会うことを、心から求めます。
2013.01.16 17:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/477-1785c64d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。