Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは♪

今日も、このようにしてブログを更新できること、神さまに感謝します!

実は、一年間の実習が終わり、春休みに突入。
と思いきや、二月半ばに試験があり、そのために毎日勉強三昧です。。

そして、そんな日々の中で、「忍耐力」のなさが明らかに。
すーぐ集中力が切れて、注意散漫になって。
今日も友達にはっきり言われました。。そして、それが全部図星でしたー(T-T)笑
実際、こんなはっきりとダメなところ指摘してくれるって、めっちゃ良い友達ゃ。

どんな弱点も、それをほっぽり投げて、逃げてしまえば何歳になっても変わりません。
このテスト期間、そしてこれから一年間の国家試験期間、忍耐に忍耐を重ねて、イエスさまにあって内側から変えていただきたい!って心から思います!


そして夜は、たまたま仕事で旭川に来てたクリスチャンの友達と、スープカレーを食べに行きました!
旭川はラーメンはもちろん、スープカレーもとってもおいしいですよ♪
そして、スープカレーの中の、おいしい野菜をおなかいっぱい食べながら、お互いの近況報告。
帰り道、セブンイレブンよって、100円のコーヒーで体を温めつつ、祈ってお別れしました。


本当につくづく思うのは、今までも、これからも、決して一人じゃ生きていけないってこと。

日本語って不思議で、「人間」っていうんですよね。人と人との間にいる存在って意味なのかな?
本当の意味は知らないけど、でも、人と触れ合いつつ、そして支えられ、支え。助けられ、助け。

そんな風にしてやっとこさ生きていけるように、神さまは僕らをつくられたんだなーって思います。


そして、イエスさまも、2000年前に、僕らと同じ「人」としてこの地上にお生まれになった。
だから、人の温かさ、ぬくもり、その素晴らしさと必要性を本当に知っておられるお方です。

また、人の弱さ、悲しみ、そういった辛く苦しいことも、知っておられるお方。

聖書にもこう書いてある。
「私たちの大祭司(イエスさま)は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるため、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」
ヘブル4:15,16


アーメン!

イエスさまが、僕らと同じように人としてお生まれになってくださったからこそ、僕は今、よりイエスさまに対して親しみを持って信じることができているんです。
そして、そのイエスさまがなされた十字架の奇跡によって、僕は今、本当に心からの喜びをもって、イエスさまを通して神さまに祈ることができるんです。


人として生まれ、そして十字架の奇跡をなされたイエスさまによって、今全ての人に救いの扉は開かれています。
本当に、一人でも多くの人にこの救いに、最高の福音(Good News)に出会ってほしいって心から思います。


それじゃ、また忍耐して、勉強してきまーす!笑


「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
ヨハネ3:16

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/485-7322fe09
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。