Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

ヨナ

こんばんは!

今夜もこうしてブログを更新できること、そしてブログを通して読んでくださっている皆さんとつながれることを、心から神さまに感謝します。

このブログが、ただただ神さまの素晴らしさ、栄光をあらわすものと、なりますように。
神さまの御心にかなったものと、なりますように。


今日は水曜日。教会の祈り会の日です。
先月はなかなか行けなかったのですが、今週は行くことができました♪


祈りの前に開かれたメッセージは、旧約聖書のヨナ書。

クリスチャンの方はもちろんですが、クリスチャンでない方も、もしかしたら一度は聞いたことがあるかもしれません。
それほど、ヨナ書っていうのは有名な箇所で、神さまの驚くべき奇跡が記されているんです。


あるところに、ヨナという預言者(神さまの言葉を聞き、人々に伝える人)がいました。
そして、神さまはヨナに語りました。
「立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって叫べ。彼らの悪がわたしの前に上って来たからだ。」(ヨナ書1:2)

だけど、ヨナは神さまの言葉を無視し、逃げてしまいます。
神さまの言葉を聞いていながら、彼は従わないのです。

しかし、そんなヨナに大きな大きな試練が訪れます。
神さまのお言葉から逃げて乗った船が、すさまじい嵐に巻き込まれるのです。

積荷を下せども下せども、嵐は収まる気配がありません。
そして、乗り組み員たちは、乗っている中の誰かが、神さまのみ怒りを買っているのだと考え、くじを引きます。

そして、そのくじは、ヨナに当たります。

きっとヨナは、くじを引く前から分かっていたのだと思います。
「自分だ。自分が神さまから逃げたからこうなってるんだ…。」って。

そしていよいよ、ヨナは自分自身の責任であることを受け止め、身を海に投げ出すのです。
すると、瞬く間に嵐は収まります。

話はここで終わりません!むしろここから!


神さまは、不思議な方法でヨナの命を取り留めさせてくださいます。
なんと!ヨナは、大きな大きな魚に飲み込まれるのです。

そして、大きな魚の中で、真っ暗闇な胃袋?の中で、三日三晩を過ごします。


今日の夜のメッセージは、魚の中でヨナが祈るシーンでした。

光の全く届かない海底で。
暗闇に覆われた魚の胃袋で。
初めて、ヨナは真実に気付かされます。

しかし、私の神、主よ。
あなたは私のいのちを
穴から引き揚げてくださいました。
私のたましいが私のうちに衰え果てたとき、
私は主を思い出しました。
私の祈りはあなたに、
あなたの聖なる宮に届きました。…
私は、感謝の声をあげて、
あなたにいけにえをささげ、
私の誓いを果たしましょう。
救いは主のものです。」
ヨナ書2章6,7,9節

全くの絶望の淵に立たされ、自分のたましいの衰えと無力さを覚え、初めてヨナは神さまを思い出しました。
そして、自分がどれほど愚かであったか、罪深いものであったかを知ると同時に、こんな自分をなおも諦めず、大きな魚という驚くべき方法を用いて、救ってくださるお方を知ったのです。


実は、僕にも全く同じ経験があるんです。
三年前。
大学二年生の時。

僕は全くヨナと同じでした。
ヨナは預言者でしたが、僕は牧師っ子という、神さまのことばをいつも聞く立場に置いていただきながら、その生活、また心は、いつも自分勝手でした。
そして、自分がどれほど愚かで、罪深いかも知らずに、好き勝手に生きていました。

そんな僕が、大学二年になった時、いよいよ絶望の淵に立たされたんです。
「もう駄目だ、もう救われない。僕はもう天国に行くことはできない。」

自分で、自分自身を諦めてしまったその時、不思議と、ヨナと同じように藁をもすがる気持ちで祈っていました。

すると、その時、僕の心の深い深い暗闇が一瞬で晴れ、イエスさまの愛が僕を覆ってくださることを体験したのです。
「こんな僕を、まだ、あきらめずに愛してくださっているんだ!救いは、主にあるんだ!」
僕は驚きと共に、涙がめちゃくちゃ溢れました。笑
目を真っ赤にしながら、でも喜びが本当に満ち溢れました。


ヨナも、そして僕も、物事がうまくいっている時や何か楽しいことがある時は、自分自身の愚かさや罪深さに気付かされることは難しいものですよね。
真っ暗やみの中で、「救いなんてあるはずない!」って思う時。
絶望の淵に立たされた時。
そんな時、初めて人は、心からの救いを求めるんだと思います。

そして、イエスさまは、求める全ての人に、救いを与えてくださいます!
イエスさまにある天国のとびらは、全ての人に対して解き放たれています。




実は・・・この後ヨナは、神さまの言葉に聞き従って、ニネベに行くんです。
だけど、その結果として起こったことが、ヨナのイメージしてたことは違い、ヨナはすねるんですよね。笑

そして、僕も全く同じように、三年前に救われた後、僕のイメージとは全く違う方法で神さまが介入される日々の中で、すねたり、怒ったりしたこともありました。。


だけど、神さまはそれでも、僕らを愛し、あきらめず、僕らといつもともにいてくださいました。

神さまの愛は、本当に本当に大きいです。
そして、その大きな愛は、あなたにも注がれています。


僕は、イエスさまにある喜びがどれほど素晴らしいかを体験しているがゆえ、伝えずにはいられません。
もう、本当に一瞬一瞬、喜びが溢れてきます。


一人でも多くの人が、イエスさまという救い主に出会うことができますように。


満ちる

スポンサーサイト

6 Comments

おほほ弟子 says..."わたしも逃げました(笑)"
満ちるさん、こんにちわ。
御言葉の分かち合い感謝します!!
私も神様から9年間逃げまして、いろんな事を経て神様のもとに出戻りました(笑)笑いごとではないのですが^^;・・・・・
「たとえ、もう天国には入れません。あなたの罪は大きすぎると言われても当然です。神様の言われることだから従います。」と悔い改め御前に出るとやっぱり満ちるさんが書いておられる通り、両手を広げて迎えてくださいました。今でも、思いだすと涙が出てきます。ヨナ書も合わせ、神様の忍耐と愛の大きさを思います。

P.S.
お若い方々が中心のぶろぐにわたしのようなおばさんが・・・と思うと恥ずかしくて、いつも読み逃げしててすみませ~~~んv-356
2013.02.07 12:26 | URL | #- [edit]
さうす says..."もっと知りたい。"
神様の愛の大きさを、もっともっと知りたい。
そう思います。

祈り会、行けて良かったですね!
また分かち合いお願いします。
2013.02.07 16:07 | URL | #- [edit]
佐々木満ちる says..."Re: わたしも逃げました(笑)"
おほほさーん!こんばんは♪
いつも、読んでくださって、ありがとうございます。
>ヨナ書も合わせ、神様の忍耐と愛の大きさを思います。
本当にそうですよね。
神さまの愛って、本当に本当に大きい。
それに比べて、自分自身の愛は本当にちっぽけ。
だからこそ、イエスさまにあって愛をいーっぱい求めていきましょうね!

P.S.
そんなそんな!読んでくださっているだけでも、本当にうれしいです♪
これからも、よろしくお願いします(^^!
2013.02.07 18:51 | URL | #- [edit]
佐々木満ちる says..."Re: もっと知りたい。"
さうすさん、こんばんは!
今週も、訓練お疲れ様です♪
さうすさんの、「もっともっと知りたい!」って思い、イエスさまは必ず聞いておられ、そしてその願いに答えてくださいますよ!
イエスさまにあって、期待しましょう(^^!
2013.02.07 18:53 | URL | #- [edit]
ゆうこ says...""
クリスマスおめでとうございます。
急ぎで旭旭川神愛キリスト教会を調べていて、この記事に出会いました。
またね^^)/
2015.12.24 09:37 | URL | #- [edit]
満ちる says..."Re: タイトルなし"
ゆうこさん!
お久しぶりです(^^)!
クリスマスおめでとうございます。
年明けは久しぶりに北見に帰ることができます。
今から楽しみです!来年もよろしくお願いします。

> クリスマスおめでとうございます。
> 急ぎで旭旭川神愛キリスト教会を調べていて、この記事に出会いました。
> またね^^)/
2015.12.26 17:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/486-2cf2dc6c
該当の記事は見つかりませんでした。