Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜と火星

今日は、朝早くから競技場に行き、陸上の練習をしてきました。
あたりを見てみると、桜が咲き乱れていました。
北海道はようやく桜前線が到着したようです。

本当にきれいでした。
毎年見ていますが、やはり心が動かされます。


そして、先ほど科学館の「土星を見る会」
という催しに参加してきました。

しかし、あいにく曇り空で、結局土星は見えませんでした。
変わりに見たのは火星でしたが、ぼやけていました。


私が今日見た「桜」と「火星」
どちらも自然のもの。


桜は春に、人々を魅了するきれいな花を咲かせます。

金星は果てしなく太陽を中心に回転しつづけています。

この二つに共通するのは、
「神さまが与えた目的を果たしている」
ということだと思います。


桜が、「今年は咲きたくない」といったらどうなるでしょう。
火星が、「今日は公転する気分ではない」といったらどうなるでしょう。

たちまち自然の摂理は崩れ去ってしまいます。


私たち人間も同じなのではないでしょうか。

神さまは桜と火星のように、
被造物各々に対して目的を持っておられます。
私もあなたも、神さまの目的の中で造られました。


私たちも、主に、聖霊に身をゆだねることで、
与えられた賜物を用い、
主に与えられたこの地上における目的を
果たすことができるのではないでしょうか。


天にあるもの、地にあるもの、
 見えるもの、また見えないもの、
 王座も主権も支配も権威も、
 すべて御子によって造られたのです。
 万物は、御子によって造られ、
 御子のためにつくられたのです。

             コロサイ1:16

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。