Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会

おはようございます!

北見滞在4日目。
充実&リラックスした日々が続いております。
神さま、ありがとうございます!!

昨日は祝日ということで、網走からお姉ちゃんのまこちゃん&妹のひっかがやってきて、みんなでワイワイ楽しい時間を過ごしました♪

お昼ご飯を食べた後は、まこちゃん&ひっか&あつこ(二つ下の妹)&あいちゃん(一番下の弟)と5人で「遊木民族」っていうカフェに行きましたー(^^)!!

※そーいえば、兄弟の紹介したことなかったですね!
僕は七人兄弟で、上から、
恵→めーちゃん、めっちゃん
まこと→まこちゃん
満ちる→みっち、みっち兄ちゃん(下には必ずそう呼ばせます。笑)
ひかり→ひっか
あかし→あっこ、あつこ
希望(のぞみ)→のんち、ボレロ
愛士(あいし)→あいちゃん

ちなみに、めーちゃんから僕までは、
「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。」ヨハネ1:14
っていうみことばから来てて、

ひっかとあつこは、
「この人はあかしのために来た。光についてあかしするためであり、すべての人が彼によって信じるためである。」ヨハネ1:7
っていうみことばから来てる!!!らしい!!

のんちとあいちゃんは・・・すみません。知りません。笑


ってことで、その7分の5人と行って来たカフェ。
久しぶりにゆーっくり話しました♪

まこちゃんとひっかはもう働いてて、それぞれ仕事の中で悩んでることとか、葛藤してること。
旭川に暮らしてるあつこと僕は、旭川ライフの近況。
そして、あいちゃんはおいしそうにデザートを食べて、そしてiPadのゲームに夢中に。
(僕はそんなあいちゃんが大好きw)

そして自然と、話題は「クリスチャンとしての生き方」に変わっていました。

というのも、当たり前だけど七人それぞれ個性が本当に違うんです。
天然な人もいれば、つっこみがうまい人もいる。
論理的な人もいれば、感性的?な人もいる。
社交的な人もいれば、シャイで静かにしてる方がすきな人もいる。

そんな盛りだくさんの個性に加え!!

僕ら佐々木兄弟は、ずっと、北見というクリスチャンが本当に少ない場所で、もっといえば同世代のクリスチャンなんて僕ら以外には片手で数える程しかいなかった場所で生きてきて。

ノンクリスチャンの友達や大人に囲まれながら、もまれ、葛藤し、失敗して。
それでも、イエス様の愛に触れて、赦され、立ち返ってきて。


そんな僕らだからこそ、思うところ、溜まっているものがいっぱいあり。
それらを分かち合い、励まし合うことが、互いにとって必要なことでした。


正直なところ、小さい頃は、クリスチャン仲間の多い他の地区に対して、色んな複雑な思いをもっていました。

「励まし合える仲間がいて、いいなー」っていう羨ましい思いだけじゃなく・・・

「近くにクリスチャンがいるんだも、そりゃうちらよりクリスチャンとして生きやすいよ。」
なんて、ひがみにも似た、自己弁護にも似た、しょーもない思いも。

さらには、「ノンクリスチャンがほとんどの現実社会の中で、クリスチャンとして生きる困難・・・どれだけ感じているんだろう。」っていう、余計なお節介、そして自分自身に対する高慢な思いまで。


小さい頃は、兄弟でそんな思いを口にすることはありませんでしたが、それぞれが心のどこかで、
「北見はなぁ・・・」
っていう思いを抱いていたのだと思います。



だけど、兄弟みんな大人になって、色んなことを経験して、色んな人に出会って、そして生まれてこの方「北見」という場所に遣わされて良かったな!ってちょっとずつ思えてきたように、思いました。

やっぱり、知らず知らずの内に、鍛えられてましたしね。笑

頑固で厳格だった(今はとっても柔和で温厚w)な父に育てられ、北見の地でそれぞれ色んな葛藤や問題を抱えながら、徹底的に「クリスチャンとして生きる覚悟」みたいなのを育まれていたんだと思います。

もちろん、今の時点でゴールだなんて思ってません。
だけど、あの『スパルタ青春時代』(←これいいなw)は、今となっては財産だと思えることができます。


それはなぜだろう、なぜそのように思えるのだろうと考えるとき、答えは一つでした。

「愛」です。


あのスパルタ青春時代の中でも、振り返れば、神さまはたくさんの愛を注いで下さっていました。
僕ら一人ひとりを愛し、お見捨てにならず、イエスさまの十字架によって僕らを守り続けていました。

また、父さんも、その厳しさの中に、いつも「お前達を愛している」という強烈な(笑)メッセージを持っていました。
だからこそ、僕らも耐え忍び、励まし合ってここまでの兄弟愛が育まれたのだと思います。


学生生活の今もそうだけど、社会に出てからも、今の日本のクリスチャンの人口は「0.3%」とか。
1000人いて、3人。
そんな社会で、僕らクリスチャンは生きています。

997人は、僕らと全く異なる考え方、価値観、生き方。
そんな社会で、僕らはクリスチャンは生きています。

だから、毎日楽しいことばかりじゃない。
衝突だってするし、葛藤だってするし、悩んだりする。


だけど、僕らはこの1000分の3という日本に遣わされた。
それは、僕らを愛してやまない神さまが、イエスさまにある救いを997人に伝えて欲しいと願っておられるから。

その神さまの大きな大きな愛が、僕らの心を強くし、支え、励まして下さる。
そして、その大きな大きな愛こそ、997人の心を動かし、「イエス・キリストこそ私の救い主」なのだと告白する力となるのだと、僕は信じています。

愛こそ、全てです。



天のお父さま、あなたの御名をほめたたえます。
このブログを、イエスさまにあっておささげします。
あなたの御心のままに、用いて下さい。


満ちる

スポンサーサイト

-4 Comments

さうす says...""
北見は私が初めて教会に行くきっかけになった場所でした。
実際に北見で教会生活は送ってなかったけど、北見の教会の方々(と言ってもみっちさんの教会の方しか知りませんが…)とお会いしたりお話を聞くたびに励まされています。
そんな北見がこれから神様にどう変えられていくのかが楽しみですね!
2013.03.21 12:53 | URL | #- [edit]
まこ says...""
わー。読んでて感動した!
スパルタ青春
ネーミング素晴らしいね!
2013.03.21 17:54 | URL | #- [edit]
佐々木満ちる says..."Re: タイトルなし"
さうすさん
おはようございます!
コメント、ありがとうございます♪
さうすさんが北見でイエスさまと出会ったこと、本当に感謝ですね。
きっとこれからも、さうすさんは北見となにかしらのつながりがずっとあるんですね♪
僕も北見の地で、これから神さまが何をなさるか期待しています!
2013.03.23 08:58 | URL | #- [edit]
満ちる says..."Re: タイトルなし"
まこちゃん!
コメントありがとう♪

まこちゃんはとっても大切なお姉ちゃん。
これからも、イエス様にあって励まし合い、祈り合おう!
神さまがまこちゃんの全てを用いて、福音を宣べ伝えていかれることを、今からわくわくしているよ(^^)
2013.03.23 08:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/501-fbd4353c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。