Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃん

こんばんは~♪

今日は礼拝の後、アルバイトの家庭教師をして、陸上部の友達&後輩とおそばを食べて、そしてDVDを観て…という素敵な日曜日を過ごしました(^_^)/感謝!!

いやー、僕は映画が好きなんですよ。
「趣味は何ですか?」って聞かれたら、かっこつけとかじゃなく映画鑑賞って言えますからねー。
(↑いや、かっこつけで言ってる人が多いと言ってるわけでは・・・汗)

なんで映画が好きかっていったら、なんていうか、映画ってすっごい力あると思うんですよね!!
まーた、いつものざっくりな感じですが(笑)、映画って、ほんの二時間でその人の気持ちを元気にさせたり、前向きにさせたり、考えさせたり、場合によっては人生を変えてしまうことだってあるんですよ!

それってすごくないですか?!

もちろん、逆に怖くて眠れなくなったり、暗い気持ちになったりするものありますが、基本僕はそういうのは観ませんw


今日観た映画も、とっても素敵で、ほんの1時間半でちょっとだけ落ち込んでいた僕の心は元気になりました。

「Once ダブリンの街角で」って映画だったんですけど、特に、音楽が好きな方にはぴったりだと思います♪僕の中では、「奇跡のシンフォニー」以来の素敵な音楽映画でしたね。

そしてそして、すーぐ影響を受ける僕は、映画を観終わった直後にギターを持ってきて、賛美を歌い始めましたw

単純だー



そんな前置きもさておき、今日のタイトルは「赤ちゃん」。
いや、別に赤ちゃんできたわけではないですよw


実は、実家の北見に帰って、いつものように家族でゴロゴロしてた時に、母さんがこんなことを言ってたんです。

「クリスチャンの生き方って、出産と似てるかも。」


最初聞いた時は「はいっ?!」って思いましたが、よくよく聞いてみれば、とーーーっても分かりやすいたとえだったんです。
なんといっても、母さんは僕含め七人の子どもを産んだ出産のプロですからね!!

以下、母さんのお話しダイジェスト。


クリスチャンの生き方って、「能動的受容」って言われるよね。
つまり、イエスさまによって救われて、神さまを信じて、ただ何もしないで待っているわけではないってこと。
自分のできることを一生懸命やりながらも、原則として私たちは神さまの時を待ち、神さまが成されるをことを期待して待つ。
一方で、そのために、みことばを読み、クリスチャンとしての力を蓄える。

それって、妊娠して、出産するのと、とっても似てると思うんだよね。
つまり、私たち女性は、赤ちゃんという素晴らしい贈り物を授かり、少しずつ大きくなっていくのを感じる。それは、本当に喜び。
原則主役は赤ちゃん。赤ちゃんのために、栄養ある食べ物を食べ、自分の体を整える。
そしていざ出産の時、お母さんは自分勝手に息むのではなくて、赤ちゃんのペースに合わせる。
生まれるまでは本当につらいけど、一度生まれた赤ちゃんの顔を見ると、つらかったことも忘れるくらい喜びに満たされる。



なるほどーって思いました。
僕は男性だから、どう頑張っても赤ちゃんを産むことはできませんが、それでも実習で産婦人科を回ったり、教会のお母さん達のお話を聞いたりしていたためか、なんとなーく、母さんの言っていたことが分かりました。


そんな中、今日の礼拝で、次の箇所が開かれました。

「女が子を産むときには、その時が来たので苦しみます。しかし、子を産んでしまうと、ひとりの人が世に生まれた喜びのために、もはやその激しい苦痛を忘れてしまいます。」
ヨハネ16:21


母さんの言ってたことと、このみことばがリンクして、とっても心に留まりました。

クリスチャンとして生きていく中で、神さまは僕らを愛しているが故に、チャレンジや計画を与えられます。
それらに対して、「僕にはできない」、「いやまだ無理です」って言って逃げることを神さまは求めておられないのだと思います。

「分かりました!僕にはイエスさまがいます!イエスさまにあって、僕は耐え忍びます!」って、立ち向かっていきたい!

もちろん、全ての主権は神さまにあります。
そして、そのチャレンジや計画は、時として大変なこと、苦しいことを伴っています。

だけど、信じて耐え忍ぶ時、神さまが一番ふさわしい時に、チャレンジによる成長を、想像を超えた計画を見せてくださるのだと思います。


僕は赤ちゃんは産めないけど、神さまがお嫁さんとして与えて下さったに人には、こんな話をしながら、生まれてくる子どもを思って互いに祈り合えたらなーーとか思ってました・・・(^_^)



それでは、今日はこの辺で。。
皆さんの新しい一週間も、イエスさまにあって感謝とよろこびに満ち溢れたものになりますように♪
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/503-8b425380
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。