Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待つ人生

こんばんは!

今日から、新年度。
新しい一年の始まりです。

僕も、無事に進級することができて、六年生なりました。

ついに、ついに最後の一年。

最後の最後まで、イエスさまを信じ、みことばから離れず、走り抜きたいです。


今日は、短めにしますね。

クリスチャンの人生、それは「待つ人生」だと感じています。
イエスさまの十字架によって救ってくださった神さまを愛すること、それは神さまを信じて、待つことだということです。

たとえば、花。

神さまが美しく創造された花は、一年中咲いているわけではなく、厳しい冬の中で栄養を蓄え、温かくなった春に芽を出し、そして夏に美しい花を咲かせます。
そして秋には、その種を風にゆだねて飛ばします。

花は、待っています。きれいな花を咲かせることを。
焦ることもなく。
一方で、なまけることもなく。


僕も、待っています。
神さまが、僕を通してその素晴らしいご計画を成就されることを。
そのために、僕は今、必要な成長が与えられ、出会いが与えられているのだと思います。


さらに言えば、花にとってきれいな花弁を開く事だけが目的なのではありません。
冬に耐えることも、春に強く根ざすことも、秋に種を蒔くことも、全てとても大切な目的です。

僕も、この耐える日々、みことばに根ざす日々、この日々自体が神さまにあって大切な生きる目的なのだと感じています。


僕は、神さまを愛するがゆえに、神さまの時を待ちます。
静かに、耐え忍び、日々を精一杯生き、その約束の成就の時を待ち望みます。


満ちる

スポンサーサイト

-2 Comments

さうす says..."待つ人生なるほどです。"
進級おめでとうございます!
医学生最後の1年、神様にあって頑張ってくださいね!

教会生活の中で、キリスト教はご利益信仰ではない、ということが、はっきりわかりました。
神様を信じたからといって、何かすごいいいことが起こるわけではないし、それこそ神様のみこころを知るために、忍耐しなければならないこともあります。
それでも、神様のみこころに従うのがキリスト教の信仰です。
ということを牧師に教えられ、なるほどと思いました!

私もすぐに結果が欲しくてあくせくしてしまいますが…そうじゃない時でも無駄にせず、神様の時を待てるようにしたいです!
2013.04.01 20:22 | URL | #- [edit]
満ちる says..."Re: 待つ人生なるほどです。"
さうすさん、こんばんは!
この間のユース会は、本当に楽しかったですね♪
僕も、神愛キリスト教会に来るようになって、「愛することは待つこと」という真理を牧師はじめ兄弟姉妹に教えていただきました。
この「普通」の日々を、主とともに、主の導きにゆだねて歩んでいきたいですね。
2013.04.01 21:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/504-1dfdbb3a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。