Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアゲーム

こんな夜更けに、こんばんは!

珍しく、今日は夜更かし。
実はこんな平日の夜に、DVDを観ていたんです。

というのも、今週の初めに、父からメールが届きました。


満ちるへ
フェアゲーム
ショー・ペン主演
DVD、借りて見なさい。
アメリカが、ブッシュの時に、何をしたか。
そして、イラクの民の死は、彼の上にやがて刈り取りとして、
報酬が与えられるだろう。
それにしても民主主義とは、なんと脆弱か?
権力の背後にあるもの・・・・・・。
今の日本を救うため、心ある若者達が、
どう生きるか。
正義と公義に、生きることの難しいこの国で、
真実、正義に生きるとは、主を信じ、主を恐れて生きること。
聖霊に満たされ、金や名誉に踊らされることなく(誘惑されることなく)
神の国と神の義を、まず第一にすること。
バルメン宣言も、主を告白するという一点において、同じだろう。
主に期待すること!!!
主を恐れ、主を第一とするものは、
主に、すべてを明け渡し、主の導かれるままに歩みなさい!!!
恐れることはない!!!
父より



このメールを受け取り、父の熱い思いを心に留め、昨夜と今夜の二夜にかけて僕はDVDを観ました。

観終わった今、父が僕に観るようにいった理由が、はっきりと分かります。
この映画の内容については触れませんが、僕が中学生として過ごしていた同じ時に、世界は大きな大きな「偽り」で覆われていました。

そのことを思う時、僕は、この世界でこれからいかに生きていくべきか?を問わずにはいられなくなりました。


一方で、天を見上げ、イエス・キリストを思い巡らす中で、僕の心を覆ったのは言葉に言いつくせないほどの「平安」だったのです。

この混沌とした、暗闇に覆われた世界だからこそ、イエス・キリストの光は驚くほどに輝きを放ちます。
イエス・キリストにある者は真実と正義という光をまとい、一歩、また一歩、歩むことが許されるのです。


僕の生きる力は、イエス・キリストです。
僕の向かうべきところは、イエス・キリストです。

その歩みに合わせ、僕はこの人生を進みます。



だからこそ、僕はこの世界に生きる全ての人に伝えたい。
イエス・キリストこそ、救い主だということを。
僕ら全ての人の帰るべき場所、力の源、向かうべきところ。

口先や言葉ではなく、我が生活、我が人生、そして我がいのちを通して、イエス・キリストを証し続けたいと、心から願っています。


満ちる
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/525-8911463d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。