Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の輪

こんばんはー(^^)♪

学生生活最後の夏休みの、さらに最後の素敵な六日間が終わりました。。

旭川の栄光教会でのマッシュという牧師の子どもたちの集まり。
札幌のカナン・プレイズチャーチでのユースの集まり。
同じく札幌の北栄キリスト教会で行われた北大聖研の集まり。

もーーー・・・

はんっっっぱないほどの祝福。神さまからのプレゼントでいっぱいでした。。
なんかもう幸せすぎて、なかなか言葉がでないくらい。笑


天の父なる神さま、ただただ、あなたが注いでくださった全ての恵みに心からの感謝をささげます。


言葉がでないといっても、ちゃんと与えられたものを言葉にして皆さんにシェアしたいって思います♪

あえてのあえて、今日は結婚について教えられたことを書きます。



神さまが創られたこの世界。
海も空も。
山も谷も。
草木も花も。
動物も虫も。
そして、僕ら人間も。

神さまが全ての全てを創られました!

特に、神さまは僕らを特別な存在としてくださった♪

「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。・・・」
(創世記1:26)

ここで神さまは、「われわれ」という言葉を使っておられることから分かるように、父なる神さまと、子なるイエスさまと、聖霊さまに似せて僕らを創ってくださった。
すなわち、僕らは愛の中で完全に一致しておられる三位一体の神さまの関係に、招き入れられた存在だっていうこと♪


だけど、悲しいことが起きた。
神さまの愛の中に生きるはずだった僕らだったけど、「罪」を犯したゆえに、僕らは自らその愛の輪から出ていってしまった。

神さまの愛の輪に生きることこそ、僕らのかけがえのない幸せだったのに。。
神さまのみそばで、本当にありのままで、喜びいっぱいで生きることができるのは、この愛の輪の中だけだったのに。。


だけど、神さまは自ら出て行った僕らをあきらめなかった!!
何としてでも、もう一度、神さまの愛の輪の中に僕らを引き戻そうとしてくださった。

そしてついに、神の御子であられるイエスさまが人としてこの地上にお生まれになり、一つの罪も犯さずに生きられ、十字架に架かってすべての罪を背負ってよみがえってくださったことによって、僕らをまた愛の輪の中に招いてくださった♪♪


だから、僕らは「イエスさまこそ救い主だ!!」と信じるその時、神さまの愛が僕らをとらえ、僕らを包み、本当の意味での幸せな輪に入れていただいける!

イエスさまの十字架の奇跡、ほんとにほんとに素晴らしい。。


そして、結婚。
なんか今まで色んな本を読んで、イエスさまを中心として歩んでいくってことは頭で分かっても、本当の意味では分かっていなかったような気がする。

だけど、このの学びを通してはっきりと分かった。
結婚っていうのは、神さまが導かれた二人が、イエスさまの十字架によってきよめられ、二人で手を取り合って神さまの愛の輪の中に招き入れられていくってことなんだ!

そして、僕らが教会で誓う言葉は、ただの決まり文句でも何でもなくて、これから僕らはどんなことがあっても、神さまの愛を慕い求め、その輪の中に招かれいき、その愛の中で生きていきます。お互いを愛し続けます!って、神さまの前で約束、告白することなんだ!!
そう教えていただいた(>_<)

改めて、結婚ってほんとに素敵だな。
そして、今まで辛いこと、悲しいことがあったけど、神さまの導きを待つことができて、ほんとにほんっとに良かった(>_<)
そう思います♪


「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」



満ちる

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/543-1ab7c5ba
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。