Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫と妻

こんばんは(^^)♪

今夜もこうしてブログを更新できること、こころから神さまに感謝します。。

不思議と、二日連続で結婚についてっ!
特別意識してるわけではないんだけど、神さまに祈りつつ、示されるままに書きたいと思います!


実は今、準備させていただいてるプロジェクトがあるんです。
北海道KGKで秋に行われる予定の、「男性合宿」です。

これは、必ずしも毎年行われているものではないんですが、今年の春頃「やりたい!!!」っていう思いが与えられました(^^)

日程は10月18・19日で、北栄キリスト教会で予定しています。
そして、今回の男性合宿は、学生のみならずKGK卒業生の方も参加可能です!!

結婚されてる人も、そうでない人も。
仕事をされてる人も、そうでない人も。

ただただ「イエスさまこそ主!」というところで一致し、男のクリスチャン達が一つとなって礼拝できるような時になればと今から祈り備えています。。

そして、そのために何人かのメンバーと一緒に準備していて、今夜もスカイプでやりました。

もーーー・・・めっちゃ励まされるし、楽しいし、ほんっとに素敵な時間だった!
心から尊敬する大学生の先輩と、今はGAとして働いてる信友と、最高の時間が流れてた。。


今日は、スカイプで「男らしさってなんだろう?」って話になった。
今の時代、「ジェンダーフリー」っていう言葉からあるように、女性と男性を区別しないような流れにあるような気がするけれど・・・だけど、やっぱり違うところはある。

だって、当たり前だけど、僕は子どもを産むことができないし、女性は男の人みたいにいっぱい筋肉はつけれない。(僕はかなり軟弱だけど。笑)

同じように、イエスさまにあって聖書を見ていく時に本当の意味での男性らしさや女性らしさって見えてくるんだと思う!!

そして、スカイプをしながら、イエスさまにある「男らしさ」って何なんだろう・・・って話になった。

そこで、先輩がこんなことを言ってた。
「イエスさまって男らしさを感じるんだよね。なんか変な言い方だけど、イエスさまといると女の子としての?ほっとした感じがあるんだよね。一緒にいて、ウキウキしたり、嬉しかったり、楽しかったり、愛されてるんだっていう心のときめきみたいな。」


な・・・なるほどって思った。
確かに、イエスさまのことを知れば知るほど、一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど、ほんっとに愛されてるんだなーって心がいっぱいになって、何もしないでも幸せで、ウキウキして、楽しくなる。

僕は、女の子ではないから完全に想像でしかないけど、女の子が男の子に対して求めてるものだったり、感じるものってそういうことなのかなって思った。


そして、話は結婚について移って、先輩はこう言ってた。
「男性は、相手を愛して、その相手が自分に信頼して一緒に歩んでくれることを喜びと感じるんだと思う。一方で女性は、自分が心から信頼する人が、自分を心から愛してくれて、愛に満たされていくその時に、この人に従いたい!一緒に歩みたい!っていう思いが溢れてくるのかもしれない。愛されていることを分かっているからこそ、女性は男性に従うことができる。ついていっても大丈夫なんだって思うのかもしれないね。」


うーーー・・・

僕の心には、すっとエペソの5章が思い出された。
「妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。なぜなら、キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられるように、夫は妻のかしらであるからです。
教会がキリストに従うように、妻も、すべてのことにおいて、夫に従うべきです。
夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。
キリストがそうされたのは、みことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、ご自身で、しみや、しわや、そのようなもののの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。」

エペソ5:22-27


結婚についての本を読むたびに、この箇所は必ず取り上げられるんだけど、いまいちしっくり来てないところではあった。
だけど、一つ分かったことは、まずイエスさまがご自身をささげるほどに教会を愛したからこそ、教会がイエスさまのお言葉に信頼し、従うことができるように。
まず、夫がイエスさまにあって神さまの愛に満ち溢れ、どんな時も妻を心から愛し、共に生きて、そしてそこに生まれた信頼関係のゆえに妻は夫の言葉を大切にして従うっていう関係が育まれるってこと。


その順番を勘違いして、夫は妻を絶対にさばいちゃいけないんだ・・・
ただただ、自分には愛がないっていう事実に直面しつつも、何度も神さまの愛の輪の中に招かれて、愛に満ち溢れて、妻を心から大切にしていくんだって気付かされた!!


僕は、ご存知の通りまだ結婚してません。笑
だけど、だからこそ、神さまに結婚についてもっともっと教えていただきたい。
みことばを通して、確かな礎を築き上げていきたいなって思う。。


あら、また1時を過ぎてしまった。。
こんなことができるのも、学生のうちなのかな(>_<)?
ただただ、今日の一日の恵みに感謝して、おやすみなさい♪


「そのように、夫も自分の妻を自分のからだのように愛さなければなりません。自分の妻を愛する者は自分を愛しているのです。」
エペソ5:28

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/544-9d919aaf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。