Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考え方

こんばんは(^^)


今日の一日も、与えてくださった神さまに感謝します。


なんだか、今週の日曜日の礼拝で、藤木先生が語ってくださったメッセージがずーっと心に響いてます。笑

日が経つほどに、あれは、神さまが藤木先生を通して僕に語ってくださったんだなって気付かされています。


メッセージの中で、藤木先生は考え方について語ってくださいました。

最初に引用されていたのは、あの有名な言葉。

「人間は、考える葦である」

人間は、「葦」のように、折れやすく、傷つきやすく、儚い存在。
だけど、僕たちは「考える」ことができる。
だからこそ、考え方によってその人の人生は変わっていくってことを教えてくださいました。


そして、藤木先生は次の四つの考え方を紹介してくださいました。

1.プラス⇒マイナス

2.マイナス⇒プラス

3.マイナス⇒マイナス

4.プラス⇒プラス


1.プラス⇒マイナス
これは、例えば「昔は良かったけど、今はもうダメだ」っていう考え方。

2.マイナス⇒プラス
これは、今はダメだけど、頑張ろう!頑張ったら大丈夫!って考え方。
一見良い風に聞こえるけど、出発点がマイナスだから、なかなかプラスに転じない。
そして、マイナスの負荷が強いから、心が折れてしまいやすい。

3.マイナス⇒マイナス
簡単に言えば、「いやー、何したって結局ダメだよー」って感じかな。
ダメに始まって、ダメに終わってしまう。期待しないっていうのもそうなのかな?

4.プラス⇒プラス
最後のこの考え方を、藤木先生はクリスチャンとして求めていくべきだって教えてくださった。
たとえ目の前にあることが困難でも、それは主が与えてくださったものと信じて感謝する。
いつか幸せが来るって考えるのではなくて、今ここにいることを感謝して、今こそ神さまが与えてくださった最高のものだ!って感謝すること。


そして、僕も知っている有名な箇所を教えてくださった。
「いつも喜んでいなさい。
 絶えず祈りなさい。
 すべての事について、感謝しなさい。
 これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」
Ⅰテサロニケ5:16-18



実は、「すべての事について」の「ついて」には、「~を越えて」って意味があるんだって。
イエスさまにあって、良いことも、嬉しいことも、そして辛いことや、苦しいことも、それらを感謝することを神さまは望んでおられる・・・


このことを説明するために、一つの話も教えてくださった。

クリスチャンの実業家として成功された方が、小さい頃に友だちにいじめられて、泣いてお母さんのところに行った。そして、お母さんにその思いを告げると、お母さんはこう言った。
「辛いだろうね。でも、お前を悪く言う人たちが、お前を立派にするんだよ。」



ここからは自分の話。


最近、ふとしたときに自分が抱いている思いを調べてみたら、驚くぐらいネガティブなことばかりだった。

「どうして、こんな状況なんだろう。」
「どうして、自分にはあれがないんだろう。」
「どうして、自分だけこんなに辛いんだろう。」

こんな風に、ネガティブに考えて、自分にないものばかりを思い巡らして、どんどん落ち込んでる自分に気付かされた。
そして、神さまにも心の中でいっぱいグチを言ってしまってた。。


だけど、改めて藤木先生が語ってくださったメッセージを思い出すとき、神さまはそんなこと望んでおられないんだって知る。


神さまが望んでおられることって、「すべてのことについて」感謝すること。
ないものではなく、あるものを感謝する。
できないことではなく、できない自分のために訓練してくださっていることを感謝する。
自分の思う状況じゃないことを嘆くんじゃなくて、この状況は神さまの愛ゆえに与えられた恵みだってことを感謝する。


そうして、イエスさまにあって、一つひとつの暗いものを、オセロみたいにひっくり返していくべきなんだって思う。
そして、地道にそれら一つひとつをひっくり返し続けるとき、オセロで端と端をとったみたいに、どんどん心が明るく、喜びでいっぱいになっていくんだって思う!!


イエスさまにあって、ただただ神さまを見上げて、明日も心を喜びで満たしていただきたいなー♪



満ちる

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/549-8c7da455
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。