Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男ってやつは。

こんばんはー

いやー、ここ最近毎日更新できてますねー?!

神さまに感謝だー。
イエスさま、今夜も言葉を与えてください(>人<)


僕は、クリスチャンで大学生だから、KGK(キリスト者学生会)って集まりに参加してるんです。

もうほーんとに、僕はこの6年間KGKでいーろんなこと教えてもらいました。
もちろんみことばもそうだけど、そこでの奉仕とか、人間関係とか、色んなことを通して鍛えていただきゃしたっ!!


そんな大好きなKGKで、僕の最後のおっきな奉仕として(と自分では勝手に思ってますw)、「男性合宿」っていう集まりの企画を手伝わせてもらってるんです。

(KGKって「合宿」ってことばよく遣うんですけど、なんか字に起こしてみると、おもしろいですねw)


男性合宿っていう名前の通り、男のクリスチャンの大学生の集まりなんですけど、今回はな・な・な・なんと、卒業生も参加してもらえるんです♪

あー楽しみだ。笑



それで、この準備のために、何人かで時々スカイプしては、テーマとか、色んなこと話してるんですけど、結局突き詰めていけば、いーっつも話してるのが、

「男って・・・なんだ?」


ってこと。笑


いやー、これ皆さん考えたことあります?


男って・・・なんだ?

女って・・・なんだ?



これね、分かるようで結構分からんもんですよ。
もちろん、男の方が筋肉つきやすいとか、女しか子どもを産めないとか、歴然とした違いは分かるんですけど、内面的なとこ。

それって、結構言葉にするの難しいんですよねー


だけど・・・だからこそ、この合宿の準備してて、もーめっちゃ楽しんですよねー笑



その中で、最近聖書を読んでて、ふとあることに気付きました。


創世記っていう、神さまがこの世界を創られたときの話が書いてある個所なんですけど、皆さんご存知の一人目の人間「アダム」をお創りになりました。


そして、地上にアダムを置いて、地面とか耕させたり、守らせたりして、神さまは何と言ったと思いますか・・・?笑


神である主は仰せられた。
「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」

創世記2:18



えっ・・・・・・





そーなんですよ。笑
もー、なんだか最近ここが面白くてたまらないんですけど、神さまアダムを地球に置かれてちょっと観察してたっけ・・・

「あれ、こいつ・・・一人じゃ生きてけんな・・・」

って思われるんです。笑


これって、すごい大きい発見だと思うんですよねー。

裏を返して言えば、神さまは僕らをもともと、「一人じゃ生きてけんように」、「助けてくれる人(女性)がいないと生きてけんように」創られたってこと。



それに気付くとき、僕はなんだかすっと肩の力が抜けました。

「そうかー、やっぱ俺、助けてくれる人いないと生きてけないんだな。。」って感じで。



ただ、読んでくださってる女性の方にお伝えしたいのは、こんな女性陣の誰もが知ってる事実を、男っちゅーもんはなーかなか認められないってことです。笑


男って、ほんとに欠けだらけで、すぐ目の前のことでいっぱいいっぱいになったり、「これが正しい!」って思って一人で突っ走っちゃったり(これは全部俺・・・)。
だけど、それが間違いだったってなかなか認められなくて、人の前に出ると、特に女性の皆さんの前に出ると、知らんうちに自分の中の欠けとか穴ぼこを隠してかっこつけたくなっちゃうんですよねー・・・笑



だけど・・・「結婚」っていう、人生でいちばん大切な神さまの贈り物のためには、僕はそういうのを神さまに取っ払ってもらって、ちゃんとありのままで生きてかんきゃなって思います。


だって、たとえお付き合いしてるときはかっこつけれたとしても、そんなのほんとの自分じゃないし、それにもし結婚できたとして10年、20年、30年って、ずっと一緒にいて、寝食ともにして、いっぱいケンカもして、こんなちっぽけな「かっこつけ」なんてすぐにはがれちゃうと思うから。



だから、今こうして生きてる「独身」って時間の中で、ちょっとずつでも、「かっこつけ」なしの本当の自分で生きることができたらなって思います。



あれ・・・結局なんか自分の話してる。笑

まぁ、最後にしょーもない補足ですけど、これは僕の思ってることで、当たり前だけど色んな男の人がいます。

だけど、神さまがあなたを男に創られたことに、あなたを女に創られたことには、とーっても大きな意味があることを僕は信じてます♪



今週も頑張るどーーー!!


満ちる

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/557-eebc86c3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。