Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵み

こんばんは(^_^)♪


今日という日も、ほんとにほんとに素敵な一日でした(>_<)


ときどき、ふと思ってしまうことがあります。。

それは、「こんな自分が、神様からこんなにもたくさんの恵み(素晴らしいもの)を受け取っていいのかな。。」ってこと。。


僕は・・・、ほんっっっとに自分のことを誇れない。。

自分のこれまでの24年間の足跡を振り返って見るとき、
「あー、俺は神様から恵みをもらうにふさわしいだけのことやってきたな(´▽`)」

なんて、口が裂けても言えなくて。


むしろ、あんなに神様から離れていたのに、神様が悲しむこともいっぱいしてしまったのに、どうしてこんな自分を神様は愛してくださるんだろうって思っちゃう。



そんなこと思ってしまう自分だけど、何度も何度も読んでる「聖書が教える結婚講座」って本に、全く同じことを書いててびっくりした!!



トラビスは語る。
「自分自身を見たら、自分がそれを受けるのにあまりにもふさわしくないという気持ちに圧倒されるしかなかった。でも神の言葉が何と言っているのか、そして何て約束しているのか、すなわち、僕がまだ神に対して不誠実だったときにも、神は誠実に愛してくださったこと、僕への神の親切と憐れみは僕の業績には基づいておらず、彼の息子イエスの義に基づいていることを自分に思い出させたとき、そう感じる感じないに関係なく、そのことが真実だとわかったんだ。それが僕が罪責感から救われた瞬間だった」。
 トラビスは神の恵みの良き知らせについて、絶え間なく自分に思い起こさせねばならなかった。
「僕はしばしば誘惑を感じます」と彼は告白している。「自分の友人たちや、そしていまは自分の妻を見て、そして『主よ、私はこんなすばらしい人々を受けるに値する人間ではありません』と考えるのです。すると主は、『それは君自身がやったことのおかげではなく、私の息子が君のためにしたことのゆえだよ』とおもいださせてくださるのです」。
「聖書が教える結婚講座」P253



ほんとにそうだ。。

神様は、僕がどういう人間だとか、どういう失敗をしてきたかじゃなくて、ただただイエス・キリストという神様の御子の十字架の死と復活という奇蹟を通して、僕を赦して、きよめて、そして溢れるばかりの恵みをずっと注いでくださってる。。


ほんとにほんとに、イエス様の十字架の奇蹟は大きい。。大きいなんて言葉じゃ言い尽くせない。この地上にある言葉じゃ言い尽くせない。

それほど、イエス様の十字架の奇蹟は大きい。。(あれ、同じこと言ってる?笑)




僕が・・・このブログを続けているのも、今生きている意味も、ただただこのイエス様の十字架の奇蹟を知ってほしいから。。

自分の足跡を振り返って、
「もう自分はダメだ」って思う人。
「もう諦めて生きるしかない」って思う人。

諦めないで欲しい。

捨てないで欲しい。


こんな俺でさえ、神様はイエス様の十字架を通して救ってくださったから。あなたもイエス様にあって、絶対に絶対にやり直せるから。神様は、絶対に絶対に赦して、全てを真っ白にして、そしてあなたの人生にたっくさんの恵みを、素敵なプレゼントを贈りたいって願ってくださってるから。。



僕は、これからもこのことを心に刻み続けて、そして伝え続けます。


こんな僕をも、「罪人のかしら」って思うくらいの僕をも、神様は諦めなかったから。。
僕も、いつかこの地上で命果てるその瞬間まで、イエス様のことを伝えることを諦めません。。



満ちる
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/571-20af0db8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。