Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささぐ

おはようございまーす(´▽`)


体調も、ようやく9割までは戻ってきたかな?という感じです。
あと少し、無理せず安静にする生活を続けて、新生活に備えようと思います!



話は変わりますが、昨夜は同じ旭川医科大学で6年間ともに過ごした、クリスチャンの親友の献(ささぐ)とご飯に行ってきました。

今日は、ささぐとのこと、ちょっと振り返りたいと思います。



ささぐと僕は、旭医の同期で、同じ牧師の息子なんですけど、かなり違います( ̄ー ̄)笑

雰囲気もそうだし、一緒にいた友達も違うし、部活も違うから。
もし、「クリスチャン」っていう共通点がなかったら、実際あまり話していなかったかもしれません。


でも、そんなささぐとの最大の共通点は、二人とも聖書がほんとに好き!ってことでした。

僕らが入学したばかりの時は、旭医聖研はメンバーが少なくて、男の人だけで。
さらに、「フリースタイル」というユニークな聖研の仕方をしていて、

「今年はヤコブの手紙をやりまーす!」
って決めたら、隔週の聖研では、ヤコブの手紙1章1節から、進めるだけ、進めるんです。笑

ある時なんて、2時間の聖研の中で3節くらいしか進まないことだってありました!!笑


でも、あの時間が本当に楽しかった。

それまで、僕にとって聖書は、ただの厚くて重い読み物だった。

でも、ささぐを含めあのメンバーで聖研をした中で、
「聖書ってほんとにほんとに楽しい本なんだ!!!この本には僕の想像を超えたたっくさんの宝物が詰まってるんだ!!!!」
って心に刻まれました。



こんな感じで、大学1・2年の頃は、ささぐとの接点は、旭医聖研だけでした。



でも、ブログのプロフィールにも書いてある、2010年3月11日、イエス様に出会ったその日から、僕にとってのささぐの存在はとっても大切なものになっていきました。


僕は、イエス様に出会ってから、
「自分を変えなきゃいけない!!」
って強く強く決意しました。

そして、その時いた友達とは一度距離を置くことを決めて、勉強にも力を入れようと思って、それまでいた一番後ろの席から前から三番目に引っ越しました。

自分で決めたことだったけど、正直とっても辛い日々でした。


お昼ご飯は、小さな教室で一人、売店のお弁当を食べていたこともありました。
一人、テラスのベンチでぼーっと座っていたこともしばしば。


寂しくて、辛くて。

聖書を開いて、必死になって自分を保とうとしていました。


そんなとき、支えになってくれたのはささぐでした。

ささぐは真面目だから(笑)、入学当初から前から二番目か三番目にいつも座っていました。あまり遅刻もせず、座学も、実習も、ささぐはいっつも一生懸命でした。

だから、僕が前に座ったときも、ふと横に目をやると、いつも変わらないささぐの姿が目に留まりました。



寂しいとき、辛いとき。

僕は決まってささぐの方を見ました。

ささぐは、いつも通り一生懸命です。笑


そんなささぐを見ていると、なんだか安心して、「一人じゃないんだ。」って思えました。
ささぐがクリスチャンだからとか、そんな理由じゃなくて、単純にささぐっていう存在が近くにいてくれたことが、僕の支えになっていました。




それから、4年生になって、北海道KGKの実行委員長を依頼されました。
僕は、陸上部や学校祭の仕事があったので、即座に断りました。

それでも、人手が本当に足りなかったようで、何度も頼まれました。

そして、最後に頼まれた時、
「実行委員に、ささぐがいるから!!」
って言われました。
(今思えば、ほんとは言っちゃいけないはずなんですけど。笑)


ほんと不思議だけど、「ささぐがいるのかぁ。ささぐがいるなら・・・やります!」って言ってました。笑

僕にとってささぐはそういう存在でした。

それからの一年、札幌に向かう車の中で、デパ地下でチャーハンと餃子をほおばりながら、旭川行きのバスに揺られながら、ささぐとほんとにいっぱい話しました。
当時の北海道KGKに大きな問題があったこともあるけど、個人的な話も、ほんとにいっぱいしました。

ささぐはいつだって僕のとりとめのない話を聞いてくれました。笑
僕はこんなんですから、熱く、熱く、ビジョンを語るわけです。
ささぐは、それを飽きずに聞いてくれるんです。
そして、的確なアドバイスも。

そんな時間が、ほんとにほんとに楽しかった。




6年間経った今、やっぱりささぐと僕は違います(´▽`)笑

でも二人とも、イエス様を信じて、聖書によっていっぱい訓練されました。
きっと二人とも、6年前よりは顔が穏やかになっている気がします。笑



ささぐ、6年間ほんとにほんとにありがとう。
ささぐの存在が、ささぐがいてくれたから、今俺はこうして生きてるよ。

ささぐの幸せを、心から願ってる。
ささぐの行くところどこにいても主はともにおられ、何をするにしても祝福してくださいますように。

God bless you



あれ、なんだかささぐへの手紙みたいになった。笑

まっ、いいかーー!笑


満ちる

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/592-0f6a1856
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。